ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

御降(おさがり)が昨日のように思える一月でした。年を取るに従い、月日の経過が速くなるとかいいますが、一月は寒かったです。風邪もよくなりましたが寒さで縮こまっていました。寒さの中にも諏訪湖は氷らず、日射しも強くなり、春近しと言った感じです。寒い季節の水はおいしいです。
2015年1月のコーイチの一日一句です。ご笑覧下さい。気に入った句には○印を付け(2個以内希望)、コメントをいただければ幸いです。皆様の選評は集計して返送いたします(10日目標)。  佐藤幸一
☆ここをクリックすると1ヶ月の俳句が詠めます。
[2015年1月のコーイチの一日一句]の続きを読む
スポンサーサイト
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-2.1°→0.9°
3.気分 朝から太陽が出て日射しは気持ちがよい。室内は、ほかほか。しかし外気温は上がらず、昨夜からの雪が全く溶けない。冷凍庫状態。
昨日が元旦だと思ったら一月も最終日。月日の過ぎるのは速い。俳句の集計をして送信する。
4.味覚 コンビニの鳥の骨付き肉は大きく、おいしい。ケンタッキー顔負け。、コンビニが珈琲、総菜、ケーキと何でもそろえる時代である。便利?なのか、個性がないのか?、とにかく、だいたいに便利なのである。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から夕方まで雪。-2.6°→0.6°
3.気分 透析。朝起きたら雪がしんしんと降っている。サラサラの粉雪である。朝は積雪2センチ。一日雪は降り続く、昼間は大きなぼたん雪になる。溶けながら雪が降る。夕方、雪が止んだときは積雪8センチ?、道路は雪が消えるくらい。
夜、諏訪合唱団の練習。鈴木憲夫作詞作曲の、「不思議な泉」「鬼とおじいさん」二曲に集中。リズムが難しい。
夜、帰宅すると、近所の若い女性が家の周りの駐車場を一人で雪かきをしていた。今日は、妻は家の周りを何回も雪かきをした。雪かきは大変である。
4.味覚 ランチはロースカツのおろしかけ。和風のおろしで食べるとんかつはさっぱりとしておいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 午前中晴、午後曇り。-8.8°→0.2°
3.気分 朝は気温が下がる、しかし太陽が出て室内は暖か。午後から曇り気温は上がらず、肌寒い一日。月も雲間に見え隠れ、月も雲の衣を重ね着している。明日の朝は雪の予報。どうなるか。
夜、男声合唱シルクハットの練習。信州の四季と名付けて十数曲の童謡唱歌を歌い始める。7月頃、東京銀座の長野県のアンテナショップに行って歌おうとの企て。今から練習である。ふるさと、春の小川に始まり、春、夏、秋、冬を歌って早春賦、ふるさとで終わる合唱メドレーで、20分くらいかかりそうである。次の挑戦の始まりである。
4.味覚 昼は暖かい汁そば。乾そばも案外と腰があっておいしい。体が暖まる。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
6.体調4.8。風呂掃除。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-3.7°→1°
3.気分 透析。朝の冷え込みはそれほどでも無い。朝から太陽が輝く。しかし昼間の気温は上がらない、西高東低の気圧配置で、日本列島が縦縞の気圧配置に覆われている。そして強い寒気団が押し寄せている。典型的な冬型である。寒い。
晴れているので室内は、ほかほか。
4.味覚 ランチは山賊焼き。山賊焼きとは、長野県中部の名物料理、大きな鶏肉をニンニクの衣を着けて空揚げにしたもの、お皿いっぱいの鶏肉に満腹満足である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日曇り。0.5°→4.6°
3.気分 今朝は寝坊、何となく寒く無い。週に一回の散髪日。
何となく春めいた気分でお庭を散歩。昨夜は雨が強く降ったのに、庭の所々には雪がまだ残っている。雪も強い!。
しかし春の訪れはそこまで来ていた。梅、万作、ジンチョウゲのつぼみが大きくなっていた。特に、沈丁花は枯れたかと思っていたのが地面近くに元気な大きなつぼみを着けていた。
妹の息子、甥の結婚祝いのお礼のお菓子が送られて来た。おいしい。
東京の妹から、ういろうとバレンタインチョコが送られて来た。ういろうは好物、嬉しい。何かが来るときは同時に来るから不思議である。
4.味覚 巨大苺の「紅ほっぺ」をスーパーで買ってくる。おいしい。こんな苺が手軽に手に入るとは、日本はすごい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 晴、午後曇り、夕方雨。-1.9°→8°
3.気分 透析。朝はそれほど寒く無い。天気は下り坂。午後から曇り、夕方には雨が強く降り始める。
今年の諏訪湖はほとんど全面結氷が起きない、このような状態を、あけの湖という。昨年、12月は雪が降ったり風邪を引いたりと寒い冬だと思ったが、今年1月はこの状態では暖冬である。二日前、NHKの朝のニュースの中で諏訪湖の実況映像が放映されたが、筏の上に農業用のハウスを乗せたワカサギ釣りの映像であった。。不通なら、お神渡とか、ワカサギの穴釣りの話であるが、諏訪湖が氷らなければ、釣船の話になってしまう。今日も気温が高く夕方からの雨で静かな諏訪湖である。
4.味覚 ランチは、チャーシュー豚骨ラーメン、明太子ご飯。厚切りチャーシューがおいしく満腹。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-5.5°→6.4°
3.気分 深夜は気温が下がって寒いが、寝る前に湯湯婆を二つ入れて寝るので、布団の中は朝までほかほか。そして、朝から太陽が出て室内はほかほか。
昨夜から血圧計が故障して血圧が測れないもう7年前に購入したもので、ここ数年は毎日、朝と就寝前の二回は必ず測定して記録して来た。習慣になった。こんな事でも継続すると生活そのものになる。それが途絶えると何かおかしなものである。血圧は音声で教えてくれる。血圧の数字は不思議である。三回はかれば三回ともすこしずつ違った数字が出る。それが、わずかな違いの時と、20くらい大幅に下がったり上がったり、とても興味のある数字である。数字といえば、朝晩パンツ一枚で体重も測っている。これも興味深い。一晩で、300から500グラムくらい体重が下がる、食べれば飲めば体重が増える。こんな当たり前の数字も毎日記録すると傾向が見えてくる。続けること、記録する事の力に驚いている。
T君がガレージの修理に来てくれお茶を飲む。たわいの無いお茶のみ話で日曜の朝はゆったりと過ぎる。
ニュースは連日イスラム国の人質殺害の件、くらい空虚なニュースに気分も悪くなる
4.味覚 糖分の何も入っていない炭酸水は喉が渇いたときの清涼飲料としては飲み過ぎず、甘ったるく無くおいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-6.7°→1.3°
3.気分 朝は冬の寒さ。朝から太陽が射し込み室内は暖かい。庭を歩くが、所々に雪が残るが、土が乾いているところもある。同じ環境でも、ほんの1メートル違っても土の暖かさは違う。生まれが、育ちが、ほんのすこし違っても、人それぞれの生き方が生まれる。ここに悩みが生まれる。寒い寒いと言っているうちに日射しは強くなり、空気は春を感じるようになった。悩み事の生まれる季節でもある。
季語研究:春近し はるちかし 春隣(はるどなり) 春いまだ 春間近 春遠からじ 春遠し(はるとおし) :春待つ」と類似した季語だが、「春待つ」ほど主情的な響きは強くない。しかし、春への推移を客観的に示すだけでなく、春をすぐ近くに感じ待ちわびる心を伴っている。雪さえ落花と想う気持ちである。また、「春遠し」は文字通り、春が遠いと言っているのではない。「遠し」は待ち遠しさの謂であり、近いものを遠いと感じる裏返しの表現、待ち望む気持ちの強さを示しているのである。
4.味覚 母と妻で夕飯はテンホウ。餃子、野菜炒め、温泉玉子、スープ、堅焼きそばと満腹で体がほかほか、おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝曇り、のち晴。0.4°→3°
3.気分 透析。朝はそれほど寒く無い。昼間は太陽が出るが、それほど気温は上がらない。
夜、諏訪合唱団の練習。鈴木憲夫作曲の、若返りの水、おじいさんと鬼の二曲を歌う。聞いていてはとても楽しい歌だが、歌うと難しい。諏訪市図書館前の猪のブロンズの鼻を撫でる。今年は縁起がよい。
4.味覚 ランチは天丼、エビ天が二尾、大きなかき揚げ、それにきんぴらゴボウ。プリプリの海老がおいしかった。満腹。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から雪、午後みぞれ、雨、夜止む。-0.8°→3.8°
3.気分 朝起きたら雪がしんしんと降っている、積雪5センチ。湿った雪である。午前中、降り続く。途中からみぞれ、雨交じりになり午後は雨に変わる。積雪は8センチ止まりか。夜には雨も上がりそれほど寒く無い。雪もだいぶ溶けた。
妻は雨に濡れながら雪かき。母は諏訪市の句会に、元気である。
夜、シルクハットの練習。思い出のサンフランシスコ、黄色いリボンを歌う。
小豆粥(あずきがゆ)は、おいしい。小豆の甘さが食欲を誘う。
邪気を祓うとされ、正月十五日にこれを食す。正月の食事であるが、本日の夕食。暖まって、小豆が甘くおいしかった。
4.味覚 まるちゃんのカレーうどん、インスタントは、結構うまい。カレーが食欲を誘う。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、昼コロ晴。-6.2°→4.5°
3.気分 透析。朝は寒い、曇っているから余計に寒い。昼間すこし太陽は出るがまた曇って寒い。
水曜日の夜9時は「あいぼう」。を楽しむ。
4.味覚 キンカンがおいしい。鹿児島県産の大粒で、生で齧っている。ジューシーである。春が近くなると大粒が出回り出す。嬉しい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-3.2°→1.6°
3.気分 朝の冷え込みはそれほどでも無い。しかし、太陽が出ても外気温は上がらない。寒い。
本日は大寒。今年の諏訪湖は全面結氷しない、今日も中央が波立っている、全面結氷はマイナス10度が3日ほど続くとできるのだが、今年はそんな、強い寒冷の日が少ない、暖冬?なのか。もちろんお神渡もこれではできない。
台所の排水が詰まってしまう。業者に見てもらうと排水の曲が30センチほど詰まっていた。新築25年以来のパイプつまり。長年の汚水垢である。寒い寒い。
4.味覚 コンビニのおにぎりはおいしい。ぱりぱり海苔で無くともしっとり海苔がおいしい。牛タン葱がおいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り時々晴。-5.5°→4°
3.気分 透析。朝は寒い、昼間も寒い。夜も寒い。
月曜日の午後9時、BS日本てれびで音大出身のコーラスが日本の歌を歌っている。ピアノの伴奏だけの少人数のコーラスだが、歌を楽しめる。今日は、巨人の星、アタックナンバーワン、、宇宙戦艦大和などと、日本の童謡を歌っていた。歌は、40年、50年をひとっ飛びで連れて行ってくれる。心温まる一時である。
4.味覚 ポンカンがおいしい。みかんのあとに出回るのがポンカンである。甘味が強く、むきやすい。ポンカンが出て何十年になるだろうか、新スターの登場かと思ったが今では古参の柑橘類になった。私はポンカンの甘さが好きである。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-9.3°→1.8°
3.気分 朝はマイナス10度と寒いが、布団の中なら湯湯婆で寒く無い。昼間も気温は上がらず、屋根の雪も氷っていて溶けない。しかし室内は太陽が射し込みホカホカである。庭の樹木は冬の芽が寒さに耐えて大きくなって来ている。今が耐える時である。
広島で全国都道府県男子駅伝が行われた。昨年優勝の長野県は全く見るところ無く10番台であった。半分寝ていた。
4.味覚 きんかんがおいしい。生を齧ると新しい命を感じる。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、時々雪が舞う、時には晴れ間も。-2.5°→2.7°
3.気分 朝から曇りで肌寒い、朝から雪が舞う。昼コロには晴れ間も出るが、また強く雪が降る。そしてまた晴れる。一日変化の日。
阪神大震災から20年。あの日の早朝は、ベッドの上で大きな揺れで目覚めた。最初の頃のニュースは、死者4人程度の報道であった。ソレが3時間ほどで大地震の映像となり、火災現場に自衛隊が出動が遅れる、火災が消すことができない、など、当時の村山首相の指導力のなさを痛感した事を覚えている。
4.味覚 ジャズ研の新年会。ファミレスのサンレイクの個室。飲み放題(ドリンクバー)、食い放題(ジャンボハンバーグ)、で満足。飲み放題でも若者と違いいくらも飲めない。(もちろんノンアルコール)、満腹のおいしさ。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-3.7°→2.1°
3.気分 透析。朝から晴れて気持ちはよいが、一日気温が上がらない。冷凍庫状態である。
夜、諏訪合唱団の練習。。童謡メドレー、鈴木憲夫作曲の鬼とおじいさん。とても楽しい曲だが難しい。会場の暖房がそれほど上がらないので体が冷える、寒稽古である。学生時代に寒い柔道場で寒稽古をしたことを思い出した。若い頃が懐かしい。
4.味覚 ランチはビビンバと玉子スープ。さっぱりとしておいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 午前中から雪、午後遅くに上がる。0.3°→1.4°
3.気分 朝はどんよりとした空模様で今にも雪が降る気分。それほど寒く無い。案の定、午前中に雪が降り始める、しんしんと大雪の気配、午後、3時過ぎまで降り続く。重く湿った雪。積雪8センチ。妻は雪かき。気温が上がらず寒い。
母は、伊那の吟行句会元気である。
4.味覚 本日は正月15日、小正月。ほとんど日本の伝統行事は、行われなくなった。飾っておいた繭玉をひとつ、柳の枝から取って食べる。甘くておいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から午前中晴、午後、曇り。-7.9°→5°
3.気分 透析。朝は太陽が出て気持ちがよい。午後から曇って肌寒い。
水曜日の午後9時は「相棒」を見る。そのあとのニュース番組「報道ステーション」の冒頭のニュースが殺人事件であった。作り物のような、現実の事件が当たり前になった今の世である。
4.味覚 木更津の親戚から送られた薩摩揚げはおいしい、冷凍しておいて楽しんでいる。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-9°→1.9°
3.気分 朝は寒い、昼間も太陽は出るが外気は寒い、庭の隅に残っている雪が全く溶けない。冷凍庫状態である。室内は、ほかほかであるのだが。
司馬遼太郎の「胡蝶の夢」を二冊続けて読んでいる。司馬節といえる司馬遼太郎独特の表現に改めて聞き入る。この本は明治維新を迎える直前の蘭学医師のの物語である。植民地時代に日本が独立を確保し、列強の仲間入りをした時代の一場面を描いておもしろい。発展途上国が日本に学びたいのは、明治維新と戦後の復興だといわれる。日本の奇跡がそれぞれの故人と行動で成り立って来たことを改めて学んだ。
4.味覚 夕食は、餃子。おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-5.7°→0.8°
3.気分 透析。朝から晴れていても気温は寒い。昨夜に雪が降り、朝は積雪4センチ、国道などの雪は溶けるが、屋根の雪は、一日中サラサラのままである。青空と寒さの一日。
本日は成人の日で祭日。伝統のある小正月を、連休を作るために移動させる為政者の行為がいまだ気にくわない。
季語研究:春近し、春隣(はるどなり):「春待つ」と類似した季語だが、「春待つ」ほど主情的な響きは強くない。しかし、春への推移を客観的に示すだけでなく、春をすぐ近くに感じ待ちわびる心を伴っている。雪さえ落花と想う気持ちである。また、「春遠し」は文字通り、春が遠いと言っているのではない。「遠し」は待ち遠しさの謂であり、近いものを遠いと感じる裏返しの表現、待ち望む気持ちの強さを示しているのである。
フランスの新聞社などを銃で襲ったイスラム?テロに対してのでもが300万人以上の参加者で行われた。イスラムの少女を使った自爆テロなどのニュースを聞くにつれて、やり場の無い怒りに震える日々である。人類のどこに未来の光りを見いだしたらよいのだろう。
4.味覚 ランチは高島食堂、焼き秋刀魚一尾、野菜炒め、わかめのキュウリ酢、満腹のおいしさ。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 午前中は晴、午後雪。-6°→4.6°
3.気分 朝はそれほど寒く無い、午前中は太陽が出る。午後から雪が舞い、夜には本格的に降り始める。気温は高いので屋根に降る雪はすぐに溶ける。
諏訪大社秋宮に初詣、結構な人出、拝殿の前は行列、杜には鳥が鳴いてさわやかな参拝。帰りに鳥居前のそば屋でざるそばを食べる。おいしかった。
季語研究:鏡開き(かがみびらき):鏡割 具足開(ぐそくびらき)、一月十一日、歳神に供え飾った鏡餅を、お汁粉や雑煮にしたりして食べる祝儀のこと。鏡餅は刃物で切らず、手又は槌で割るしきたりで、切るといわず「開く」とめでたくいう。
4.味覚 鏡餅を雑煮にして食べる、里芋、カボチャを入れての雑煮である。おいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-7.7°→2.7°
3.気分 朝は冷える。一日太陽が輝き室内は、ほかほか、しかし外気は寒い。
今の寒に入った水道水は冷たくてとてもおいしい。下諏訪の水道水は、霧ヶ峰高原から流れ出た川の水を引いているので、ほとんど山よりのわき水である。とてもうまい。
日本史の謎は「地形」で解ける (PHP文庫) 竹村 公太郎著を読んで驚いた。勉強になった。驚いた点の一部。1.明治維新日本が欧米に植民地化されなかったのは当時、大地震が日本列島に頻発した。日本ほど地震、洪水、津波、火山など災害の多い国は無い。また、薩摩、長州藩は英国などと闘って負けたが日本の国土は攻め込むにはヤマガそこまで来ていて攻め込め無かった。3.日本の寿命が世界一になったのは、大正10年から水道水が塩素殺菌された、塩素は、日本がロシア革命に参戦するために開発された塩素水を使ったとのこと。それ以前は水道水は何も殺菌されなかった。以後寿命が延びた。4.横浜村がなぜ世界の港になれたか、大きな河川に大都市は生まれた、しかし大河川は土砂で埋め立てられる、横浜には大きな川が無かった、しかし都市の発展には水道水が必要、初めは横浜は東京都から(多摩川)からもらい水、ソレを相模川から水を引いて発展の道が開けた。5.日本のダムをかさ上げするだけで原発10基分の電力が得られる。番外、ピラミッドがナイル左岸だけに作られた理由。等々とてもおもしろい指摘であった。災害が多いが、これほど自然が豊かな国も無い、山のみどり、水量が豊かな国も無い。災害列島日本でしたたかに生きる日本人を知った。
4.味覚 寒蜆、ぷりぷりと太ったシジミの味噌汁はおいしい。だしがきいた味である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-7.8°→3.6°
3.気分 透析。朝は寒い。しかし朝から太陽が輝き気分はよい。昼間もそこそこの寒さ。連日冬型の晴の日が続く。夜は月と星がきれいである。
夜、諏訪合唱団の練習、童謡のみかんの花の咲く頃、みどりのそよ風、ゆりかごの歌、里の秋、で声をならす。鈴木憲夫作曲の「鬼とおじいさん」とても楽しい曲である。久々に童謡ですがすがしく歌う。
夜は、テレビ。長谷川平蔵.火付盗賊改方(ひつけとうぞくあらためかた)は、おもしろい。娯楽作である。妻と見る。
4.味覚 昼は、鯖大根。油の乗った鯖はおいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-8.4°→2.7°
3.気分 朝は冷え込む。いつものように朝湯に(温泉)はいる。平常の生活になる。昼間は晴れて室内はほかほか。外気温は上がらず。
合唱の(シルクハット)初練習。十二月はほとんど休んだのでほぼ1ヶ月ぶりの練習。黄色いリボン、シェーン、思い出のサンフランシスコ、らメールを歌う。意外に声が出せて嬉しかった。
昨年の犯罪件数が減ったとの事、窃盗など過去最低となったらしい、安全の国、日本は、嬉しいことである。しかし、「オレオレ詐欺」が増えていると、詐欺に引っかかる、何でも金銭で処理しようとする日本国民の醜さが表れているのは情けない。
4.味覚 モクモクのソーセージはおいしい。ぷりぷりこりこりと歯ごたえがよい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-5.3°→3.5°
3.気分 透析。朝から晴、気温はそれほど下がらない。昼間は一日晴れである。しかし気温は上がらない。
七日となっても年賀状がぼつぼつ来る。一年音信不通の人などからの年賀状は嬉しい。
4.味覚 今日は七草粥。昨夜から妻が用意してあり、朝粥は、おいしい。
日赤食堂のランチも七草粥、これもまたおいしかった。。夕飯も七草粥とおせち。一日七草粥で満腹。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日雨、夕方は上がる。-1.7°→3.6°
3.気分 朝から強い雨が一日続く。気温はそれほど上がらない。本日寒の入り。久しぶりに散髪してすっきりする。
午後は、テレビ。「あいぼう」を3時間見る。おもしろい。
4.味覚 回転寿司を食べに行く。ガーリック牡蠣、一本あなご、ズワイガニ、寒ブリ、中トロなど食欲を誘メニューが目白押し、デザートは生のパイナップル。高級?、工夫のメニューに金額も伸してしまう。満腹、おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝うっすらと雪、一日晴。-2.7°→4.9°
3.気分 透析。朝はそれほど寒くは無いが、連日の朝の雪である。昼間は晴。
繭玉を飾る。スーパーにピンク、黄色、緑、白の繭玉と、柳の小枝が売られている。柳の枝に繭玉を刺して投げしに飾る。繭玉は昔から蚕糸業の発展を祈って、小正月の行事として飾られて来た。家運隆昌、商売繁盛の願いのこもった飾りである。ほのぼのと明かりがともったようである。
4.味覚 落花生、皮付きのピーナツは正月のお菓子。子供の頃よく食べた懐かしの味である。食後に食べる、おいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-7.5°→5°
3.気分 朝は寒い。昼間は太陽が輝き、室内は暑い程。
暖かな室内でテレビ鑑賞。松本清張原作のドラマを見る。原作がしっかりとしていると、話が現代でも少しも古びて感じない。
元旦に放映の「あいぼう」を録画で見る。
よくできたドラマである。
諏訪湖の大鷲を母と弟が見に行くおおぜいのカメラマンが待ち構えていて、彼らが撮った写真を見せてくれたとの事。
4.味覚 みかんがおいしい、外皮がむきやすく、中は柔らかく甘い。日本の正月の果物である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜降雪2センチ、朝から一日晴。-7.4°→1.9°
3.気分 深夜に雪が降る、雪が舞うほどの積雪ではあるが三日続けの雪である。日本海側の雪が山を越えて舞い込んで来ている。気温は低い。
昼間は太陽が輝き室内は暑い、外気は上がらず、朝の雪も一日サラサラのままである。穏やかな正月。
一日、箱根駅伝を見て過ごす。青山大学が優勝テープを切ったときにはうとうと、居眠り。例年の通り。大学生が清秋を一身に現して走っている姿は心打たれる。今年もすでに三日が過ぎた。少年?老いやすく、時は過ぎゆく。
4.味覚 豚汁にそばを入れてまだ、おせちの残り。おいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |