ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

2.諏訪の天気 一日晴。4.6°→14.6°
3.気分 ゆっくり朝寝、朝湯(温泉)、極楽の世界?溢れる陽光の元うつらうつら。一日小春日和。
11月分の俳句が昼にはまとまり送信できた。
11月は、しゃんとの血管手術、合唱の合宿など、災いも幸運もいろいろあったが、無事終えることができてよかった。
小学生の体力調査で福井県が日本一だとのこと。福井県の小学校では毎日10分間、校庭を走り回らせるとの事。毎日のわずかな積み重ねが成果となって現れているのだろう、継続と積み重ねが人間を作る。
4.味覚 木更津の親戚より、薩摩の薩摩揚げを贈って来る。大きく、甘い薩摩揚げである。さつまおごじょの暮れの贈り物である。とてもおいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
[1.一句 降りかかる 災(わざわ)いと幸(さち) 霜月尽]の続きを読む
スポンサーサイト
日記 |
2.諏訪の天気 午前中雨、午後から晴。8.2°→14.3°
3.気分 朝4時から強い雨、午前中降り続く。しかし、午後からは一転、晴れ間が出て気温も上がる。寒冷前線が日本列島を通り過ぎたらしい。
赤毛のアンを読了する。おもしろい。翻訳者の村岡花子がNHKのドラマになるほど有名になったのに「赤毛のアン」は読んだことが無かった。この本は中学生時代から有名であった、そして、その当時に読むべき本であったろう。
時は、1900年代に入った頃、カナダの田舎町、電灯も無く、鉄道も通っていない時代の中学生の話である。13歳の孤児のアン・しぇーリーがマシューとマニラという兄と妹に引き取られるところから始まる。アンのおしゃべり、巧みな想像力がマシュー兄妹に受け入れられ関係を変えて行く様が、読者をも引きつける。きれいな言葉遣い、そして自然風景の描写がすばらしい。夢見る少女の心が読む者を自分の事のように引き込んでしまう。たとえ失敗をしても、「私次からは同じ失敗はしないわ」と言い切る明るさがよい。いつでも自然の美しさに生きる希望を発見する生き方、カナダの自然描写が自然の中で生きる幸せを感じさせる。世界の少女が引きつけられる物語だと感じた。アンのシリーズは10作もある。これから順次読む事にする。アンの13歳から15歳に成長する様は我が、中学生時代を思い出し心が若がえる。きれいなカナダの冬の朝を思いながら、夜中に読了した。
4.味覚 りんごとにんじんジュースはとても甘い。ただジューサーで絞るだけだが砂糖が入っているごとく甘い。おいしい。天然の甘さは偉大である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。2.3°→12.9°
3.気分 透析。朝は曇りだが、一日晴。すこし寒い一日。
夕方から日赤病院ロビーコンサート。女声コーラスしなのが出演。信濃一の女声コーラスである。アルトのわずか数メートルの目前で聞く。なじみの曲が多い。歌声がびんびん響いてくる、アルト、ソプラノ、メゾソプラノのハーモニーが手に取るように聞こえる。50分の演奏であったが、すばらしい、きれいな歌声には時を忘れてしまう。長野県下一円からメンバーが集まっている、まさに信濃一の女声コーラスであった。指揮は佐原玲子先生。
4.味覚 りんごを贈ってくれた叔母にセーターを届ける、代わりにチョコレートをいただく。高級チョコでおいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。6.5°→12.6°
3.気分 一日晴の小春日和の日。室内はポカポカ、屋外も寒く無い。老婆も隣町へ句会に出かける、気持ちのよい日。
4.味覚 お隣の玲子さんから、キャベツ、白菜をいただく。嬉しい。
東隣の畑のTさんから大根をいただく。目の前で大根を大根葉を持って引き抜いてくれる。。夕飯に、早速、大根を短冊に切り、大根葉もざく切りにして塩でもんで浅漬けにする。新鮮なおいしさである。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 深夜から一日雨、夕方には止む。5.9°→9.6°
3.気分 透析。昨日から雨が降り続く昼間も雨。気温が上がらず肌寒い。
深夜?、朝の4時に家中停電を妻が発見、いろいろやるが解らず、中部電力諏訪営業所に電話、指示でいろいろブレーカーをいじるが解決せず、担当者がわが家まで来てくれる。結果は、外部の凍結防止帯の漏電と判明、家中が電気がつく。真夜中の停電なので大慌て、暖房は切れる、トイレの電気は使えない、お湯も沸かせない等々、文明の利器はすべて使えずしばらくおろおろであった。突然大地震に襲われた白馬地方の皆さんの苦労が偲ばれた。と言うわけで一日が長かった。
4.味覚 新潟県の親戚から、岩舟漁港で取れた新鮮な魚の一夜干しを贈ってくれる。カレーなど三種類早速いただく。おいしい。
隣の畑のTさんから、葱をいただく。葱のぬたにする。おいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日雨。6.3°→8.4°
3.気分 朝からしゃんしゃんと雨降り。一日雨が降り続く。11月は晴天が多かっただけに雨は恵みの雨か?昼間の気温は上がらず肌寒い。
今年の歯医者の治療が終わる。毎年、誕生日月に歯医者の検診を受けて見てもらう。今年は歯石を取って、欠けた歯の補修をした。磨き方、歯茎の状態はよいが、歯の先がすこしずつ摩耗しているとの事、ここまでよく噛んで生きて、使ってきた道具だからしかたがない、これからも修理しながら長持ちさせなければ。体は、「口」から作られると信じている。食物が体を作るのである。毎日おいしいものを食べさせてくれる妻に感謝である。
4.味覚 友人のT君が山梨の巨大な柿を二つくれる。甘柿の富有柿のように扁平型では無くおにぎり型のりんごほどの大きな柿である。見たことの無い大きさである。この柿が枝にたわわに実ったら、豪華だろうと想像した。渋柿なので皮をむいて物干し台に干して干し柿とした。甘くなるのが楽しみである。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝は曇り、のち晴。0.8°→15.6°
3.気分 透析。朝は曇りだが寒い。昼間は晴れて心地よい。

4.味覚 岡谷市の叔母からりんごが送られて来る。長野市のりんごで、毎年贈ってくれる。とても甘く、歯ごたえがよく、ひと味違う。早速一つ食べる、おいしい。林檎は皮をむかず食べるのが好きである。皮とともに食べてこそ本当の林檎の味である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。0.3°→10.9°
3.気分 朝は寒い。しかし昼間は太陽が輝き小春の日。
昨夜10時過ぎ、布団に入ってテレビを見ていた。突然ベッドが揺れる、家そのものががたがたと音を立てる、すごい地震、5秒、10秒と揺れが続く、思わず布団を頭までかぶる、長い、強い揺れであった。阪神大震災も、東日本大震災をも体感した。ソレの数倍の、初めての地震の恐怖であった。すぐにNHKテレビを見る。震源地は長野県北部、震度6弱とのこと、大震災ではなさそうで一安心。ドラマの続きを見て寝る。
今日のニュースは白馬村、小谷村、長野市が被害が大きく、白馬村では倒壊家屋が数十件とのこと死者は出なかったが重傷のけが人が十数人、揺れがところによっては強かった事がうかがえる。道路は、鉄道は所々で寸断、長野では墓石が転がり善光寺の石灯籠が転び、鐘楼の石垣が崩れた。大きな被害が起きている。地震は中央構造線に沿って起きたとのこと、諏訪地方にも中央構造線は通っている。震源地が諏訪に近かったら、どれほどの被害が出たかと思うと、身の毛が逆立つ思いであった。
11月23日は、勤労感謝の日、昔、中学校の文化祭の日。学校でお汁粉を食べられる日であった。何杯も、大根場の漬けものをおかずに食べた。中学生の時、ケネディーが暗殺、力道山が刺殺されたのもこの日の前後であったと思う。記憶すべき日であった。
生まれ出で、今日まで生きてこられた。いろいろあったが、感謝の日々である。働くことに、働ける事に感謝の日々であった。
4.味覚 梨の「新高(にいたか)」はとても大きな梨で、とても甘く、ジューシーでおいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。0.3°→15.6°
3.気分 朝は寒く寝坊。寝床の中で、朝のNHK「まっさん」を見る。
昼間は太陽が溢れるほど、気温も上がり、まさしく小春日和。
本日11月22日は、「いい夫婦の日」、夫婦で歩く庭は葉が落ち、枯れ葉を踏む音が心地よく響き、暖かな日射しは眠くなるほどであった。
4.味覚 母の俳句の友が富有柿を贈ってくれる。見事な大きさの柿である。甘く、おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝は霧、一日晴。-1.2°→11°
3.気分 透析。朝は霧で太陽が出ない、零下の寒い日。昼間も太陽が出るが風は厳しい寒さ。
いよいよ衆議院が解散した。気分的に慌ただしい。今年もいろいろあったが、すでに11月後半、選挙で一気に師走の様相である。
あい 永遠に在り 高田郁 (株式会社 角川春樹事務所)はおもしろい。高田郁の小説は読みやすい。主人公は幕末の蘭方医の関寛斎の妻のアイである。関寛斎の事は知らなかったが私を殺しての医師活動、そして晩年は北海道開発、おもしろい人物である。そしてその妻に焦点を当てたところが女流作家である。司馬遼太郎も小説に書いているらしいので借りる手配をした。読書の秋?である。
4.味覚 ランチは、海老とアサリ入りバターラーメン、しらすと海苔とカツ節乗せご飯。海鮮ラーメンと丼である。おいしかった、満腹。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日曇り。-1.5°→8.3°
3.気分 朝から寒い。一日曇りの寒い一日。天気予報では晴であったが太陽は出なかった。
衆議院が明日には解散となるが、小さな野党の右往左往の振る舞いが見苦しい。名前も党首もよく覚えられない政党がざわざわと動いている。まさにわが家の周りに群れている鳥の群れである。太陽の輝かない冬空にざわめく群衆である。
親戚に贈った林檎のお礼の電話が来だした。暮れのご挨拶である。
4.味覚 昼は、丸亀製麺、鶏天ぷらうどん。鳥の天ぷら(空揚げが四つも乗っていて満腹。おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-2.5°→8.1°
3.気分 透析。朝から寒い、屋根に霜が降りていた。朝から太陽が輝き気持ちがよい。しかし昼間の気温は上がらず寒い。
朝、東の空に太陽が上がると、二礼二拍手して太陽を拝む。朝から太陽を浴びるのは気持ちがよく、一日の始まりが運が開ける気がする。霜の朝にも、太陽の光は温かい。
4.味覚 ランチは、ちらし寿司とおでん。満足な味と量。おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。3.2°→9.5°
3.気分 寒い朝は布団の中でぐっすりと寝坊。昼間は太陽が出るが寒い。
衆議院の解散を安倍首相がテレビで会見。言葉が多く、感動させる演説では無かった。また、野党の党首のコメントも、誰だか解らない人が多くてまるきりヒーローのいない政治の世界、そろそろトップの顔ぶれが変化しなければ、新しい政治は生まれないと感じた。
午前、しゃんとの具合が悪く日赤で手当。
4.味覚 ランチは盛りそばと明太子ご飯。おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日曇り。-0.2°→11°
3.気分 透析。朝は屋根に霜が降りる。寒い。昼間も太陽が出ず一日寒い。
霜が降りる中にお隣の琵琶の木は花を咲かせている。小さな白い花であるが、一段が大きな塊で、寒さに集団で立ち向かう意思のように見える。けなげな花である。
四半期のGDPの速報値が発表され、マイナスの伸び率、これで二期連続のマイナスである。経済運営は難しい。政治家の絵図面通りに行かないのが経済である。そしてこの時期に衆議院解散という。何か納得しない世論が万円しつつあるように思える。厳しき世に、毅然と立ち向かう政治家の姿勢が求められる。
4.味覚 ランチはビーフステーキ。柔らかな肉でおいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。0°→8.8°
3.気分 朝は寒い。しかし昼間の太陽は温かい。外気は寒い。
お隣にびわの花が寒風に咲いている。
久々にやまびこ男声合唱団の練習に参加する。今秋から指揮者が女性のMKさんに替わった。男どもには女性の指揮者は、気分が朗らかになってうきうきとした気分になるようである。また指導方法も要点を指摘するがあまり細かく無くて大きな流れで指導するやり方もやまびこの体質に合っている気がする。心機一転の気分である。唱歌の四季という三好アキラの編曲の合唱組曲でとてもモダンな曲になっている。
4.味覚 山形村の農家の親戚から林檎のフジをいただく。
新潟の親戚のノボルさんが鮭といくらの醤油漬けを持ってきてくれる。手作りいくらは、ご飯にかけて食べる。絶品のおいしさ。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。2.9°→10.1°
3.気分 朝は寒い。朝湯(温泉)にはいって体を温める。気分快適。
昼間は太陽が室内の奥まで射し込み、太陽熱はほかほかである。少しでも太陽が雲に隠れると、とたんに寒くなる。
今日は七五三。幼い日、祖父に連れられて諏訪大社にお参りをした。千歳飴を買ってもらった事と、その時の写真だけが思い出である。のどかな時代であった。
4.味覚 りんごとにんじんのジュースを妻が絞ってくれる。にんじんとりんごがとても甘く、おいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-0.7°→10.7°
3.気分 透析。今朝は寒かった。なんと零下である。昼間も晴れてはいたが気温は上がらず、冬の寒さである。
夜、諏訪合唱団の練習。図書館前のブロンズの猪の鼻を撫でてやる、寒風に寒そうである。童謡メドレー、鈴木憲夫のいずみとおじいさん、鬼の話を歌う。なかなか楽しい童話の唄であるが難しい。
4.味覚 合唱仲間のY君から白菜をいただく。とても大きな見事なものである。
夜食は、焼きそばパンとあんまん。歌ったあとの、一週間を終わった安堵の時間である。おいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。6.6°→9.8°
3.気分 朝から太陽が輝き気分のよい日。しかし気温は上がらず、長野県でも北部では雪が降るとの報道。いよいよ冬の気配である。
キウイを収穫、今年は数は少ないが大きなサイズが多い。日本も少子化ならば大物が多ければよいのだが、甘やかされて??
台所の水道のパッキンがだめになり、蛇口を交換しなければならないと業者が見に来て宣告。この家を建てて二十余年、いろいろなところにガタガ出てきた。
夜、シルクハットの練習。童謡メドレー、シェーンの唄、霧のサンフランシスコを歌う。次の私の主題歌?
4.味覚 合唱仲間のY君がジャガイモとサツマイモをくれる。同級生のT君が、鎌倉のお土産のサブレをくれる。もらい物の日である。サブレはおいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、時々小雨。7.8°→14.4°
3.気分 透析。朝から雨がぱらつき、一日雨が降ったり止んだり。肌寒い一日。時雨と言った空模様か。
夜、下諏訪文化センターでジャズ研。ピアニストのAさんが来て伴奏をしてくれてメンバーが三曲ずつ歌う。私は、林檎の木の下で、ブルーハワイ、のボディー・ノウズ・ダ・トラブル・アイブ・シーを歌う。何でも即興で伴奏できるピアニストが月に一度は来てくれる、嬉しいことである。
今週に入ってにわかに衆議院解散、総選挙のニュースが飛び出した。あっと驚く安倍首相の戦略である?戦略におごる者は、戦略に負ける時が来るような気がする。それにしても、昔から政界は一寸先は闇とは、よく言ったものである。
4.味覚 お隣からキャベツ、ほうれん草、蕪をいただく。大きな縦長のキャベツである。
畑で取れたてはおいしい。嬉しい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。5.6°→14.7°
3.気分 朝は布団の中でゆっくり寝坊。昼間は太陽が出て、日向で昼寝、のどかな冬の始まりである。
庭を夫婦で歩く。朴の木の大きな落ち葉が重なり合って庭を埋めている。ケヤキも銀杏もほとんど歯を落とし、冬枯れの庭になりつつある。菊の花がぽつりと咲いている。クローバーだけがみどりを留めている。
4.味覚 母と妻の三人でテンホウへ。熱々餃子と中華丼、タンタン麺で満腹、おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。9°→12.9°
3.気分 透析。朝から太陽が輝き気分のよい始まり。昼間はその割に気温が上がらず、肌寒い。
いよいよ夜は寒くなった。プラスチックの湯湯婆を入れて布団はぬくぬく、おもしろい本は、一晩で一冊読んで(聞いて)しまう。夜が明けぬかと気にしながら夢中で読み進めるのが快感である。
天の梯(空のかけはし) みをつくし料理帖(10冊目・最終巻) (ハルキ文庫) 高田 郁(かおる)がでた、待ちかねて一晩で読み通す。江戸時代の女の料理人の話で全10巻が書き下ろしで楽しく読んだ著者は女性。
布団は冬の季語。
4.味覚 りんごのシナノスウィーーとは、甘くおいしい。さくさくとして大好きな林檎である。信州で開発された品種である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、一日雨が降ったり止んだり。9.6°→12.6°
3.気分 朝から雨がぽつぽつと落ちる薄暗い一日。昼間は陽も射さず寒い。
ふと、今までにすれ違った多くの人の事を思い出した。友人、知人、、親戚、亡くなった人、つきあいの無くなった人、思い返すと数多くいる。親戚だけでも20名以上が亡くなっている。年を取ると言うことは、出会いも多くあるが、別れも多くあることが知れる。一期一会と言われて若い頃はピント来なかったが、還暦過ぎて人との出会いの不思議さを思うのである。
読書:なぜ中国はこんなにも世界で嫌われるのか 内藤明宏著(幻冬舎新書)は、とてもおもしろい。単なる中国人を嫌っての書では無い。中国人の妻をもつ著者が、中国人とは上海人、満州人など地方によって全く違う国民の集まりだと説く。また、日本が近代化で慣れ親しんで来た西欧の考え方とは中国は全く異質であること、民主主義、法律を守るなどより、力のあるものが正義であり、自分の文明が中心であるなど価値観がちがうことをわかりやすく説き、どのようにつきあって行ったらよいかを示してくれる。要は、違いを自覚し、自国の正しいことは機会のあるたびに主張して自説をしっかり持つことだと言う。世界で中国がどのようにふるまっているのかを見ながら日本も自信を持って行きたいものである。
4.味覚 空揚げ、等の揚げ物、餅、赤飯、寿司などのご馳走は今でもご馳走であるがそれほどたくさん食べられ無くなった。すこし食べるだけでおいしい、満腹である。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴、のち曇り。3°→14.8°
3.気分 朝は寒くて寝坊、午前中太陽が出るので気分のよい天気。午後、雲って肌寒くなる。
急に寒くなったので、靴下を三枚はいて厚着をして、睡眠も取り、湯湯婆を使い温かくして寝ているのだが、胃袋がすこしいたい。一日静かに寝ている。風邪を引いたのかも知れない。
4.味覚 りんごとにんじんをジューサーにかけてジュースを作る、とても甘くておいしい。そしてジュースの絞りかすはスパゲッティーのミートソースに入れる。これもおいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。6.6°→14.2°
3.気分 透析。本日は立冬。朝はそれほど寒く無い、太陽が輝き気分はよい。昼間は、晴れているがそれほど気温は上がらない。
紅葉が真っ盛りである。今年の紅葉はきれいだとの評判である。
立冬となり日暮れの時間は早く、そして気温も低くなった。これから冬至までまっしぐらに日暮れが早くなる、しかしそれが過ぎればまた、すこしずつ日が長くなり春が近くなるのである。日々変化の季節であるが、我が気持ちはいつでも青春の春である。
4.味覚 ランチはタコライス。ライスに挽肉やポテトチップスをかけたもので辛みのある挽肉は食欲を誘う、おいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昼間は晴、夕方雨。6.2°→20.6°
3.気分 朝はそれほど寒く無い。昼間も太陽が輝き暖かい。しかし夕方には雨が降り出す。
歯医者に行く。歯が所々欠け始めている、修復が必要。長持ちさせなければ、年に一回は誕生日検診を受けて見てもらっている。今回はだいぶ年で欠けた歯があるのでと治してくれている。歯は、命の源、よく噛んで、おいしく食べるのが生命の源泉だと思うので歯は大切に診てもらっている。
昨夜は十三夜とのこと。きりりと引き締まった夜空に、名残の名月が冴えていた。
夜、シルクハットの練習。来年の新曲、童謡メドレーを始める。
木曜日の夜は忙しい、合唱の練習のあと、テレビの「ドクターエックス」「カンブリア宮殿」を見る。今日のカンブリアは、洋菓子のシャトレーゼ、下諏訪にも店舗があるが、安くてうまい。ケーキ、アイス、団子などおいしくて。すごい社長である。
4.味覚 わが家のおでんはおいしい。寒い秋の夜はおでんの温かさがおいしい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴、のち曇り、のち晴。2.2°→16.6°
3.気分 透析。朝は寒い。朝から太陽が出て穏やかな一日、途中曇るが夕方は晴。しかし夕方は肌寒い。
柿の皮をむいて物干しにつるしている。つるし柿をすだれのように見立てて柿すだれという。だいぶ柔らかくなったのですこし齧る、まだ渋味が残っていた。鳥の群れもにぎやかくつるし柿を毎日見ている。
4.味覚 ランチはおろしロースカツ。おろしを乗せた和風カツはおいしい。ハンバーグもおろしを乗せるとおいしくなる、和風はよい。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。1.3°→12.1°
3.気分 朝は寒いが、太陽が出てのどかな一日。昼間も気温は上がらないが、それほど寒く無い。
庭の銀杏の大木が黄金色に色づいてきれいである。諏訪湖畔の銀杏はすでに盛りを過ぎて散り始めているのに、わが家の銀杏はすこし遅いのである。銀杏は太古の中生代に化石が発見される古い植物で、独自の進化をして来たらしい。銀杏の実もたくさん落ちるのだがわが家では拾わない、近所の人たちが拾っている。時には鴉が拾い、道路の車にひかせて中身を食べたりする。
4.味覚 甲州葡萄はおいしい。子供の頃から葡萄と言えば甲州葡萄が有名であった。甘さと独特な渋味がおいしい。甘さ、大きさの現代の葡萄に合っては化石のような葡萄である。薄紫の甲州葡萄には気品がある。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。9°→14.5°
3.気分 透析。朝はそれほど寒く無い。朝から太陽が輝き気分がよい。しかし昼間の気温は低い。
午後から諏訪市のコーラス祭。透析日なので舞台で歌えなかったが、透析が終わり駆けつけると最後の諏訪合唱団の発表であった。合宿で頑張った曲、木綿のハンカチ、サウスポー、瑠璃色の地球を歌う。若者の、学生のような声の張りは無くなったが、ソフトにゆったりと歌えてよかった。
文化の日は昔から文化祭。小学校の時は、講堂にテーブルを並べて父兄がおしるこを作ってくれた、大根葉の漬けものと、甘いお汁粉がきのうの事のようである。
大学になっても文化祭。こんどは自分たち柔道部でおしるこ屋、おしるこ、おでんを作って楽しんで、最終日には売上金で肉鍋を作って宴会であった。その時の友が今まで続いている。今、我が母校は女子が多くなり女子大のよう?、うらやましい時代の流れである。
4.味覚 お隣の玲子さんから蕪とほうれん草をいただく。蕪は輪切りにして蕪のステーキ。季節の味でおいしかった。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝は晴、、のち一日雨。11.6°→16.8°
3.気分 女神湖ユースに宿泊。湯湯婆持参で夜は寒く無かった。
朝の女神湖は晴れて快適、湖畔を散歩。カラ松の落ち葉が一面に落ちてとても幻想的、湖も人気が無くて合唱団員のみ、静かな山の湖は、ロマンチックな落ち葉の中にあった。
午後まで練習。
私は休みながら参加。楽しい二日間であった。
帰宅したらもう、くらくなっていた。
4.味覚 朝はバイキング、昼は牛丼、そして練習途中のお茶、一日食べて飲んでいた。満腹。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日雨。10.4°→13.5°
3.気分 朝から雨の中、白樺湖の奥の女神湖にあるユースホステルへ行く。諏訪合唱団の合宿練習。ペンション風のしっかりした建物で、夫婦で一室、ゆったりとできた。夜の食事後まで合唱の練習。みっちりと歌三昧。
全館貸し切りなのでとても気楽。ロビーが床暖で暖かくそこが練習会場、私は眠くなるとロビーの隣が自室なので横になりながら練習に参加。男女みんなが和気藹々と楽しかった。
夜は食事後に宴会。
これも楽しかった。
4.味覚 女性メンバーがカリンの煮付け、漬けものなど差し入れが多く満足。昼は、ミートソースパスタ。夜はバイキング、練習の合間にはお茶、ずっと食べて飲んでいる気分。
★ 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |