ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

2.諏訪の天気 昨夜12時過ぎから雪、午前中まで雪、午後は晴。-2.7°→2.9°
3.気分 透析。積雪は15糎以上。しかし、夕方には道路の雪は、ほとんど溶けて無くなっていた。春の淡雪である。
本日は、閏年の2月29日、一日得をしたのか、無駄に一日を費やしたのか。一年のうち、すでに2ヶ月過ぎた。
一日一句の俳句を一ヶ月分まとめる。日々起きたことの一日一行の描写である。そこには、それぞれの日の思いが詰まっている、無駄な日など無いのである。
4.味覚 日赤食堂のランチは、牡蠣フライと竹の子ご飯。土から掘り出した竹の子を煮付けにしたり、ご飯に入れたりするのは、5月にならなければできないが、早速の竹の子ご飯は春の気配を感じた。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
[1.一句 閏日の 春の大雪 消え去れり]の続きを読む
スポンサーサイト
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-8.6°→2.9°
3.気分 室内は熱い程だが、外気は寒い。
諏訪湖は、下諏訪側はさざ波、岡谷側は凍っているなど、その日の風次第である。とけた氷が紋様を作っている。
4.味覚 チーズを毎日ひとかけら食べている。6Pチーズや、カマンベールチーズなど、子供の頃は嫌いだったものが、今は大好きである。不思議だ。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴。-6.3°→0.7°
3.気分 透析。三寒四温の三寒である。日射しは強く感じるが、外気は寒い。
日赤病院のロビーには、グランドピアノがおいてある。時折、コンサートという形式ではなく、だだ通りすがりの人が聞けば良いトイッタピアノ演奏がある。今日もピアノが鳴っていたのでしばらく聞いていた。「君といつまでも」などカラオケ曲も数曲、思わず歌ってしまう。リクエストは、と言われたので、「鈴懸の径」をリクエスト、気持ちよく演奏してくれた。知っている曲、ピアノ演奏は、うまい弾き手の演奏は、楽しい。
4.味覚 昨日の演奏会でミュージックフォックスのメンバーより、たくさんのりんご、お葉漬けの差し入れがあった。とてもおいしかった。60才以上の女性には「みんなのため」にいろいろ用意してくれる女性が多い。この心遣いが田舎の楽しさである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 春朝湯 いざ出陣に 鳶鳴く
2.諏訪の天気 曇り。-2.2°→1.1°
3.気分 ほとんど昼間は室内にいたので天気はわからない、夕方の風は寒かった。また寒さが戻って来たのか。
演奏会当日。朝の温泉ですっきり目覚め。鳥の鳴き声がにぎやかい、今朝は鳶が良い声で鳴いていた、鳥世界ののテノールである。
朝、9時、諏訪市駅前市民会館、全部通しての予行練習。聴衆に来場して聞いてもらうためには下準備、手順が必要である。そんなところに「会」の苦労と楽しみ、達成感があるのだと思う。
午後2時開演。会場はほぼ満員。それに気を良くしてか、老人パワー=老人力なのか良い演奏ができた。老人(私も含めて)は、真面目である。一生懸命練習もするし、いざ本番となると持てる実力以上の集中力を発揮する。
男声合唱シルクハットのシルクハット帽子を着けての、鈴懸の径、君恋しは、かっこうよく歌えた?と自画自賛、こんな評価も次回に繋げるエネルギーである。
最後に100人の合同合唱は、野に咲く花のように、夜明けの歌、二度とない人生だからである。どれも人の心をなごやかに、勇気付ける歌で、「二度とない人生だから」は、聞いた人が、老人であるほど、良い歌だと言ってくれる。私もこの歌が歌いたくて諏訪合唱団(混声)に入ったのである。私の人生の応援歌である。
午後、4時に終了、多くの知人が聞きに来てくれた嬉しかった。母と弟も来てくれた。
4.味覚 演奏後の懇親会は、ホテルハナノイ。中華料理でおいしく、満腹。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜から午前中まで強い雨、午後にはみぞれ、夕方曇り。2.2°→4°
3.気分 一昨日に続き強い雨、まだ二月である、大雪となってもおかしくないのだが、昼間少し冷えてみぞれ交じりの雪となったが、それで止んでしまう。「落ちては消える」文字通り「名残雪」である。
明日は、「春を呼ぶジョイントコンサート」諏訪市駅前市民会館 午後2時開演 である。入場無料、お出かけ下さい。
午後から舞台で前日練習。シルクハット、諏訪合唱団の単独舞台と、それにミュージックフォックスを加えた100人の合同合唱と舞台の入れ替えだけでも忙しい。緊張感が出てくる。どんなことでも、聴衆に向かって発表することは緊張する、この感覚が生きている事の実感である。
シルクハットの黒人霊歌がうまく歌えない、和音がひどい、タイミング、リズムが悪い、声が会場に響かないのである。もともと、この駅前市民会館は響きが悪く合唱団には不人気なのだが、そんな条件以前の合唱の質ができていない。だいたい、前日練習だと言うのにメンバーに欠席者がいる、これでは満足の演奏ができない。あまりにひどい一曲は、演奏中止ときまる。何時間もかけて練習して来たのに残念である。
メンバーが高齢化してきている合唱団は、体力気力の衰え、浮き世の義理の用事と、団体の集中力を阻害する用件が多いのである。それでも、合唱好きな仲間が、良い歌を作り上げて発表会をしたいと言う意欲の元に毎週二時間の練習をしてきたのであるが、満足行く成果が出せないのが現実である。それでも精一杯、明日は頑張ろう。
4.味覚 夕飯:おにぎり、おでん、ヒジキの煮付け、こんにゃくの白和え、サツマイモと林檎の煮付け。おいしい。まさしく精進料理。御通夜の時の料理は、この程度のメニューで味が良く、できたての、おいしい料理にしたいと思った。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-0.2°→7.7°
3.気分 透析。うつらうつらと春眠を楽しむに良い季節となった。朝は、少し寒いが、それでもプラスマイナス零度では布団の中は温かい。
日赤の透析質、数十人が並んで治療を受ける。だからインフルエンザなどにかかると、みんなに伝染するので隔離される。そんな部屋で、絶叫に近い叫び声を続けて上げる患者がいる。あまりに耳につくので苦情を言う。本日は二度目の抗議をする。以前に抗議したときは、担当者は看護師長と相談して見ますと言っていたが、それから何の返答も無い。今日も、看護師に抗議すると、へらへらしているだけで何の誠意もない、、、看護師長を呼べ、となる。看護師長が来るが対策はない、、医師と相談して対策を持ってくるようにと、言う。
日赤はこの地方では大病院。カルテを電子化したり受付から支払いまで自動化したり改善が著しい。しかし、人間の質が追いつかない。電子カルテになったので十年前の治療の記録は良くわかりません、血液型を電子カルテに記入するために検査しますので別途に料金をいただきますと言った具合である。
大病院になれば、高価な機械が入るだけで、人間の質が上がるわけでは無い。反対に、社員教育、人間の質が落ちるのでは無いか。原発など、人間の質の低下の結果である。はじめは注意して取り扱っていた原子力も、慣れと組織力の低下が事故を起こすので、このような人間が、何万年も消失しない放射線を管理しようと言うのが幻想である。
4.味覚 寒天パパのプルーン蜂蜜を楽しんでなめている。プルーンの酸味がうまい、スプーンに一つを舐める(毎日)。一休さんのとんち話で、和尚が水飴を一人でこっそり舐めている。小坊主にはこれは毒だからと、言い聞かせる。そこで一休さんは、和尚の大切にしていた茶碗を割ってしまい、死んでお詫びしようと、その毒の飴をなめましたと言うのである。蜂蜜にしても水飴にしても、スプーンで掬って舐めるときの「幸せ」を味わいながらこの話を思い出す。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜から雨、午前中まで強い雨、午後曇り。2.9°→8°
3.気分 昨夜から午前中までの雨は強かった。しかし、まだ裏庭の雪は残っているところがある。
春一番に、「まずさく」ところから名付けられたと言う「まんさく」の黄色い花がほころび始めた。金の巻き毛のような花である。目に見える春の到来である。

夜、シルクハットの練習。君恋し、鈴懸の径をステップ付きで歌う。黒人霊歌。
4.味覚 オムレツにキャベツの千切りを入れて歯ごたえのあるオムレツもおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-2.3°→9.9°
3.気分 透析。昼間の気温が10度とは、熱く感じる。三月中旬の気候である。三寒四温のまさに四温である。
4.味覚 辰野町の小坂鰻店の鰻の骨と頭の空揚げはおいしい。骨は塩味が薄いところが良い。頭はその姿のまま、カリット味がついて荒上げしてある。1尾に頭は一つ、鰻を丸ごと食べている感覚である。安くておいしいカルシウムサプリである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-6.6°→9.6°
3.気分 昼間の気温が高くなる。日射しが強く、車の窓を開けたくなった。庭を歩くが寒くない。やっと春の暖かさが感じられるようになった。三寒四温の四温の日であろうか、しかし庭にはまだ何の花も咲かない。
4.味覚 岡谷市の甲州屋で草団子とゼンマイの煮付けを買う。この春初めての「草団子始めました」の張り紙に思わず買う。手作り風のヨモギ皮の饅頭で皮が厚く歯ごたえがあり、中身の粒あんも甘味が押さえられて素朴な味であった。ゼンマイの煮付けは太いゼンマイが、薄味でおいしかった。食物にも春を感じた。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-8.7°→4.6°
3.気分 昼間の日射しは強くなったが、まだ寒い。
4.味覚 偕楽園(水戸市)の梅がまだ数輪しか咲いていないと、今朝のNHKで中継していた。いつもならすでに満開なのに、今年は桜も遅いのだろうか。水戸市には昨年亡くなった伯母が住んでいた。震災の数ヶ月後、まだ地面が揺れていた頃である。その伯母がよく「水戸の梅」という赤いしそで巻いたお菓子を土産に持ってきてくれた。甘く、酸っぱくおいしかった。懐かしいお菓子である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-11.7°→1.5度
3.気分 今朝はまた寒かった。温泉の打たせ湯が凍る、今冬二回目。昼間は晴れて、室内はホカホカ。夜は、オリオンと細い月が寒空に輝いていた。この寒さも雛祭り頃には収まるだろう。
シルクハットをかぶり、歌とステップの練習。ステップに集中すると歌が出てこない、歌に集中すると足が止まる。困った、練習あるのみ。
夜、やまびこの練習。新しい団内指揮者の指導。人が変わるのも新鮮で良い。
4.味覚 毎日ニンニクの蜜漬けを呑んでいる。自家製で、ニンニクをつぶし蜂蜜に漬けたもので元気の素である。もう、二十年以上、毎日呑んでいる。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝うっすらと雪、昼間は晴。-7.4°→-2.5°
3.気分 真冬日。日向の室内は、温かいが、外は一日零下の風が吹いて寒かった。
この寒さの中にも、諏訪湖は中心部の氷は溶けている。庭の木々で鳴く鳥の声も、新しい鳥の声が混じり始め、なんとなくにぎやかい。さえずりという、春の求愛の鳴き声が始まったのかと、自然の息吹を感じる季節である、が、まだまだ寒い。島木赤彦の「湖の 氷はとけて なお寒し 三日月のかげ 波にうつろう」を思う。
NHK、夜の8時台の番組。古代エジプトのブラックファラオ、褐色のローマ皇帝の話には、考えさせられる事がある。古代エジプト、ピラミッド・スフィンクスで栄えた王の時代に制服された民族、500年後、エジプト文明が他民族に犯されると、その文明を再興させようと黒人のファラオの部族が4代に渡りエジプトを治める。ローマの話も、ローマ帝国が期限前後に絶頂期を迎え、周辺地域に文化的なローマ式都市を造る。しかし、それも年が移り、周囲から他民族の侵攻を受ける。そこで立ち上がったのは、北アフリカ出身の褐色の異端の皇帝であった。
文明の興亡、人類の歴史は面白い。現代日本を考えただけでも、世界、列強の西洋諸国の中で江戸時代という独自文明の日本が、近代産業文明に目覚め、明治・大正・昭和と富国強兵の政策のもと西洋列強に肩を並べ、第二次世界大戦にまで至。
西洋文明に敗れ、占領された日本であるが、40年後には世界第二の経済大国に、さらに20年後の今、経済、社会福祉においては、今までに無い高い水準の国家を作り上げた。世界最高の長寿社会日本である。古来人類の目指したのは、食料の安定、物質の豊富さ、そして長寿である。それが満たされた時、国の下り坂が始まる。五木寛之の「下山の思想」という本が売れているそうな。この、満たされていながら、不安、不透明な時代に、求められるのは異端のリーダーでは無いか。
大阪市の橋下市長なども、露地(部落)出身という異端の政治家であり、日本を変革しようと立ち上がった、面白い人物である。我々、アラカン世代は、変革の先頭には立てないが、今までに養ってきた知恵を生かし、40才台の若手の改革を応援したいものである。
4.味覚 小さなりんごを丸かじり、まだ硬く甘い。チビタ頑張るである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、時々雪が吹雪く。-3.8°→-0.1°
3.気分 透析。真冬日、雪が時には強く吹雪く。車の屋根の雪が溶けない、道もザラメ状態の雪が残る。
夜、諏訪合唱団の練習。本番の歌を通して歌う。17分。歌えば短い時間であるが、その裏にはどれだけの練習時間が費やされた事か。発声練習の時、左右に足を踏み換えたステップの練習をした。歌と身体が自然に動くようになれなければ、、、。
4.味覚 バナナはおいしい。甘いバナナは、上品なお菓子である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 午前中曇り、午後晴。-4.5度→0.8度
3.気分 陽が出ないと肌寒いが陽が出ると温かく、夜も一頃の寒さは無い。
夜、シルクハットの練習。2月26日のコンサートに向けて練習は、今日を入れてもあと三日。今日から、シルクハットをかぶっての練習に入る。鈴懸の径、君恋しをシルクハットをかぶり、身体を動かしながら歌うのである。歌詞と身体の動きが着いてこない。幼稚園児の振り付けと同様である。本番まで猛練習あるのみ。
4.味覚 天草オレンジという新柑橘はとても甘くて、果汁がいっぱい。おいしい、おいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日曇り。0.7°→2.8°
3.気分 透析。朝は冷え込みがそれほどでも無かった。しかし、昼間は陽が出ないので肌寒い。
昔、50年前、子供の頃、下諏訪温泉は数が少なく混み合っていた。今は無くなったが、諏訪大社秋宮近くの、「綿の湯(わたのゆ)」に年中入っていた。
タカミクンが言うように、湯船から湯をくみ上げ身体を洗った。日曜日の夜など芋を洗うような混み具合で、湯なども濁っていた。
湯銭は5円、女湯には髪洗い券というのがあり、髪を洗う女性はべっっと料金を支払っていた。厳冬期など、風呂帰りに濡れた手ぬぐいを真っ直ぐにつり下げて帰ると、家に着くときは手ぬぐいが凍って真っ直ぐに立った。そのような事が遊びだった。
4.味覚 夜のおかずは鰤の照り焼き。鰤は、昔は年取り魚、大晦日にしか食べられなかった、大家族の思い出の魚である。今では普通の日に食べている。還暦過ぎると50年前の事は昔話しとなる。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝、積雪は昨日のまま、午前中曇り、午後からみぞれと雪、夕方曇り。-0.9°→2.4°
3.気分 陽がでないので肌寒い。朝の雪は午前中には消える。午後に降った雪も夕方には消える。春の勢いを感じる雪の降り方である。
バッハ『主よ人の望みの喜びよ』と言う合唱曲を練習する。諏訪合唱団が、2月26日(日)に諏訪市駅前会館で午後2時から、シルクハット、ミュージックフォックスのジョイントコンサートで歌う合唱曲である。
八分の九拍子という流れるようなリズムで聖母マリアの受胎を祝う歌らしい。ドイツ語でなかなか覚えられないで苦労している、妻にピアノを弾きながら歌ってもらうのだが、何ともならない!。1723年の作曲と言うから、300年前の楽曲である。音楽とは偉大である。
4.味覚 たんかんは、すっきりとした甘さの柑橘でおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日曇り、夕方から雪。-5.5°→4.8°
3.気分 透析。曇りの肌寒い一日だと思ったら、夕方には雪が強く降り出した。午後9時で積雪4糎。
テレビアニメの巨人の星(1968年)の主題歌に「おもいこんだら、試練の道を、、、」というのがあるが、思いこんだらを、重いコンダラと勘違いして聞いていた子供がいたらしい。では、コンダラとは何か? これは整地ローラーではないか、タイヤに砂を詰めて引っ張る、足腰を鍛える道具ではないかと、ギャグで話題になっていたと最近知った。この歌を聞くたびに吹き出してしまう。
漫画の巨人の星は、「少年マガジン」で毎週読んで(見て)いた。明日のジョーも見た。紙の漫画で見たのでテレビアニメではあまり興味がわかなかった。少年期の思い出の漫画である。
4.味覚 日赤食堂のA定食は、あんかけ固焼きそば、餃子、スープで焼きそばは山盛りでおいしかった。550円。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴。-3.7°→3.3°
3.気分 一頃より気温は上がって来た、室内はぽかぽか、しかし外は風があってまだ寒い。
庭歩き、日溜まりはぬくいが、風は冷たい。タンポポが、綿毛となって、飛び立とうとしていた。この春に、子孫を増やすのだろう。
夜、やまびこの練習。組曲「ほほえみ」鈴木憲夫作曲、「ふるさとの木の葉の駅」坂村真民作詞で、意味深い詩である。啄木短歌、の中の薔薇、菩提樹。
4.味覚 冬キャベツと豚肉炒めはキャベツがおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-5.2°→1.1°
3.気分 日射しは強く、春の日射しであるが、外気はまだまだ寒い。
午前中から、岡谷市のカノラホールに長野県高校合唱コンクールを聞きに行く。県下32校が出場。南信では清陵と双葉と富士見高校が出場。
清陵は部員8名、少し淋しいがなかなか、良い声であった。清陵の指導者は、清陵出身、芸大卒の藤森先生、自分でオペラに出るような良い声の先生である。半年ほど合唱の指導を受けた事がある。
長野高校、松本深志、上田、伊那北などの進学校でも合唱団員は20名から30名はいた。やはり、合唱は大人数の方が、声に迫力がでる。清陵以下、南信勢は、どうも地盤定価である。
ゲスト出演で、愛知県の岡崎高校の合唱部が「オペラ美女と野獣」を聞かせてくれた。45分の熱演。岡崎高校は、全国トップレベルの高校で世界合唱祭でも昨年優勝したとのこと。聞いて驚いた。プロ顔負けの、すばらしい声量、発声の見事さだけでなく、踊り、演出など、同じ高校生かと疑う程の、すばらしいできばえであった。伝統と指導の先生の力量がすごいと感じた。部員も56名との事だった。
4.味覚 モスバーガーの基本ハンバーグの「モスバーガー」は、玉葱の粗みじんとケチャップがたっぷりと乗ったハンバーグ、食べるとき、ほっぺたまでケチャップが着くほど、たれがたっぷりでおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
諏訪の天気 一日晴。-6.5°→3.7°
3.気分 透析。夜空は晴れ渡り、満月が寒空に煌々と浮かんでいた。外灯の上の月は、まるで道路の外灯と見間違える程の輝きであった。
夜、諏訪合唱団の練習。26日の演奏曲5曲を歌う。
4.味覚 苺の「べにほっぺ)は静岡のブランド。ワンパックに6粒、超巨大の甘い苺。こんなおいしい苺を食べられるとは、幸せである。先端からストローを差し入れ、蔕をすぽんと抜いて食べた。なかなか楽しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 晴れたり曇ったり。-4.9°→0.1°
3.気分 陽がかげると肌寒い。夜は空が晴れ、満月が輝き、とても冷え込んだ空気である。
知人が来訪、年末から一ヶ月ほどラオス、カンボジアを旅してきた話を聞く。バスの移動、行き当たりで宿泊のバックパッカーの旅である。宿泊代も一日1000円、食事も100円単位で充分である、そして何より住民がにこにこ、おおらかなのが気に入ったそうな。言葉が通じなくても、親切に接してくれ、いつまでも滞在したくなったそうである。聞いていて、魅力のある旅であった。江戸時代末、明治のはじめに日本を訪れた外国人が、日本人は貧しいが、清潔で、おおらかで、礼儀正しく、いつもにこにこしていたと記録に残っている。古き良き日本人が、ラオス、カンボジアの田舎にはまだいるようである。
夜、シルクハットの練習。黒人霊歌を歌う。
4.味覚 ラオスでは、川魚がよく食べられていた、そして蜂や、ゲンゴロウのようないろいろな虫が食べられていた、との話を聞いた。下手物食いも旅の楽しみであろう。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-2.6°→3°
3.気分 透析。朝から陽が射す気持ちのよい日となる、久しぶり。
苺のおいしい食べ方をNHK「試してガッテン」で放映していた。1.苺の先端からストローを蔕(へた)に向かって差入れると蔕がきれいに取れて、残りは甘く食べられる。2.苺の先端の半分は甘い。残り半分は酸味が強い、イチゴミルクで食べるとおいしい。3.新鮮なものが甘い。4.苺狩りで甘い苺は、肩のところが割れている苺を選ぶ、糖度が高くなると割れてくる。(いちご園でのみ有効)。5.苺の蔕は、お浸しにすると山菜のようでおいしい。6.柔らかく、色が変わった苺は、50度のお湯で3分茹でる。以上、明日にでも試したくなった。
諏訪市の温泉街にフランス座という小劇場があった、、今は閉店、、そこに、「可愛いちご」チャンという芸名の娘が出ていた。何とかわいらしい名前だろうか
4.味覚 日赤食堂のパスタランチはなかなかおいしい、程よいアルデンテ、味もそこそこ、ドリンクバーがついて来る。今日のパスタランチは、しらす、菜の花、葱の和風パスタで、おいしかった。ドリンクは、ピーチジュース、ジンジャエール、コーヒー。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜から朝まで強い雨、午後3時まで雨、以後曇り。1°→4.1°
3.気分 午前まで強い雨、なんとなく肌寒い。雨に煙っていた諏訪湖も、雨が上がると姿を見せた。氷はまだ残っているようだが、、、?
皺だらけのりんごも切るとまだ食べられた。それなりの色と味であるが、まだまだ充分の味である。老いたりと馬鹿にするなかれ。
今、老人ビジネスがテレビでも脚光を浴びている年寄りこそが金を持っているし、数も絶対的に多い。我々もその仲間入りである。年寄りが、楽しく集まってくる店、ビジネスを考えなければ、月に一度、週に一度の歌声喫茶もよいですぞ。
4.味覚 アンドーナツ(安藤ナツさん)は大好きである。油で揚げたあんパンとはなかなかのアイデア、老人好みのパンである。考えた日本人はえらい!
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 午前中曇り、午後雨。-4.9°→1.4°
3.気分 透析。朝は日射しがあるくらいだったが、午後から時々強い雨。夜まで雨。
今朝は、お神渡の拝観式とのこと。どうなったやら。わが家から見える諏訪湖は、雨に煙ってよく見えない。これでは、お神渡も溶けてしまっただろう。
  明日ありと 思う心の あだ桜 夜半に嵐の 吹かぬものかは  と言う一首を思い出す。待ちに待ったお神渡も、消えてしまったのか、、、?
4.味覚 昨年12月にいただいた林檎を毎日食べている。超大型LLサイズで見栄えが良く、味も抜群の林檎が、あと二つ。冷蔵庫で保存したのだが、さすがに果肉も柔らかく表皮も皺ができはじめた。絶世の美女が老い衰えを見せた風情である。
一方、林檎農家よりいただいた林檎はまだ元気でカリカリしている。等級外、規格外の小振りの林檎ばかりをいただいたのである。若い頃は、ちびでブスでも、年を経ると魅力のある人がいる。そんな人の世を見るようである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
5
日記 |
2.諏訪の天気 晴、午後曇り。-7.5°→3.6°
3.気分 お神渡ができて、なんとなく諏訪湖周辺はにぎやかい。日中の最高気温が4度近くなると、温かく感じる。氷が溶けないか心配である。
夜、男声合唱やまびこ。次回の大作は鈴木憲夫作曲の「ほほえみ」に決定。なかなか良い曲である。7月のNDFようの、啄木短歌を歌い始める。
4.味覚 長芋をスティックに切って衣を着けて油で揚げる。ジャガイモのフライドポテトより冷めてもおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 晴。-9.1°→1.8°
3.気分 立春。待望のお神渡ができた。NHKの昼の全国ニュースでも取り上げていた。四年ぶりとのこと。諏訪の、男神と女神の逢い引きができてまずは目出度い。
昼から、諏訪市駅前文化会館で、26日のジョイントコンサートの舞台練習。シルクハット(男声)、諏訪合唱団(混声)の両チームで出演。そして他一団(ミュージックフォックス)合同の曲は100人の大合唱であった。
そのメンバーで、夕方5時から、諏訪市駅前(旧まるみつデパート前)でアイスキャンドルナイトに参加。早春賦、どこかで春が、花、夜明けの歌、野に咲く花のように、二度とない人生だからの6曲を路上で歌う。花の奥が凍るほどの寒さの中での合唱。二度とない経験の夜であった。歌っていて感動した。地元のFM曲が生中継していた。
夜、南信合唱祭のための地元合唱団の合同練習(岡谷市の諏訪湖ハイツ)。佐原玲子先生の指導、夫の佐原武氏が隣で歌っていた。佐原夫婦はすごい。玲子氏の指導も抜群、武氏の歌唱も超一流。とても勉強になった夜であった。
4.味覚 デコポンの初物。甘くて酸味が程よく、絶品の柑橘である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴。-13.9°→0°
3.気分 透析。今朝は寒かった。給湯の蛇口がみんな凍ってしまった。温泉の打たせ湯も凍ってしまった。今年一番の寒さである。
本日節分。年の数だけ豆を食べると言うが、還暦過ぎると還暦でゼロに戻りもう一度数えたくなる。そうすれば、還暦と二歳である。豆は二粒食べた。
夜、諏訪合唱団の練習。ドイツ語、ラテン語の歌は、ちんぷんかんぷん。少し流れが解り始めた。
4.味覚 恵方巻は手作り、ひょろ長い干瓢巻を北北西を向いて食べる。鰯を飾ると言うので、変わりに鰯のマリネを食べる。
昨日、岡山の妹からバレンタインデーのチョコレートを送ってくる。たとえ妹でもチョコレートは嬉しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇りのち晴れ。-8°→-3.2°
3.気分 外気は寒そうだが、陽がでて室内はぽかぽか。真冬日、最高気温がマイナス3度。寒いはず。
漫画ゴルゴサーティーンの朗読データをインターネットでダウンロードして聞く。
小説類、雑誌を全国の図書館のボランティアが朗読しているのは利用している。そして、映画のDVDによる音声解説も行われるようになったと知っていた。しかし、漫画まで読める(聞ける)とは驚きであった。まるで、小説を読んでいるような、劇画のノベライズであった。日がな一日、漫画を楽しんだ。
夜、男声合唱シルクハットの練習。黒人霊歌を四曲鵜t歌う。
4.味覚 毎日、蜂蜜しょうが入りの紅茶を飲んでいる。熱い紅茶はおいしい。紅茶健康法と言う本があるくらい、しょうが入り紅茶は健康に良いらしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2月1日はブログ投稿の画面が開かず投稿できず。
2.諏訪の天気 朝から雪、積雪5糎、午後3時まで雪、のち晴れ。-8.8°→0.7°
3.気分 透析。朝起きたら深深と雪、驚く、ほとんど一日降るが、道路は降るそばから溶けてしまう。北側など積雪5糎止まり。屋根など雪は消えていた。
2月1日は、諏訪大社下社の遷座才。秋宮から春宮への神様の移動である。昔(戦後まもなくまで)は、賑やかな祭りだったらしい、親戚など招いて飲み食いしたらしい。今は、白装束の神社の総代達が行列を作り、神様をお移しするだけである。祭りも時代と共に変化する。
寒さの中、老母は俳句の友と祭りを見物に行く、元気である。
4.味覚 あげあられの「ぽんすけ」は、カリカリしておいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |