ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

2.諏訪の天気 曇り、時々雨、時々晴れたり。14.3°→22.9°
3.気分 透析。気温は過ごしやすいが、時々雨がぱらつく。
我が家の近くの「石投げ場」地籍は、諏訪湖を眺望する崖の上の場所である。最近、ここでカメラマンをよく目にする。諏訪湖を滑空する大鷲か、大鷹を撮りたいらしい。シャッターチャンスを待って屯している。偶然の一瞬をとらえる芸術も苦労な事であると、無関心な私は思うが、撮影者本人は、待つことが楽しみなのだろうと想像するのみである。
夜、諏訪合唱団の練習。民謡メドレー。歌も一瞬の芸であり、なかなか芸の道は険しい。
4.味覚 合唱を終わっての一杯のくず湯がうまい。暖かなものがおいしくなった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
[1.一句 秋の陽に 大鳥撮らん湖の崖]の続きを読む
スポンサーサイト
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。8.3°→23.1°
3.気分 朝は寒いが、太陽が出ると、ぽかぽかと気持ちの良い秋の一日。
午後、諏訪日赤病院のロビーコンサートにシルクハットで参加。黒人霊歌5曲、昭和歌謡5曲を歌う。黒人霊歌はゴスペル調にしてゆったり歌う。昭和歌謡は、白い花の咲く頃、古城、高原列車、踊り子、夜霧よ今夜もありがとうで、カラオケを合唱で歌っている気分で、大きな声で気持ちよくうたえた。高原列車は手拍子もいただいた。9月は毎週、4つのコンサートに出演、やっと終わった。歌三昧の月であった。
4.味覚 ホットレモネードがおいしい季節となった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。9°→21.3°
3.気分 透析。朝は、肌寒いが、昼間は暑いほど。秋晴れの気持ちの良い一日。
無農薬の吾が庭は現在毛虫の天国、アメリカシロヒトリはもちろん名も知らぬ毛虫がいっぱいである。毛虫は夏の季語。しかしまだ暑い秋にもはい回っている。葡萄の葉にも、毛が身体より長い毛虫が、これはたぶん「しらが大王」と言うのではとの結論。葡萄はだいぶ甘くなったが、もう一歩の辛抱。ポポーとアケビはまだ青いまま来月が楽しみである。皆様実が熟したら食べに来てください。
4.味覚 日赤食堂のランチは、メンチカツ。上にカツ節とソースがかかり、関西のお好み焼き風でおいしかった。
上條農園の林檎を隣の弘さんがもってきてくれる。葉摘みの時に落ちた林檎だそうである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から秋晴れの一日。11.6°→21.3°
3.気分 青空の秋麗(うら)らの陽気。
夕方、お日様が低くなる、赤とんぼが群でとんでいる。赤とんぼの群など子供のころ以来見ていない。夕暮れののどかな幼い日をおもいだす。
シルクハットの日赤ロビーコンサートが、29日(木)午後4時15分から45分間。今日はその予習。黒人霊歌をゴスペル調に歌う事になり団に緊張が走っている。
4.味覚 寒天に桜の花を入れた天寄せはほのかな桜の花の香りがおいしい、妻の作品。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、時々晴れ。11.9°→16.3°
3.気分 透析。最高気温が16度といよいよ肌寒くなった。
秋の夕焼け、諏訪湖が紫に輝き、戦い済んでの一日で、なんとなくぼうっとした一日。頭の中でどこか、歌声が鳴っていた。
4.味覚 梨がおいしい時期である。毎日少しずつ食べている。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝からはれ。10.8°→21.4°
3.気分 穏やかな男声合唱やまびこの演奏会日和の一日。朝9時に岡谷市カノラホールに集合。午前中は声だし、全曲のおさらい。
午後、1時半開演。第1ステージ、織田貴富作曲の組曲「新しい歌」、リズムも詩も現代風、若さへの挑戦の歌であった。
第2ステージ、組曲「犀川」、有名な「時無し草」など合唱の古典的名曲。
第3ステージ、筑波山麓フロッグコーラス他、日本の名曲7曲を伸び伸びと歌う。
第4ステージ、高田三郎作曲の名曲「私の願い、ひばり」、二部構成の難局、二年も歌って来たが、今日が始まりの日なら良かったとの指揮者の言、まさしく課題の曲であった。
難しい曲、楽しい曲、取り混ぜての二時間の発表会、歌う事は学ぶ事であり、日々前進して生きることであると、ステージに立って思った。作品(合唱曲)を完成させようと集まる、努力する、そして作品は瞬く間に消えてしまう。まさに人間の営みそのものである。脳梗塞を発症して二年、ステージに立って歌える事を感無量で味わった。
多くの友人、知人が聞きに来てくれて嬉しかった。
高橋、橋本さんからはのど飴の差し入れ、ノリピーからは花のプレゼント、嬉しかった。
終了後、マリオで慰労会。大仕事を終えた男どもの安堵の宴会であった。大阪、名古屋、仙台からと多くの応援者が参加してのやまびこの縁の深さを感じた。
4.味覚 宴会はバイキング、飲むのが男どもには一番なので、食べたい人と飲みたい人の両方に良い方法である。料理はおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れ。8.2°→19.7°
3.気分 朝の気温が10度を下まわる。昨晩は寝てから足が寒く電子レンジの湯タンポを入れる。突如の冬支度
明日のやまびこの演奏会の会場準備と前日練習。団員は9時から、私は昼から、午後6時半まで歌の練習。舞台に雛壇を設営、その上で歌う。広い会場で歌うと声の響きもよく気持ちが良い。いつもの練習会場とは気分も違うし、指揮者の先生方も緊張の指示が続く。須賀先生、花岡先生、ツヅキ東海メール団長の三人の指揮者を迎えてのステージである。朝から夜まで、疲れたが明日に向けての緊張の一日であった。明日の秋晴れを願いつつ、、、。
4.味覚 讃岐うどん(丸亀製麺)は、速く、安く、そこそこうまい。セルフなので気楽である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。11.1°→19.3°
3.気分 透析。突然に寒さを感じる気候に。夜は、FF暖房機をつける。
午後から夜まで、諏訪合唱団の特別練習。11月13日、下諏訪文化センターでの演奏会に向けて早めの特別練習である。病院終了後駆けつける。午後、4時から9時まで練習。混声合唱団は女性が中心なので、やること(計画)は、すべて早め早めである。そこへ行くと男性(合唱)は、最後の最後にふんばるというパターンである。一日頑張って歌った。練習が終わって外に出たら寒かった。
4.味覚 合唱のお友達に妻が「おたべ」をいただく。永遠の京都のおみやげである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から秋晴れ、昼から曇り、一時雨。16.8°→22.8°
3.気分 台風一家?、台風一過の爽やかな秋晴れ。夕方には肌寒いくらいに。
午前中、母と、妻の三人で彼岸の墓参り。墓前で般若心経をあげる。背中に陽光を浴びながら、周囲は虫の音に満ちて気持ちの良い大気の中での読経。虫の音に、虫もそれぞれ生きていると思った(悟った?)。虫も先祖代々生きて、今鳴いているのだ、と。
夜、シルクハットの練習。来週の木曜日は日赤ロビーコンサートである。
4.味覚 いちじく、プラム(秋姫)がおいしい。プラムは、酸味と甘味がカリットした食感がおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜は強い雨、午前中は雨は止む、午後はまた強い風と雨、夜には風も雨も止まる。15.9°→20.5° 急に涼しくなる。
3.気分 透析。昨夜はどうなるかと思うほど強い雨、早く寝る、朝起きたら小雨に。しかし、台風15号はまだ上陸せず。午後から雨と風が強くなる。午後1時に浜松付近に上陸との情報。
今日は、男声合唱やまびこの、25日(日)の演奏会に向けての臨時特別練習。還暦過ぎのオッさんたちが一生懸命に良い歌をと頑張っての最後の特訓である。台風の雨風をものともせずに集合。良い声がでた。
夜、9時過ぎに帰る時には雨風は全く止まっていた。台風は時速50キロで東北地方を北上との事。
4.味覚 日赤食堂のランチは、松茸ご飯、茸汁、おはぎ、ミックスフライ。細切りの松茸でも今年初めての松茸、庶民のささやかな喜びである。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日強い雨。16.6°→21.4°
3.気分 昨夜10時、風が冷たくなったら、しばらくして強い雨、朝まで降り続く。
その雨が一日中降り続く。大雨である。まるでシャワーである。
名古屋地区は、百万人に避難勧告との事。日本中が大騒ぎである。諏訪だって危ない。
毎週一回、頭をバリカンで丸坊主にしている。一番短く刈っている。従って、シャンプーもリンスも、整髪料もいらない、いたって簡素で気持ちが良い。本日、短く刈った頭をM先生に、「頭のかっこうが良いね」と、褒められた。いくつになっても、褒められると嬉しい。
4.味覚 涼しくなったら、甘酒がおいしい、ショウガを浮かせて、彼岸の入り、先祖の喜ぶ甘酒である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れ、夕方から雨。18.7°→30.2°
3.気分 透析。朝からの太陽で暑くなる、30度を超す。しかし、夕方には、雨で涼しくなる。
敬老の日。母宛に、東京の孫からずんだもち、仙台の孫からはニンニクの燻製他、岡山の娘からは栗ご飯の素他が贈られて来た。
母は、84才、いたって元気である。
我々世代も、還暦を迎えたと思ったら、もう61才。あと4年で老人の人口に入れられるところまで来たのである。感慨無量。
4.味覚 夕飯は栗ご飯とずんだ餅、秋の味覚満載である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。20.9°→29.3°
3.気分 晴れで、夜まで蒸し暑い。沖縄に台風15号が停滞のためか。
岡谷市の諏訪湖ハイツで男声合唱やまびこの練習。演奏会を次週にひかえ、大阪から須賀敬一先生を迎え、昼過ぎから夜まで練習に熱が入る。もう一ヶ月、もう一年あればもっと良い歌になるのに、、、は、いつの時でも同じ事である。
諏訪湖ハイツからは、東方の富士山が山の切れ込みにくっきりと浮かんでおり、諏訪湖を間に入れての眺めは、まさに絶景であった。本日、秋晴れの、天高しである。
4.味覚 テンホウの定食は、餃子に、野菜炒めで満腹、ソフトクリームもおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、昼頃から小雨、時々陽も射す。21.3°→27.2°
3.気分 沖縄南方の台風15号の影響か、久々の湿った陽気。
午後、下諏訪文化センターの赤彦文学祭に参加。男声合唱シルクハットの一員で赤彦童謡7曲を歌う。そのあと、赤彦童謡を歌う会と合同で、「秋田県角館高校校歌」を歌う。この校歌は、赤彦の死去直前の作品で未完のところを、斎藤茂吉など友人が補作して完成させたもので、現在でも歌われているとのこと。
男声合唱の童謡は、少しかわいさには欠けたが、四部合唱はまあまあうまくいった?。ハーモニーを作るのは難しい。赤彦童謡を歌う会では、知らない曲を6曲うたう。指導の五味先生の行き届いた指導が感じられた。赤彦の住んでいたのは、下諏訪町高木地区の諏訪湖を眼下にした高台で、「柿蔭山房(しいんさんぼう)」と呼ばれる。家の隣に大きな柿の木があったところからの命名で、今日も柿の和菓子が抹茶とともに出されていた。
4.味覚 岡山から葡萄「ピオーネ」が贈られて来た。超大粒の真っ黒な種なし葡萄で甘くおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ、夜に入り小雨。19.1°→28.2°
3.気分 透析。一日晴れだが、夕方には小雨の涼しさが。
真夜中にふと目を覚ますと、屋外から虫の大大合唱が聞こえてくる。夜は肌寒いので窓は閉めて寝るのだが、開けた窓から虫の音を聞き入ると別世界(地獄か極楽か)に浮遊している感に包まれる。世界はもちろん、真っ暗暗である。
日赤ロビーコンサートを聞く。ミュージックフォックスの演奏。60才以上、シニア大学卒業生が中心に作った混声合唱団、過去二度も共演した事がある。宮下荘治郎先生の指導の下、50人の大所帯に育ち、歌も毎回うまくなる。年輩者向きの歌を気持ちよくハモっていた。年を取ったらこんな合唱団も良いなとおもった。
夜、諏訪合唱団。南部幻想曲、栄光への架け橋を歌う。
4.味覚 ランチは湯麺、中華ちまき、杏仁豆腐。粽がおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。20.7°→30.1°
3.気分 真夏の暑さ。庭を一回りするだけで汗が出てくる。
葡萄棚の袋を掛けた葡萄をのぞく、大きな色付いた粒を一つ味見をする。だいぶ甘味が乗ってきたが、まだ渋味が残る。こうして毎日味見である。
4.味覚 モスバーガーの新商品「たれカツバーガー」は、肉が軟らかくおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。20°→28.6°
3.気分 透析。暑い暑いと皆が言っている、夏のようである。西日が部屋の奥まで差し込むので暑さを余計にかんじる。
2005年の秋に拾って来たドングリの実をポットに蒔いた。50個の中発芽したのは半分。2006年に露地に移植、翌年には雑草に負けて半分に、2009年で8本に。ここまででやっと、1メートル殻1.5メートル。それが現在では3メートルを越し、やっと初めてのドングリの実をつけた6年目にして次の子孫を残すところまで来たのである。ドングリ系統は、直根が深く、地崩れを防ぐには最適の樹木です。
葡萄の巨峰の実がだいぶ色付いて来た。つまみ食いして見る。だいぶ甘い。あと少し。
4.味覚 日赤食堂のランチは、栗ご飯と牡蠣フライ。秋の味覚でおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。20.1°→29.4°
3.気分 昼間は夏の暑さ、夕方はめっきり涼しくなる。
年に一度の歯の検診。歯を赤く染めて歯磨きの検査。一生懸命磨いて歯医者に行ったのにまだ磨き残りがあるとのこと。こんな単純な事でもパーフェクトは難しい。
4.味覚 レタスが不作のようである。一年中朝のサラダで、レタス、トマト、人参スティック、大根スティック、セロリ、梅漬けは食べているので、レタスが無いと淋しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。18.9°→29.3°
3.気分 透析。昼間は夏の暑さ、夕方は涼しく虫の大合唱。
中秋の名月、煌々と満月が出ていた。
日赤食堂のランチ(ハンバーグ)にデザートで小さな月見団子が数個ついていた。白く輝く団子は、季節感を演出していた。
4.味覚 コンビニのコールスローはさっぱりとしてオイしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れ、午後夕立。22.2°→29.4°
3.気分 諏訪市駅前市民会館で震災応援コンサート。市内の小学生、中学生の合唱と、大人の4合唱団が出場。本日は、震災から6ヶ月目である。シルクハットと、諏訪合唱団のツーステージに出演。昭和歌謡(白い花の咲く頃、高原列車、夜霧よ今夜もありがとう)、あいや節幻想曲、二度とない人生だからの6曲を歌う。大きな声で気持ちよく歌えた。暑い日であったが、最後のステージが始まると同時にすごい雷の夕立が始まった。太陽が出ていての夕立であった。
夜、やまびこの練習。発表会に向けて熱が入る。
4.味覚 昼食はサンドイッチにおにぎり、お茶のペットボトル、便利なコンビニのご飯である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れ、午後5時から夕立。19.1°→30.8°
3.気分 昼間は真夏のような暑さ。夕方は強い夕立。
アメシロが猛威を振るっているらしい。地方紙の一面に載っている。我が家の庭にも数日前から目立ち始めた。桜、梅など好んで蜘蛛の巣状にはびこっている。妻がタカエダバサミで枝を切ったり、薬剤を撒いて駆除しているがおいつかない。
アメシロは我々が高校生時代に日本で問題になった。生物部が部室で飼っていて、逃げられて、屋外の桜の木に増えていたと騒いでいたのを思い出す。40数年前の話である。日本に長く住んで、日本の味になって、天敵ができたのかと思っていたが、なぜ今異常発生しているのだろうか。
4.味覚 まだ桃を楽しんでいる、堅いもの、柔らかい物などいろいろで、味もいろいろである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。16.6°→26.9°
3.気分 透析。秋晴れの気分の良き日。
車の窓を四枚すべて開け放して、車を走らせる。陽光は当たるが、心地よい風が入って来る。まさしく「さわやか」である。
夜、諏訪合唱団の練習。あいや節幻想曲、南部の歌によるふるさと幻想曲、二度とない人生だから。
4.味覚 徳島よりすだちが贈られる。すだち蜂蜜にして飲むと風味が最高。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。12.6°→25.7°
3.気分 朝は肌寒いほど。しかし昼間は、さわやかな日差し。蝉も鳴いている。
車庫の床に蝉が、仰向けに息絶えていた。最後のお別れにきたものか。
夜、シルクハットの練習。
4.味覚 讃岐うどん屋の「釜玉うどん」は腹一杯のおいしさ。和風カルボナーラである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。13.1°→26.4°
3.気分 透析。まさしく秋晴れの良き日。朝、肌寒いと思ったら、案の定、最低気温が13度。朝蝉の鳴き声がぴたっと止まる、しかし昼間は温かくなりかろうじて弱々しく蝉が鳴いていた。今朝から秋に入ったきがする。
妻が草刈りをして、歩き安くなった庭を歩く。先日は、黒揚羽が舞っていたが今日は見えず。ポポーの実が丸々太っていた。昨年の収穫が10月10日から20日、楽しみである。実ったら食べに来てください。葡萄の巨峰が部分的に熟して黒くなっていた。摘み食い、甘味はまだだが食べられた。こちらは、数日以内に収穫できそうである。
4.味覚 日赤食堂の焼き肉は皿に山盛り、おいしく満腹。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。17.2°→22.5°
3.気分 久々の秋晴れの一日。さわやかな気持ちのよい日。
やまびこの演奏会のチケットを持って八十路の叔母夫婦を訪問。義理の叔父は八十才でも現役の精密工場の社長、夫婦とも行けば歓待してくれ。いろいろな物をくれる。今日も、壷を二つとお菓子をたくさんいただいた。その叔母夫婦に養子が決まったとの事、弟の息子で、会社に入って見込みがあるので養子に決めたとのこと。後継者のいなかった叔父夫婦は嬉しそうであった。
疑ってかかれ」「歌うときは大きな口を開けて」くらいの神話はかわゆいが、原子力は安全、原発が無いと日本の企業は止まるトイッタ神話も、企業のサマータイム、節電、土日曜日の振り替え稼働などで原発が無くても大丈夫との見通しができたのではないか。戦前から神話のたぐいには疑わしいものがある。神風が吹いて日本は負けないとか、戦後の土地は値下がりしないの神話も敗れた。日本憲法にある、「諸国民の信頼と、、、」と、言って軍隊を持たないのもおかしな神話。食料自給率が日本は低い、地球温暖化なども私は疑っている。
増税しなければ国は成り立たないのに、今は増税すべきではないといつまでも理屈をこねる政治家、いつかハイパーインフレが来る。年金がただみたいになる、私の生きているうちに、そうならねばよいのだが。しっかりとした事を言い、実行力のある政治家を選ばねばと思う、この頃である。
4.味覚 寒天パパの牛乳寒天を妻が作る。手軽で、おいしい、好物である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝は小雨、昼間は曇り、夕方また小雨。19.5°→23.7°
3.気分 透析。5日続きの雨である。しかし蝉はまだ鳴いている。
発声法:「小中学校のころ、口を大きく開けて歌えと教えたのは間違いであった」。これに、現小学校教諭のY氏から反論あり、『大きな声の出せない子供には、時にはそのような指導も必要である』に反論。現実に小学生を教えていれば大きな声を出せと言いたくなる先生の気持ちも解るが事、歌の発声については、大きな口をあけろは、間違っていると思う。
この数年で数人の先生からボイス指導を受けた。それぞれに実際によい声を出しての指導だけに納得した、が、それぞれ強調点には違いがある。以下列挙する。
・目と鼻を大きく開けて発生せよ(見た目は気にするな)。
・臍より下は力を入れるが臍の上の横隔膜を上下させて発声せよ。ベース系は胸で響かせよ。
・息を吸うときは、横腹がふくらむように吸え。
・発声の時は、腰の裏の背中が出る(伸ばす)ように。尻の穴を丸めてしまうように力をいれ、頭の上で渦を巻くように声を出せ。
・しゃべるような発声で口ごもるな。
・あくびをした時のように、喉の奥を広げて声を出せ。息のスピードを上げよ。
などなど、腹式呼吸も腹で呼吸をするように思われているが、横隔膜を上下させて肺の空気をたくさん使えとの意味である。そのために、腹筋を鍛えるのは決して無駄ではない。
先日も、NHK合唱コンクールの長野県高校の部の優秀校の映像を見たが、口などほとんど明けていないのにとても大きな良い声であった。現在の子供らの音楽指導の先生は、口に力を入れすぎると音程がはずれる事を承知して指導しているのである。解っていないのは、年輩の大人である。
4.味覚 母が誕生日にと(3日遅れ)ケーキを買ってくる。ケーキはおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜から一日、雨は時々、風は時々強い。20.6°→22.7°
3.気分 台風は四国上陸、岡山を通過して日本海へ抜けたようであるが、諏訪は、雨は時々で風が強いだけである。そんな中にも蝉が鳴いている。最後の夏を惜しむようである。
怪物(傑物)の時代:岡谷合唱団の指揮者の佐原氏が高校時代から目立つ傑物であったことに驚く。いまだに大合唱をするときでも一人ずば抜けた声量である。夫婦ソロっての指導力も見事で、二人の友人の娘さんがカノラ少年少女合唱団に入っていたなど世間は狭い。
戦後の清陵高校には合唱部があり、隣の双葉高校(女子校)と共同の混声合唱団を作っていた時期があったとのこと。
現在、清陵高校の音楽の先生の藤森氏(芸大卒)も、やまびこの指揮者の花岡先生も、清陵高校在学中は、目だった存在で、音楽部の部長だったらしい。怪物(傑物)は高校時代にはその片鱗が現れていたことがわかる。我が同期にも、高校時代に数学のフェルマーに魅入った怪物がいる。還暦になって人の生き方が少しわかった気がする。
夜、男声合唱やまびこの練習。通しての録音。みな緊張してきた。
4.味覚 バナナ入りドーナツを妻が作る。ほのかな甘味がおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
諏訪の天気 昨夜から強い雨と風、朝から強い雨、一日雨。夕方には止む。22.2°→23.9°
3.気分 台風12号は午前10時に高知県に上陸、その影響で雨が続く。新作花火大会で諏訪湖周辺は賑やかなはずだがこれでは屋台も出店できない。しかし夜には雨が上がり、盛大な花火大会となる。
NHK合唱コンクールの中学部門の長野県大会の放送を聞く。すばらしい音感とハーモニー。恐れ入る。ゲスト放送で高校の部の優秀校の伊那弥生と長野高校の合唱を聞く。すばらしい、成人以上の音楽を作っていた。
諏訪の合唱界:合唱を初めて3年、やっと業界?の事が解って来た。
・昨夜の「しなの」の指揮者の佐原玲子氏は、夫君は、佐原タケシ?氏、現在、岡谷合唱団、下諏訪みずべ合唱団の指揮者。二人は岡谷合唱団の出身。玲子氏は岡谷合唱団のピアニスト。現在は、カノラ少年少女合唱、川岸女性、歌い人ごんべいの指揮をし、南信合唱界のリーダー的存在である。合唱団のレベルには定評がある。タケシ氏もすばらしい声でうたう。
・伝統と実力?は、岡谷合唱団(混声)。数十年前には全国大会に出るほどの充実だったとのこと、出身者がいろいろな合唱団にいる。
・岡谷のせせらぎも古い合唱団。岡谷市長地の高木氏が指揮、54年の伝統、毎年カノラホールで演奏会、いつも満員
・下諏訪童謡唱歌を歌う会、人員150名に及ぶ大所帯。指揮者が五味先生、弟がふりはた?氏で同様に童謡の指揮をしている。
・五味家の親戚が花岡家。我が、男声合唱やまびこの指揮者。父は現在、学校長で音楽家。諏訪市在住。清陵出身のまだ30才、ICU大からアメリカ留学、合唱指揮を学んで帰国、地元では、やまびこ、シルキーナイツ(男声)、茅野の「宙(そら)」などを指揮している。今後の期待の星である。
・宮下荘治郎氏は、上諏訪中学校長を退職して指揮を本業にして二年、シルクハット、諏訪合唱、茅野混声、長野男声合唱「ぜん」を指揮している。在職中から指揮活動はしていたが、定年退職を機に指揮活動に専念、独自の編曲など指導に定評がある。
・その他下諏訪混声(ホサカ氏指揮)、諏訪市セシリア(女性)、諏訪市「木曜会」(小口タカコ指揮)(女性)などがあり、伊那谷の辰野町から飯田市まで十数の合唱団がある。伊那の合唱団はまた、うまい。
・各市町村に合唱団が存在し、それぞれが好きな歌を歌っている。指揮者(指導者)の方針で歌のレベルが決まる。どの合唱団も高齢化(60才以上)に悩んでいるが、佐原玲子、花岡、高木(せせらぎ)先生のもとへは、若い人たちも参加していて将来に希望が持てる。
4.味覚 梨の幸水(こうすい)は、甘くておいしい。梨の
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、午後3時過ぎから雨。21.2°→25°
3.気分 透析。台風の風、生暖かい、過ごしやすい気温。
本日61才の誕生日。
野田新内閣の発足。総理記者会見を聞く限り、てきぱき、きびきびと声に力のある返答は好感が持てた。出だしの印象は良好ではないか。
夜、下諏訪文化センターに女声合唱「しなの」を聞きに行く。佐原玲子先生の指導の下、長野全県からメンバーを集めて、とてもうまい合唱団である。我が誕生を祝う天女らの歌声であった。
4.味覚 日赤食堂のランチは広東麺とエビチリ丼。満足な味と量であった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜から朝まで雨、日中は曇り、夕方雨。20.5°→26.1°
3.気分 台風12号が八丈島南方に、四国上陸をねらう、生暖かな風が吹いてくる。時折、雨も。
9月2日は、私の61才の誕生日。還暦と思ったら、もう1才年をとってしまった。ちょうど、古来からの二百十日に当たる。台風シーズンの目安で、その通りに台風が来ている。生まれた日も風の強い日だったらしい。
シルクハットの練習。昭和歌謡と赤彦童謡を歌う。ほとんど立って歌えた。気持ちがよい声が出せた。
4.味覚 牛乳寒天はさっぱりしていておいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |