ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

内容は 1.健康 2.天気 3.生活 4.味覚 5.社会 6.読書で以下をクリックしてください。
[*2011年7月の主な出来事。]の続きを読む
スポンサーサイト
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜も豪雨、朝から雨、昼間は降ったり止んだり。19.4°→27.5°
3.気分 二週間連続で最高気温が30度以下である。涼しい、雨の七月であった。
諏訪大社下社のお舟祭の宵宮。
昼過ぎから夜の8時までやまびこの練習。合唱界の重鎮指揮者の須賀敬一(すかけいいち)先生の指導日。合唱組曲「犀川」と「私の願い・ひばり」を特訓。指揮者も老齢、合唱団員も老齢ながら皆熱心に練習に励む姿勢はすごい。
4.味覚 桜町の叔母がすいかと水ようかんを持ってきてくれる。好物で嬉しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜も雨、朝から一日曇り、夕方雨。20.8°→23.9°
3.気分 涼しさを通り越して肌寒さを感じる天気が続く。夜も雨で、まるで梅雨である。
新潟の信濃川は大洪水、梅雨出水と言いたいような雨である。
4.味覚 我が家は祖父も父も酒は飲めなかった。しかし夏のキュウリの粕もみ、冬の鮭の粕汁は大好きであった。キュウリの粕もみが出て我が家の夏の食卓である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から雨がぽつぽつ、曇り、夕方晴れ。19.6°→26.7°
3.気分 透析。7月18日(月)から連続12日間、最高気温が30度以下である。連日雨が降ったり止んだりのすっきりしない天気であった。
夜、諏訪合唱団の練習。オリビアを聞きながらと、あいや節を歌う。気分良く歌う。
4.味覚 母が親戚からもらってきた桃は、甘くて大きくおいしかった。今年初めての桃。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 午前中曇り時々雨、午後時々晴れ間。20.3°→25.3°
3.気分 今日も一日ぐずついた涼しい日。夕方になんとなく熱くなる。熱い夏が懐かしい。
蜩(かなかな)が鳴いたりなんとなく秋めいているが鳥が元気に鳴いている。名前は知らぬが「意地を焼かす」ようなきかん気の鳴き声の鳥もいる。鳥の旺盛な活動の時を感じる。
夜、シルクハットの練習。翼を下さい、ビリーブ、秋田角館高校校歌、ゴウ・ダウン・モーゼースを歌う。立って歌うことは気持ちが良い。
4.味覚 ソルダムが出だした。青いスモモである。酸味が好きである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、昨晩から時々雨。21°→25.5°
3.気分 透析。この数日の涼しさは全国的で台風6号が通過以来である。今日の最高気温は25度と肌寒さを感じた。
甲子園野球の決勝戦は、松商に東京都市大塩尻が勝利して優勝。延長13回、ファールボールを壁に激突して捕球、ゲームセット。守りの選手らはマウンドではしゃいでいる。壁に激突した選手は倒れたまま。テレビを見ていた男が「早く助けにいってやれよ」、しばらく彼は忘れられていたのである。
東京都市大とはなんと紛らわしい詐欺的?な名前であることか。
4.味覚 日赤食堂のオムライスは玉子たっぷりで大満足のおいしさであった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 曇り、時々薄日。19.9°→29.1°
3.気分 気象庁の気温表示はそれほど低くはないのだが、とても涼しい。我が家が高台で諏訪湖の風を受けているためか、窓を開けていると寒くさえ感じて窓を閉めた。
隣の玲子さんから、キュウリ、モロッコインゲン、ズッキーニをいただく。以前に畑をやっていた時の、キュウリの種を上げたら、それを蒔いてできたキュウリとのこと。植物の種は数年も経っても芽を出すのだから不思議な生命力である。早速、味噌をつけてかぶりつく。きゅうりには味噌が一番似合う。
合唱仲間のF君が来宅。彼は見事に出す物を食べてくれるので気持ちがよい。
広島のKさんからお見舞いのはがき。13年前の日赤入院仲間、ブログを読んでいてくれる様子。うれしかった。
4.味覚 下諏訪ジャスコ内で売っている自慢焼き(富士アイス)は、今川焼きより一回り大きく、80円。あんこと、クリームがおいしい。もうジャスコで30年は続いている。たいした物である。ジャスコの前に出店した白い鯛焼き屋さんは三ヶ月で撤退してしまった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日晴れ。19.9°→28.5°
3.気分 透析。真夏なのに涼しい。今は、もっと熱くなって欲しい。
熱ければ水のシャワーを浴びるが最高。そのシャワーの水栓が故障したので業者を呼ぶ、器具の取り替え、しかし以前から付いていた長いシャワーホースをつけて行かない(風呂場の掃除のために長いホースが必要なのだ)、そして水道栓の位置を少し変えてもらった。そうしたら水道栓が固く手あかない、締まらない。早速業者に電話して女子供でも回せる蛇口にしろという。直しに来る。近頃の若い職人は水道栓も満足に設置できない。ことごと、満足のゆく仕事ができない人が増えているのではないか。
白木槿とくちなしの花が咲いていた。このところの涼しさで遅れているのか。
4.味覚 サクランボがまだ売っていた。北海道産である。嬉しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日薄曇り。20.3°→28.8°
3.気分 朝から涼しい一日。昼寝をしても涼しさでよく眠れる。
蟷螂が網戸の内側にへばりついていた。どこから入って来たのやら。2回のベランダの手すりにキウイを絡ませて実をならせている。その窓の網戸の内側に入りコンだのである。狩猟者の蟷螂が安全地帯の網戸の内側で眺める世界はどのように見えたろうか。
夜、やまびこの練習。から松、アザミの歌を歌う。夜、秋の虫が鳴き始めた。涼しさに秋の気配である。
4.味覚 ナタデココを久しぶりに食べる。お一人様缶詰である。この、こりこりとした食感が何とも好きである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴れ。19.4°→29.6°
3.気分 晴れだが涼しい風が吹く一日。
下諏訪図書館を拠点に活動している「朗読ボランティアやまびこの会」の交流会。朗読者と視覚障害者が諏訪大社秋宮周辺を散策、皇女和宮が宿泊した旧本陣の「かめや」にて休息、お抹茶と塩羊羹をいただく。静かなお庭に面した「上段の間」に平民の我らが、あぐらをかいてお茶をいただくなど、江戸から現代に至、時間の流れを感じる一時であった。皇女和宮が詠んだ和歌にも感じいった。その和歌とは、「空蝉の 唐織り衣(からおりごろも) なにかせん 綾も錦も 君(きみ)ありてこそ」である。この和歌を添え、西陣織を増上寺に奉納、のちに将軍家茂の追善供養の際、袈裟として仕立てられたとの伝えあり。
4.味覚 老舗「しんつる」の塩羊羹と抹茶は程よい涼菓であった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴れ。16.8°→27.1°
3.気分 透析。涼しい夏の一日。
夏の鶯が、ほけほけと、たどたどしく鳴いている。今年巣立った子鶯が鳴き声を習っているのだろう
燕が大きな群で飛んでいる。燕も今年の若鳥が飛行訓練をしているのだろう。
夜、諏訪合唱団の練習。ジョニーへの伝言、オリビアを聞きながら、あいや節を歌う。
4.味覚 夜のおやつは、シュークリーム半分とわらび餅。金曜日の夜はほっとして甘いもので一服である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れの一日。20.9°→27°
3.気分 台風一過、風は涼しく秋のようである。
子供の頃、大人が「台風イッカ)と言っていたので、「台風一家」という台風の家族がいるのかと思っていた。
シルクハットの練習。2回休んでの久しぶりの練習。黒人霊歌を歌う。1.イッツ・ミー・ロード。2.スティール・アウェー。3.アイ・ヲンツ・ビ・ア・クリスチャン。4.ゴー・ダウン・モーゼス。5.ノボディー・ノウズ・ダ・トラブル・アイブ・シーンの五曲を歌う。久々に立って大きな声で歌えて気持ちよかった。
4.味覚 ネクタリンがでた。真っ赤な表皮にオレンジ色の果肉、甘味と酸味が濃くて桃より欧風な味で大好きである。ネクタリンを初めて看たのは40年前、おいしい桃ができたと驚いたものである。我が家のネクタリンは見事に花を着けるのだが果実は虫に食われて吾が口には入らない。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 昨夜から朝まで雨、午前中には上がる、夕方は陽が射す。20.4°→28°
3.気分 透析。台風6号は長野県には雨を降らせただけで遠のいてしまったらしい。夕方は陽が射して熱くなる。母は熱中症にならないようにと牛乳を飲む。
夏の花の凌霄花と木槿が咲き始めた。町内各所で朱色の凌霄花が咲いていたのだが我が家ではやっと咲き始めた、庭でも風通しがよく涼しいところなので花が遅れたのだろう。木槿は底紅木槿が咲き始めた。他に、白、水色、ピンクの木槿があるがまだ咲かない。これから八月いっぱい木槿の花盛りである。毎日新しい花を咲かせる生命力の強い樹である。
4.味覚 チキンカレーはさっぱりしていて夏にはおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 早暁から雨、一日降ったり止んだり。20.9°→23.7°
3.気分 台風が四国沖に接近、一日ぐずついていたが涼しかった。
昨夜からメールが使えない、会社から専門家に来て再インストールしてもらう。無事、元に戻る。文明の利器も時々壊れるから困った物である。
風呂の温水の混合水栓が壊れる。水が止まらなくなる。修理を業者に依頼。設備は故障する、それも日に二つである。
アナログテレビをデジタルに切り替えるチューナーを設置、番組の内容を音声ガイドしてくれる。複雑だが一歩便利になった。嬉しい。
4.味覚 我が家のトマトのリゾットは洋風おじやでトマト味、おいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から曇り、時々雨。22.2°→29.3°
3.気分 透析。台風6号が九州の南に来ている影響で生暖かい風が雨を運んでくる。
早朝3時40分、ワールドカップサッカー女子の日米決戦を早起きして見る。すごい試合。先制点を取られ追いつく、延長選で点を取られ追いつき同点、PK戦で日本が勝利。真夏の夜の正夢、国民栄誉賞である。小さな娘は監督の勝利インタビューの言葉である。
4.味覚 青森産のサクランボがまだ売っていたワンパック400円。甘くておいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日カンカン晴れ。23.3°→33.5°
3.気分 気持ちのよいほどの暑さである。家の周囲では鳥がにぎやかく鳴いている。
茅野市民ホールへ「宙(そら)」のコンサートを聞きに行く。花岡先生指揮の17名の混声合唱団である。60才異状は6人、それ以外は若い人が中心。ヨーロッパ合唱曲、日本の昭和歌謡、黒人霊歌の三本立て。若くて張りのある声のハーモニーが気持ちがよかった。入場料1000円で2時間弱を楽しめる贅沢な時間である。
ユニクロに寄る。ランニングと980円の麺のジャケットを買う。夫婦、子供連れなどで広い店内は混み合っていた。安くて質のよい製品だと消費者は思いこみ、今はブームーとなっている、この安くて質がよいがどれだけ続けられるか、10年後、20年後が楽しみな店である。
4.味覚 アイスクリーム入りのクレープは心を贅沢にする。茅野市ステーションパークにクレープ屋はある。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝からカンカン晴れ。、夕方少し雨。23.9°→33.2℃
3.気分 昼間は炎天下。夕方、西の空が夕焼け、その中に稲光、、小雨。空にはまん丸なお月様。
早朝4時半に目覚める。蜩が鳴いている。早朝の薄暗さと涼しさが秋の夕暮れと同じなのだろうか。朝方は鶯とほととぎすが鳴いていた。また、炎天でも鳥がひっきりなしに鳴いている。生物の繁栄の時である。
青梅が黄色になって落ち始めた。隣の弘さんが手伝ってもいでくれた。冷凍して保管。梅ジャムを作る予定。甥が梅を取りに来ると言っていたがあてにならない。
入院騒ぎで送れていた六月の俳句の選評の集計ができて送信した。今月もできてよかった。
4.味覚 すぐりの実が赤くなった。スグリは、長野、山梨にだけ自生するとのこと。赤い実はほんのりと甘い。子供の頃、青い実を待ちきれずに食べた、酸っぱい思い出が残る。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝からカンカン晴れ。23.2°→33.4°
3.気分 透析。炎天というにふさわしい晴れである。入道雲、雲の峰がそびえている。
病院で栄養指導を受ける。悪玉コレステロールが基準値内ではあるが気をつけるように言われていた。加齢(60才)による動脈硬化、それは動脈内にコレステロールがたまって壁を厚くする、それで血圧が高くなる、、ある時、ショックでそのコレステロールがはがれる、それが脳の動脈に周り、脳を詰まらせる、それが怖い脳梗塞である。私は、その経験者である。
今回の心臓動脈のカテーテルの造営検査ではがれやすい血管のゴミが見つかった。処置は超音波を照射してゴミを洗い流す、その時、ゴミが体内に回っては困るのでその先に網で待ちかまえてゴミをとらえるのである。妻が一部始終を医師からテレビ画面で説明を聞いた。
それで今後の急務はコレステロールを溜めない食事である。1.肉は少なく(牛肉、豚肉は少なく、鳥の方が良い)。2.青身魚を食べる(鰯、秋刀魚など)。3.豆腐、大豆製品を食べる。4.茸類は特によい。5.野菜をたくさん食べる。6.乳製品は、現在ヤクルト、チーズ、ヨーグルトを毎日食べているがチーズは止め。といったところである。
これほど栄養の取りすぎをいわれるのは人類史上まれな事ではないか、やがて食糧難の時代がいつかやって来たら、、、今は考えられないが。
4.味覚 夏の果物がおいしい。サクランボ、杏、スモモ、枇杷、(林檎)を毎日楽しんでいる。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から一日カンカン晴れ。23°→32.5°
3.気分 午前10時には歩道はむっとするほどの暑さ。
朝、ゆっくり目覚め、日本女子サッカーがワールドカップ準決勝に勝利のニュースにエールを送る。朝湯(温泉)、散髪(丸坊主)でさっぱり、病院の垢を流し、遅いブランチ。
隣の畑の武井さんから今堀立のジャガイモをいただく。近くの畑が猪に掘り荒らされ出したので急きょ、収穫したとのこと。堀立を蒸して塩を掛けただけのこのうまさ、夏である。
昼過ぎは昼寝。昼寝は夏の季語であるが、空気は熱いのだが時々吹き込んで来る諏訪湖からの涼風に身体はゆるり、ぐっすりと夕方まで眠る。かなかなゼミに起こされる。一週間の病院疲れ?がとれた気がする。
*平成23年文月(2011年7月)枇杷物語顛末記
七夕を明日にひかえた7月6日、透析治療中にみぞおちが痛くなる。数分おきに痛みが発症。胃痛かと医師に相談。医師は私が心臓の持病を持っているところから狭心症を心配、早速循環器の医師と相談、カテーテル検査、即、入院。検査では心臓の動脈に狭いところあり、数日後、血管を広げるカテーテル手術のため一週間の入院との事。カテーテルとは2ミリほどの管を股の付け根の動脈に挿入、レントゲンの造影剤を入れながら、何枚もレントゲン写真を撮って、心臓の動脈の太さなど状況を見る検査である。そして、異常箇所には、バルーン(ふうせん)で広げる、ステンと(網状の筒)を血管に挿入などカテーテルを使って施術するのである。それでも手におえない時には開腹手術(バイパス)などに至るのである。
それほど大重体ではないが後日にカテーテルによるステント挿入が決まった翌日、念のために胃カメラ検査。その時、腹痛は止まっていた。
横になって、空腹の胃にカメラの管を挿入。すんなりと気管支から胃袋に到達、妻が横でテレビに映る胃の中を見ていた。医師「こりゃ何じゃ、胃石発見」、妻「それは、枇杷の種です」、妻げらげら。胃壁に黒い石が二つへばりついていた。カメラの先から魚取りの網ようなものが出現、二つの石をすくう、口の外に運び出す。まさしく枇杷の種が二つ。前々日に食べた枇杷の種である。種など食べる趣味はないのであるが誤って入ったものか、食後32時間は過ぎている、昨夜の食物は胃からすでにすべて排出されているのに、枇杷の種が二つ胃壁にへばりついていたのである。医師もそれが胃痛の原因とは前例がないとの事。種は大事に保管している、発芽すれば嬉しいのだが
それから数日が大変であった。カメラを呑んだ翌日から舌の付け根が痛い、口の中が荒れて物が食べられない、口が回らない、造影剤のアレルギーである。老人の食べる嚥下(えんげ)食である。おかゆ、やわらか煮のおかずである。すべてのおかず、味噌汁にもとろみをつけて飲み込み安くした食事である。味はよい。しかし、飲み込みができないとは、これほど大変な、食欲をなくす事かと体験した。食えなくなるとやせる、体力が落ちるを体験した。
幸い、投薬などで口の荒れも静まり、ステント挿入のカテーテル手術も終了、丸一週間の入院で終わった。入院中、世間では梅雨が明けたらしい、冷房の効いた五階の病室では暑さ知らず、夕立と暑さの一週間で我が家は緑の雑草の館だそうである。余談だがカテーテル手術の代金は90万円とのこと。
我が家に帰ると初蝉(みんみん)が鳴いていた、しばらくして蜩(かなかな)も鳴きだした。以下、入院中の句
腹痛に 心臓覗く 青梅梅雨
還暦の 心臓燃えよ 真夏日に
胃石かと 枇杷の種二個 へばり着き
(七夕)立ち上がりし 梶の葉願い 書きそびれ
病床五階 梅雨明けせしと 噂聞く
梅雨明けの 噂を聞きし 嚥下食
飲み込めぬ これも辛きや 梅雨明けぬ
流動食 噛みたくなりて 梅雨明けぬ
初蝉や かなかな加わり 二重奏

4.味覚 昼食は、新じゃが、西瓜、モロコシ。これぞ夏の絶品である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れ、夕方少しポツリと雨。21.4°→31.9°
3.気分 透析。熱いと言っても夜は涼しい諏訪湖の風が吹いてくる。
7月6日(水)より本日13日(水)まで諏訪日赤病院に入っていました。
理由などは後日。ご心配を欠けましたが元気です。
4.味覚 サクランボがうまい、ワンパック400円と手頃価格で大粒が買える。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 一日晴れ。19.6°→29.3°
3.気分 朝から晴れて梅雨明けの天気。昨晩の雨上がりで気持ちはよい。
昨晩、深夜の雨はすごかった。土砂降りにものすごいが二つつくくらいのすごさ、家が流されると思うほどであった。しかし、昨夜は眠く、虚ろの中で聞いた雨音なので、朝の太陽の下では、まぼろしを聞いたのかと思ったりもした。家族の中でも我一人しか知らない事が起きていたのである。
4.味覚 昨年我が家で漬けたらっきょうがうまい、いい塩味、酢の味で漬かっていて食感もカリカリととても良い。今年も今が漬けどきである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から曇り、夕方雨。22°→27.5°
3.気分 透析。連日30度の気温が27度になっただけで肌寒く感じる、ふしぎである。
お隣から枇杷の実をいただく。食べた枇杷の種を蒔いておいたら芽が出て、大木に育ち毎年実ができるのである。枇杷の木は偉い。
寒くなった晩秋の11月に花を咲かせ、この諏訪の零下10度にも下がる冬を小さな果実で越し、今年も半年かかって熟したのである。わが家にも枇杷の苗木があったのであるが枯れてしまった。お隣は、家の前の石垣の前で地温もあって条件がよかったのであろう。諏訪では珍しい枇杷の木である。小さな実であるが完熟でおいしかった。
4.味覚 サクランボの時期で、毎日楽しんでいる。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 朝から晴れたり曇ったり、夜に少し雨。21.8°→29.9°
3.気分 朝から蒸し暑い日曜日。
真夜中に一人静寂の中で鰻の骨を食べ始めたら止まらない。骨を油であげて、塩をまぶしたものであるが、カイカリ、カリカリとあとをひいてしまう。鰻一尾か一本か知らないが、あるいは一ニョロリだろうか。その一尾に一本の背骨だけしかないのだから貴重品である。しかし、昔は骨など食べなかった。これを肴に食べ始めた人は「コロンブスの卵」、さすがである、カリカリとおいしいのである。無心でしばらく鰻の命を重い味わっていた。
夜、やまびこの練習。発表会まであと三ヶ月。皆どうしたら良い演奏ができるかと真剣に考える雰囲気である。
4.味覚 隣の弘さんから枇杷のみ実をいただく。隣の木で熟したもので、完熟の甘さでおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 晴れのち薄曇り、晴れて、雨が降って止んでまた雨のくり返し。20.7°→30.5°
3.気分 降ったり照ったりとめまぐるしい一日。夜に入ってもまた強い雨。気温も高く草の伸びる一日。
すっかり葉桜となった楊貴妃桜が立派に大きくなっているのに驚く。根元は揺るぎない太さに、枝も充分に茂らせている。木々が大きくなっていると感じる時である。
朝、どんと強い地震があった。先日の松本の地震で、アパートの独身者が、雑誌類の下敷きで死んでいたのが発見された。初めての死者。
4.味覚 カマスのフライは味があっておいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.諏訪の天気 薄曇り、夕方雨。20.4°→29.2°
3.気分 透析。昼間は暑かったが、夕方雨で涼しくなった。
諏訪合唱団。栄光への架け橋とミスター・サマータイムを歌う。節電の夏、サマータイムの夏である。企業が節電に工夫をするのはよいのだが、日本経済が萎縮、縮小してしまわないか、経済学者の野口悠紀雄氏によれば、震災で供給力が不足しているのだから、需要を抑え、経済を低成長にするのは当然の制作で、資金を国がむやみに使いインフレにするよりよいとの論文が文芸春秋に載っていた。よく解らない理論であるし、経済政策は難しい時代である。

4.味覚 さくらんぼとすももがおいしい。
日記 |