ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

内容は 1.健康 2.天気 3.生活 4.味覚 5.社会 6.読書で以下をクリックしてください。
[*2010年8月の主な出来事]の続きを読む
スポンサーサイト
日記 |
2.天気 朝から晴れ、夕方雷雨が少し。22.9°→33.2°
3.気分 最高気温33度、8月一番の暑さ、30度以上は連続16日。日本が熱帯になったのかと思うくらいである。樹木の生長はどんな影響を見せるのか?
赤彦童謡を歌う会。新曲山の家を歌う。これで7曲目で有る。赤彦忌に発表である。
4.味覚 名古屋名物のないろうも水ようかんふうで冷やして食べるとおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 茂る草 わが世の盛りを 競うなり
2.天気 朝から晴れの暑い日、雨は降らず。21.8°→32.2°
3.気分 今日も最高気温が32度。これで30度以上は15日連続である。
月・水・金曜日は透析なので冷房が効いた室内で昼寝を楽しんでいる。
久しぶりに庭歩き。雨と日差しで草が伸びて足にからみつく。ポポーの実が玉子二つを横にしたほど大きくなっていた。いつが食べ頃なのか、どんな味がするのか楽しみである。
4.味覚 昼はビーフストロガノフ、昨晩に続いてビーフ料理である。おいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れ、雨は降らず。22.4°→31.3°
3.気分 連日の、最低気温が20度以上、最高気温が30度以上が続いている。
8月上旬(1日から8日)は気温が連日30度以上、中旬(8日から15日の)8日間は最高気温が30度以下、そして後半16日以降、14日間は最高気温が30度以上が続いている。こんな年も珍しい。
男声合唱やまびこの特別練習。大阪から須賀先生、木島先生が来て特別指導日。犀川、私の願い、田三郎追悼ミサ曲の指導をみっちり4時間。皆、熱心に指導を受けて良い声が出ていた。
4.味覚 夕飯は数寄屋の牛丼弁当。味はもう一歩であるが、早い安いがよい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れ、雨は降らず。22.5°→32.2°
3.気分 相変わらず今日も暑い。遠雷を聞くが、雨はまったく降らず。
水のシャワーを浴びて、上半身裸で、窓からの風を受けて昼寝。極楽である。
4.味覚 ほっけの干物がおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れて暑い日、夜小雨。22.2°→31.5°
3.気分 夜、ほんのわずか雨が降ったが暑い一日。昨年は、今頃は最低気温が15度、最高気温が25度くらいと5度ほど違う。今年は暑いはずである。
松本の早川さんが来宅。名古屋名物のえびせんをいただく。好物で嬉しい。えびせんの里の名古屋はまだ暑かろう。
ハーモデュエの松本美術館でのライブCDを持ってきてくれる。その他、松本市内でのコンサートの模様、9月の松本城コンサートの話を聞く。彼らもこの2年、練習を積み重ね、いろいろなところに出るようになった。好きなことを熱中できる時が最良の時である。
4.味覚 隣の玲子さんより、キュウリ、トマト、ピーマンをいただく。今年は何度も新鮮野菜をいただきありがたい。
隣の畑の武井さんからもカボチャをいただく。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 男たちの 合唱すてき 月の夜
2.天気 朝から晴れ、雨は降らず。21.1°→31.3°
3.気分 昼間の気温は高いが、夕方は涼しさを感じるようになる。諏訪大社の御射山の祭。新生児の無事を祈祷してもらう祭で、諏訪ではいつもこれより急に涼しくなるのが通例である。
シルクハットの赤彦記念館(諏訪湖博物館)でのロビーコンサート。午後6時半から。
平日でいつもより30分早いのでお客は少ない。
世界の歌6曲、ハワイアン3曲、赤彦童謡6曲、アンコール1曲。
ホールの響きがよく、歌っていて気持ちがよかった。そして、男声合唱の生はいいなと言ってくれるボイストレーニング仲間も来てくれて嬉しかった。また母と、元会計事務所の藤森さんも来てくれた。終わると、満月に近い月が諏訪湖にでていた。
4.味覚 回転寿司のメロンはおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝からカンカン照り、夕方雷雨。22.8°→31.8°
3.気分 相変わらず暑い日が続く、しかし夕方激しい雷雨が1時間ほど。三日続きの夕立。下諏訪町と岡谷市の境を流れる十四瀬川が溢れて道路が一時不通になった。
隣の畑の武井さんが、朝会うと畑に水をやりに来たという。昨晩雨が降ったのにと言うと、武井さんの住まいのあたり(下諏訪の南側)は、まったく雨が降らなかったとのこと。同じ町内でも降水が斑な事に驚く。小さなカボチャをくれた。
4.味覚 伊賀より、白鳳という名の梨が送られてきた。シャキシャキとおいしかった。
果物は酸っぱいからと食べない母であるが、梨と柿は酸っぱく無いからと食べる。甘くておいしいと喜んでいた。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 随筆と 思うと書けず 茗荷の子
2.天気 朝から晴れの一日、夜になって雨。22.2°→31.6°
3.気分 昨晩は久しぶりに雨、夕立、雷も久しぶり。そして深夜にも強い雨が。それで今朝は、だいぶ涼しいと思っていたら、相変わらずの暑い一日。それでも、夜に入り雨、嬉しい雨である。
日本点字図書館主催の随筆随想コンクールへの作品を書く。ここ3年の俳句と合唱についての随想である。盲人の世界では長く続いている伝統のコンクールであるが、今回が最後の年とのことで思い切って書いてみた。現在執筆中。8月末が締め切りである。
4.味覚 夕顔のサラダに我が家の茗荷を掛けてさっぱりと、おいしい。
最後の桃はおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 名も知らぬ 麗しの鳥 処暑の夕
2.天気 朝からかんかん照りの暑い日。22.5°→32.3°
3.気分 「暑いですね」の言葉も飽きるほど暑い日が続く。
処暑(しょしょ)である。二十四節気の一つ。立秋から15日目。猛暑もいよいよ衰えを見せ、新涼が間近いことをいうのだが、、、今年は。
透析、治療室の冷房も強く効かせて、逆に冷えすぎて足が痙攣。
8月26日(木)午後6時半から下諏訪町 赤彦記念館(諏訪湖博物館)で男声合唱シルクハットのロビーコンサートがある。友人、知人に案内メールを出した。
4.味覚 桃があとひとつとなる。名残惜しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 満足に 歌いてもなお 虫時雨れ
 歌い終え 満足の笑み 虫の夜
2.天気 朝から晴れの暑い日。23.1℃→31.3℃
3.気分 今日も一日晴れの暑い日。シャワーで過ごす。
やまびことシルクハットのバリトン部分を音取りCDを聞きながら妻に歌ってもらう。このようなやり方が覚えるのに一番早い。妻が、楽譜を見て、その通り歌えるのが私の合唱を支えてくれているのである。
夜、やまびこ男声合唱の練習。東海メールの片山さんが見えて一緒に歌われる。わが団の合唱顧問である。田三郎作曲の私の願い、ヒバリがとてもうまくできた。指揮者の花岡先生も汗だくの指導であった。満足に感じる練習はめったに無い。
帰宅すると、畑の中の我が家は虫時雨の中にいた。虫の合唱にはかなわないと思った。
4.味覚 夕顔のサラダはおいしい。枝豆などと一緒にサラダ風にすると夏の味である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 思い出のメロディー(オモメロ)を 夫婦で聞き惚れ 虫の声
2.天気 朝から晴れ、一日晴れで暑い。23.2°→30.9°
3.気分 暑い、残暑は酷暑である。シャワーを三度浴びて、甲子園の高校野球の決勝戦で沖縄の興南(こうなん)が大差で優勝するのを聞いていた。甲子園はさぞ暑かろうとおもいつつ、ごろごろしていた。
夜、NHKで思い出のメロディーという数時間の番組を夫婦で見た。40年前の歌をその持ち歌の歌手が歌う。今でも声に張りのある現役の歌い手には感動する。40年がそのままの声で再現されるのである。40年歌い続けるとは、、、それぞれの人生が隠れているのである。外では虫が騒がしく鳴きだした。
4.味覚 西瓜がうまい。日に何度も食べる。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 紐(ひも)切れて 月の山の額 傾きぬ
2.天気 朝から晴れの一日。23.3°→31.7°
3.気分 昨晩は朝まで窓を開けて寝ていた。今日も一日暑かった。しかし、夕方には涼しい風が吹いた。これぞ信州の初秋の風である。
泰山木の白い花が二つ咲き出した。6月20日に咲き始め一ヶ月ほど次々と咲いて終わりかと思っていたら、この暑い中の花である。懐かしいような、けなげな花である。
母の部屋に掛けてある「月の山」の一句を書いた額の紐の片方が切れて額が傾いてしまった。
その句は、「月の山 大国主命(おおくにぬしのみこと)かな」である。有名な句であるらしいが、初めて聞いたときは、この句のどこが良いのかと思った。それが最近では、このように完結に詠めない事がなんとなくわかるようになった。なお、山は奈良の三輪山との事。
阿波野青畝(あわの せいほ) 明治32年(1899)~平成4年(1992)93歳没。 奈良県生れ。の作品で自筆の物である。
山又山山桜又山桜 の句も知られている。
4.味覚 暑さには西瓜がうまい。今年の西瓜は甘くてうまい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れて暑い、午後夕立が二回。23°→32.9°
3.気分 今日も暑い日となる。それでも午後、夕立が2回来た。これでだいぶ涼しくなった。しかし、夜はまだまだ蒸し暑い。
夜、シルクハットの練習。一週間後が諏訪湖博物館のロビーコンサートなので熱が入る。
4.味覚 スモモの太陽という品種は果実がしっかりしていて、甘みもあっておいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 男ども 残暑の夜も 合唱す
2.天気 朝から晴れの暑い日。23.1°→31.5°
3.気分 昨夜も暑く、窓を閉めたのは深夜2時。朝からカンカンデリの暑い日。夜も暑い。ほんのぱらぱらと雨が来たがそれでおしまい。夜11時に少しふりはじめたが、、、
連泊していた東京と岡山の妹と姪が帰る。
夜、やまびこの練習。クーラーの無い川岸公民館。牛が入ってきてにぎやかい。風も無く熱い練習であった。
4.味覚 シャトラーゼのわらび餅はこくがあっておいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 アイスノン 枕に昼寝 白き闇
2.天気 朝曇り、晴れ、午後二度夕立。22.1°→32.1°
3.気分 昨晩は窓を開けて寝ても寒く無かった、それだけ暑い夜と言うことで、お盆過ぎてのこの暑さは珍しい。
昼間はこの夏一番の暑さと、思うほど暑かった。二度も雨がぱらついたがそれほど涼しくならない。
暑いときは、温泉、水のシャワーでアイスノンを枕に昼寝、氷水を食べて体を冷やして昼寝が最高。我が家はクーラーが無いので自然の風の中で生きるのである。
4.味覚 妹たちと甥姪は松本へ。回転寿司の夕飯。ネタが大きい「すしろう」へ行く。デザートのメロンがおいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 孫連れて 総勢八人 送り盆
玉やとぞ こら叫びだす 大花火
2.天気 朝から大洋が出て、一日暑い日。21.5°→31.9°
3.気分 久々(10日ぶりくらい)の朝から晴れの暑い日。
夕方、母と東京と岡山の妹、さらに甥姪の総勢八人で墓参り。弟家の墓参りもして般若心経をあげて送り盆の送り火を焚く。送り盆は午前中に皆済ましたらしく、墓地は閑散としていた。
ステーキハウスで皆で夕飯。ステーキと牛タンがおいしかった。その後、諏訪湖畔で花火見物。昨日のような大量の花火では、無かったが、目前で大きな花火が上がる様は、感動の響きであった。
4.味覚 花火を見ながら近くのコンビニでソフトクリームを買って食べるのが楽しみである。とろりと、溶け出すソフトクリーム、華やかに輝き消える花火は行く夏の思い出である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
 背中から 反響ずしり 大花火
 吾めがけ 水上花火 爆裂す
2.天気 朝曇り、午後から晴れ。22.3°→28.5°
3.気分 昼過ぎまでは曇りで涼しい。2時過ぎに晴れ間。花火にはちょうど良い季候。少々風もあり、絶好の花火日和。
東京から妹と姪、岡山から妹と姪が来宅。諏訪湖の花火大会を楽しむ。弟夫妻と甥も来宅。
妻と私は、川田美容室での焼き肉と歌声の集まりに。ギターを弾く歌好きな仲間が集まって野外で焼き肉。フォークなど好きな歌を歌って、食べて、花火見物。
諏訪湖の花火は4万発。近くまで歩いて行く。腹にどすんと来る大花火。盆地の山に反響して後からも爆発音が聞こえる。散歩に犬を連れて来ている人は、犬が花火で驚いて鳴き叫んでいた。東京から始めて諏訪湖の花火を見た人は、花火の大きさ、きれいさ、規模の大きさに驚いていた。風もあってきれいな花火が見られた。少し涼しく感じるほどであった。
4.味覚 焼き肉は非常においしい肉で、わざわざ松本から早川夫人が買って来たとの事。ギターと焼き肉は楽しかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 昨晩から朝まで雨、曇り、昼過ぎ雨。22.2°→25.9°
3.気分 8月9日から毎日雨降り、6日連続である。今日は最高気温も25度と肌寒い。
お盆の行事の施餓鬼の会に妻が町内の集会場へ出かける。以前はお寺さんが各戸を訪ねてお経を上げてくれたのだが、今は檀家をひとまとめのお盆の行事となった。お寺さんのありがたいお話をたまには聞くのも良いことである。
4.味覚 最近のトウモロコシは甘くて柔らかい。おいしい品種があたりまえになった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
線香を つけるも順番 迎え盆
墓石と蝉に心経 あげにけり
枝豆で 祖母が作りし あのおはぎ
2.天気 一日薄曇り。22.5°→27.5°
3.気分 涼しいが少し蒸し暑い一日。
迎え盆。母と妻の三人でお墓へ。花を飾り、墓石を洗い、水と線香を上げる。白樺の皮の迎え火をたく。般若心経をあげる。
夕方なので墓地は家族連れが次々と訪れにぎやかい。線香に火をつけるところも並んでいた。知らぬ家族どうしが行き違うたびに「こんにちは」と挨拶するのも気持ちが良い。
4.味覚 小学生の時、始めて育てた枝豆を、祖母がすり鉢でつぶしてぬたのおはぎを作ってくれた事を、ぬたのおはぎを食べると思い出す。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から雨、午後曇り。22°→25.6°
3.気分 朝から雨の涼しい一日。
夜、シルクハットの練習。赤彦記念館でのロビーコンサートまであと2回しか無い。練習不足で本番突入か。
いちじくの実が大きくなりだした。鳥がつつくので袋を掛けた。ところが夜、袋を破って中身を食べてあった。何者か、獣である。。夜中に畑を見回る獣には勝てない。少しでも人間の口に入れば良い。
4.味覚 いちじくひとつ、甘いのが取れた。嬉しい。おいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から曇り、時々小雨。21.8°→27.6°
3.気分 今日も梅雨を思わせる曇り、時々雨の一日。涼しい。九州の北に台風4号が来ているので天気が悪い。
一泊した乙女Aさんは、同年齢の信大生の甥の案内で我が社(サトー)の会社見学と諏訪の高原三作に。若い彼女は、良く食べる、よく寝る健康的なスポーツウーマンである。柔道部のマネージャーをやりながら稽古も一緒に行い、またハンドボールのクラブチームにも所属して活動しているとのこと。若いときに多くの人と交流して、いろいろな経験を積むのは良いことだと話をした。
4.味覚 昨晩から鰻が四食続く。うまい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝は薄曇り、午後から雨。21.8°→29.8°
3.気分 曇りそして雨と梅雨を思わすような天気。
市大柔道部のマネージャーのAさんが訪ねて来た。現役の女子大生と話をする機会はほとんど無いので新鮮であった。年の差40年、安保も学園紛争もフォークソングも知らない世代と話をするのは驚きである。しかし、学業、クラブ活動など学生が打ち込む事情は変わらないとも思った。
諏訪湖の花火と太鼓の演奏を見せたかったのだが、あいにくの雨で自宅での花火見物に。
4.味覚 逗子の草柳さんからしらすと薩摩揚げを送っていただく。いつも海の幸をいただき、嬉しい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 昨晩から朝まで雨がしとしと、一日降ったり晴れたり。20.8°→26°
3.気分 最高気温が26度と低い。過ごしやすいを通り越して肌寒い。
7月の選句の集計を送信した。7月の上位句は以下である。大勢の友人知人が私の俳句を読んでくれて嬉しい。
小さくとも 諏訪に育ちし 枇杷の実よ
男二百 梅雨吹き飛ばす 大合唱
忘れ傘 思い出したる 梅雨の朝
宵祭り 子らにあちこち ぶつかりて
一日を ごろごろ過ごす 大暑かな
梶の木の 葉に願い事 書き付けり
4.味覚 隣の玲子さんから珍しい豆(インゲンの一種か)をいただく。恐竜の髭のひものように30センチも長い十六豆、モロッコインゲンの小振りのふじまめである。さっそくお浸しにしていただく。さっぱりとしておいしい。
・「十六豆(とうろくまめ)」「十六寸豆」と「十六ささげ」とも呼ばれる。越後ではお盆の飾りに使われるらしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
雲に風 文字(もんじ)通りに 秋立ちぬ
2.天気 朝曇り、一日曇り。20.6°→28°
3.気分 朝は夏特有の朝曇りかと思っていたら、一日曇り。風が涼しい。昼寝に布団が欲しい程の冷たい風が吹いてくる。文字通り秋風である。本日は立秋である。
庭には、かりんの青い実が落ちていた。今年始めてつけた実である。虫に食われて落果である、。虫が食べる以上に実がたくさん着かなければ人間の口には入らない。
夜、男声合唱やまびこの練習。私の願い、ヒバリ、典礼聖歌を東海メールの鈴木先生が指導してくれる。先生はとても良い声で、わかりやすく指導してくれる。先生の奥様もとても若々しく女子高生のようだとの事。
4.味覚 しばらくは桃を一日1個食べるのが楽しみである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
墓磨く 真っ赤な桃を 供えけり
紅き桃 皮も果肉も 嘘つかず
あのスバル うまく歌えず 星涼し
2.天気 朝曇り、晴れ。22.1°→30.9°
3.気分 今日は昨日雨が降ったせいか、午前中曇りで少し涼しい。
妻は墓掃除、草取り。
大好きな桃が到着。さっそく冷蔵庫へ全部入れる。冷蔵庫に入れておけば熟成が止まるので桃の堅さが2週間は保てるのである。今年の桃は暑い日が続いたので真っ赤で甘い。
夜、K様の誕生会。カラオケでスバルを歌うがうまく声が出ない。練習しなければ、、
4.味覚 さっそく桃を冷やしてかぶりつく、うまい、しあわせ。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れて暑い、夕方一時雨。24°→32.7°
3.気分 昨晩は暑くて寝苦しかった。最低気温が24度と聞いて納得した。夕方、ほんの少しの雨がq降った。それだけで、だいぶ涼しくなった。明日は立秋。小さな水たまりにも夏のおわりが、、、
8月6日、65年目の広島への原爆投下の日。
夜、フォーク夢列車。下諏訪駅前の喫茶テラリュームで2時間フォークソングを歌い続け。大きな声を出して気持ちが良かった。
4.味覚 生活クラブの公魚のフライはおいしかった。まるまる太って玉子を持っているのもあった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れ。暑い。22.4°→32.3°
3.気分 また今日も暑い日となった。夕方まで晴れていたので、家の中まで暑さが籠もり、風もあまり無かったので夜になっても生温かい。昼間、二回温泉を浴び、水のシャワーで暑さをしのいだ。
夜、シルクハットの練習。赤彦童謡の、母さんの里とコマを習う。新曲である。
船橋の大滝さんが、七島八島湿原まで来たと顔を出してくれた。山を歩いて来たとの事。霧ヶ峰高原も暑いとのこと。元気な声で嬉しかった。
4.味覚 東京名物の雷おこしを土産にいただく。大好物である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れ。22.3°→31.5°
3.気分 また今日も朝から暑い日。雨が降らない。長野県でも隣の松本は34度と暑い、しかし軽井沢は最高気温が28度である。
諏訪の夏は30度くらいまでは日陰に入れば涼しい、我が家では諏訪湖からの風を受けて北側の玄関、出口では風を吹き出す程涼しい。
昨日のNDFのテレビ放映を見て親戚、音楽仲間などから元気で歌っていたとお褒めの言葉をいただく。
4.味覚 夏は冷やしたわらび餅がおいしい。寒天類が好きなのである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝曇り、晴れ。23.5°→29.3°
3.気分 今日は、晴れだが曇りがちで割りと涼しい風が吹いた。
午後、7月3日の飯田市の長野県男声合唱フェスティバルNDFのビデオ放映があった。
200人の大合唱、シルクハッと、やまびこと二つの団の演奏をあらためて聞いた。シルクハットは赤彦童謡中心に妻の歌詞の朗読ありで、まあまあ声が出ていた。やまびこは犀川という難しい曲だけに無難にこなしていて、もう一歩のパンチがなかった。
われわれの団は両方とも楽譜を見ながらの歌唱であったが、7段中3段がまったく楽譜を見ない暗譜での合唱で、その水準の高さ、表現力に驚かされた。また、それらの段は、指揮者をよく見て、顔つきがとても良いとのこと。楽譜とにらめっこの緊張顔では良い声は出ないと感じた。特に、クールビア、バッカスが良かった。
親戚にも電話してみてもらう。元気に歌っていて良かったと褒められた。
8月に入り、午後8時半から毎日諏訪湖は花火が15分ほど上がる。にぎやかい諏訪の夜である。
4.味覚 外出時、粉末ビタミンCを氷水に溶かして飲んでいる。さっぱりののどごしでおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |