ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

1日 吾歌う 姿テレビに 師走かな から
31日 紅白は みな歌えたり 昭和かな まで12月の1日一句です。評価、感想をお寄せ下さい。
以下をクリックして下さい。ごらんになれます。
[*2008年12月の1日一句です]の続きを読む
スポンサーサイト
意見 |
楽しんだこと、交友録など、以下をクリックして下さい。
意見 |
2.天気 晴れ。-3.4°→3.3°
3.気分 一年間ブログを読んでいただきありがとうございます。
皆様の幸福を祈って、来年もよろしくお願いします。
恒例の紅白歌合戦を見る。
昭和の時代、昭和40年代はどの歌もみんなが歌える、知っている歌ばかりであった。最近は知らない歌が多い。一時のうるさいだけの歌より、最近はじっくり聞かせるうまい歌も多くなったと感じる。
4.味覚 大晦日の夜はおせちを食べる。妻の自作である。とてもおいしい。
1.ブリのてりやき 2.きんかん 3.百合根 4.昆布巻き 5.烏賊とキャベツの酢の物 6.黒豆 7.ごまめ 8.大根のなます 9.柚子寒天 10.数の子 11.コールスロー まだあったが多くて忘れた。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
内容は 1.健康 2.天気 3.生活 4.味覚 5.社会 6.読書で以下をクリックしてください。
日記 |
もう一句 越前の 水仙飾る 小晦日(こつごもり)
小晦日(こつごもり)=大晦日の前日、12月30日のこと。
2.天気 晴れ。-2.4°→9.2°
3.気分 母宛に、越前市菖蒲谷の俳人より水仙が送られてきた。越前水仙である。送り主の住所も菖蒲谷といかにも花いっぱいの越前を想像させる。
妻は、朝からおせち造り、母は、掛け軸の掛け替え。正月の用意である。
私は、今年読んだ本など、日記、俳句の整理。如何に読んでも忘れている本が多いことか。4.味覚 母がマクドのハンバーグを買ってくる。元気である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
67冊目 評価4 ★★★★☆ 2003年、NHK出版。
★感想 櫂未知子(かいみちこ)の本は今年二冊目である。
一冊は、食の一句・365日である。
この本は、花、雪、ほととぎす、梅などいくつかの季語について彼女の研究した解釈、感想のエッセイである。たくさんの本、資料にあたって書いているかが驚かされる。簡単に季語と言えない深さを感じさせる。勉強になる。
読書 |
2.天気 晴れ、暖かいおだやかな年末。-4.6°→6.8°
3.気分 いよいよ押し詰まった感じがする。病院は一昨日の土曜日から今週の日曜日まで9連休である。しかし、私は一日おきのお勤めは平常通りである。
今年のお札を諏訪大社に納めた。一念無事に過ぎて感謝感謝である。
おせちの、昆布巻き、レンコンの梅肉和え、大根のなますをつくった。何事も「早め」をモットーに行きたいものである。
4.味覚 そば蔵のざるそばと野沢菜丼を食べる。早くて、安くて、うまい店である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
66冊目 評価5 ★★★★★ 1999年、(株)ザブック発行。
★感想 川柳をキーワードに人生論を説く書で、具体的、行動的な処方がとても良い。
学級崩壊、登校拒否、上司との軋轢など現代社会の悩みが解決策を事例を元に書かれている。
真理をずばりと言い表す川柳もとても良い息抜き、肩に力を入れすぎない生き方を象徴している。
読書 |
65冊目 評価4 ★★★★☆ 1994年、講談社。
★感想 若い頃は軍のスパイなどやっていた中村三郎は、30才で結核となり、治癒の道を求めて世界を旅する。
その帰国途中でインドヨガ行者に道を教えられる。戦前の求道社の姿を見せテクれる。
彼の悟った世界がちりばめられて、生きる力を与えてくれる本である。
どのページを開いても心を励ます言葉に満ちている。
宇宙の生命がそれぞれに流れ込んで生きる力を与えてくれる、心をただせば生き方も正しくなることがよく解る本であった。
読書 |
2.天気 晴れ。-1.8°→5.4°
3.気分 指折り残り日を数える頃となった。温風暖房の風がとろとろ、その中でこの一念を思い返している。
正月の用意を始める。仏壇の花、鏡餅を飾った。神棚のお札を替えた。
4.味覚 冷蔵庫の柿を母が食べてしまった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 晴れ、外は寒々、内はほかほか。-7.9°→3.8° 今年一番の寒さ。
3.気分 下諏訪町の商店街のシャッターには町のお祭りや名所旧跡を描いた絵画が飾っている。とてもきれいで、賑やか。しかし土曜日の午後、シャッターを下ろしているようでは淋しい商店街である。
4.味覚 ホテル奴さんから年末恒例の蒲鉾をいただく。お雑煮に入れるととてもおいしい蒲鉾である。ありがたい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝起きたら積雪2センチ、真っ白な世界。晴れ。-3.8°→1.7°
3.気分 クリスマスの翌日は世界が純白なきれいな世界となっていた。しかしとても寒く、厳しさを味わわせてくれる一日であった。
4.味覚 日赤食堂のネギトロ丼はおいしく、食欲が出る。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 一日曇り。1.7°→6.3°
3.気分 伊賀の皆さんが1月12日、13日に諏訪に来るとのこと。会うのが楽しみである。とりあえず下諏訪に宿泊を予約した。
4.味覚 今頃柿を食べる。甘くておいしい。母は食べるが、妻は冷えるからと食べない。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 晴れのち曇り。-3.7°7.2°
3.気分 夜、下諏訪町の喫茶テラリュームでフォークソングを歌う会「夢列車」ノ歌い納めの忘年会。
いつもはコーヒー一敗で2時間歌うのだが、今日は料理と酒がでた。
松本のH夫妻、ボイトレ仲間のT夫妻も参加。食べて歌う楽しいひとときであった。
500マイルズとウィーシャルオーバーカムを歌い、更に口笛演奏の黄色いリボンまでやってしまった。
タキシード、グリンの蝶ネクタイは皆さんからほめられた。
深夜までH夫妻と歓談する。気分のよい夫妻である。
4.味覚 テラリュームでクリスマスの鳥の空揚げを食べる。クリスマスには鳥を食べなければ。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
もう一句 冬至過ぎ 日差しの中を 庭歩き
2.天気 晴れの穏やかな日。-3.3°→6.6°
3.気分 ほかほかの室内より、外に出てみる。日差しは豊で、鵯らしき鳥が群れており、穏やかな日であった。
4.味覚 テンホウに母と妻の三人で行く。高校時代に湯麺を食べに行ったことがあるK君と会った。40年前のことである。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
64冊目 評価5 ★★★★★ 2006年(平成18年)、新潮文庫。
★感想 2003年(平成15年)に講談社より刊行された本の文庫化である。
2002年頃、新聞、雑誌に掲載されたエッセーの単行本かである。
祖国とは国語をくり返し論を立てて述べている。また、解説の齋藤 孝ノ文章がよい。
完結にして、論理充分、ユーモアをもくわえた文章は読者を引きつける。
これこそ国語力、思考そのものを言葉(日本語)で表して見せているのがこの本である。
読書 |
もう一句 まん丸に 柚子(ゆず)ふくらみて 極楽湯
2.天気 昨夜から午前中まで雨、午後は曇り。6.7°→14.2°
3.気分 昨日の冬至から、朝まで雨、しかし気温は暖かい。
温泉に入れた柚子がまるまるとふやけてよい香りをさせていた。
トヨタが来期は1500億円の連結赤字との見通し、カコ最高益からの急落である。経済の厳しさを感じる。しかし、この中から更に足腰の強い企業、日本が生まれるよい試練であると思っている。
4.味覚 毎日おは漬け(野沢菜漬け)を食べている。隣のSRさんが漬けてくれたもので、おいしい、信州の冬には欠かせない。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
もう一句 額打つ 枝にも冬芽 庭歩き
2.天気 晴れ、午後から雨。-1.2°→10.6°
3.気分 日曜日の午前8時、NHK教育テレビの俳句講座を楽しみに観ている。
今日の選者は、正木ゆう子であった。季題は冬木の目。
1952年(昭和27年)生まれ。1975年(昭和50年)お茶の水女子大卒業。広告制作会社「あっぷるはうす」でコピーライターの卵になる。1986年(昭和61年)10月、第一句集『水晶体』を私家版で出版。2000年(平成12年)『起きて、立って、服を着ること』により第十四回俳人協会評論賞を受賞。2003年(平成15年)3月、『静かな水』が、第五十三回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞という経歴である。
母も説明が上手とほめていたが、声が何とも言えずよい。
今日は、冬至。カボチャと小豆のすいとんを食べる。温泉には、ゆずを三個浮かせて香りを楽しむ。
夜は、やまびこ男声合唱の練習。三時間半、みっちりと歌い納め。
4.味覚 冬至のカボチャすいとんは、小豆味で、すいとん粉が入ってとてもおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 晴れの暖かい日。-3.3°→9.3°
3.気分 下諏訪町の諏訪マタニティークリニックSMCのロビーコンサート。
SMCは、人工授精、祖母に受精卵で妊娠させるなど先鋭的産院として有名な産か医院。
コンサートは岡谷在住の世界的バリトン歌手の吉江忠男(1940年生まれ)と彼の地元の弟子たちが歌った。
世界的なオペラ歌手が地元に住んでいるとは聞いていたが、本人の歌うのを聞くのは初めてであった。落ち着いたバリトンの響きはよかった。オペラ曲、つまり外国語の歌を10曲ほど、5人が交互に歌った。ソプラノなど声は気持ちがよいのだが、どうも私はにがてで眠くなってしまい、うとうとした。
4.味覚 スパゲティーにレトルトカレーをかけたカレースパゲッティーはなかなかおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 晴れ。-2.1°→6.8°
3.気分 日赤病院のロビーコンサート。
地元の小学校6年生の男子の独唱、精神科の女医のピアノ独奏、看護学生の合唱と三部仕立てであった。
小学6年の男児の歌声は、コンクールで優秀賞を取ったと言うだけに素晴らしい透きとおった声であった。まるで少女が歌っているようで、ウイーン少年合唱隊を思い起こさせた。
母親がピアノを弾き、音大の諏訪教室に通っているとのこと、末は音大の声楽科と思わせた。
精神科の女医さんのピアノはまるで患者の不整脈のようにいつ止まるかとはらはらさせた。看護学生は男子もちらほら、元気はつらつがよい点で、歌は小学生の合唱に負ける。
4.味覚 久しぶりの酢豚。とろりと肉を包むたれはおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝は霧、のち晴れ。1°→9.7°
3.気分 夜、男声合唱シルクハットの練習。
来年の長野県男声合唱フェスティバルに向けての新曲がきまりつつある。
まず、北原白秋作詞、多田武彦作曲の合唱組曲柳河である。
今日初めて楽譜を受け取り、パート別音あわせをして、ひととおり通して歌った。なかなか情緒ある面白い曲である。
4.味覚 岡山のロールケーキを冷凍庫から出して切り分けた。毎日一切れずつ楽しむのだ。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝は少し雨、のち曇り。0.9°→6°
3.気分 夜、岡谷市のカノラホールへ東京キューバンボーイズを聞きに行く。
20人編成で、トランペット、トロンボーン、サックス中心のラテンバンドで、1949年から1980年まで活躍。2005年に再結成されたとのこと。
戦後のラテンダンス、マンボなど全盛期を知っている年配の聴衆が多かった。
トランペットの強烈な雷鳴とも言える音楽に酔いしれた夜であった。
4.味覚 久しぶりにモスバーガーのミネストローネスープを食べる。トマト味が気に入っている。日赤食堂のカレーうどんもおいしかった。カレーとうどんの組み合わせとは素晴らしい発明品である。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 晴れ。-4.3°→8.8°
3.気分 年賀状の宛先を調べる、喪中の人、住所の変わった人、新規の人など結構変化がある。
今回は、合唱の関係など宛先も増えた。
以前は、松の木など冬が恋をしたが、今は全くしない。自然の中で寒さにも、雪にも生きてほしいと思う。
4.味覚 冷蔵庫の中でラフランスと柿が熟していた。あまり熟してもおいしくない。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
もう一句 孫よりの お祝いメール 冬銀河
2.天気 晴れ。-4.2°→6.6°
3.気分 母の82才の誕生日。
東京の妹、岡山の妹、下諏訪の弟からそれぞれお祝いの菓子、ケーキ、花などが届いた。
また名古屋と東京の孫からもお祝いメールが届いた。母は、いたって元気である。
夜、下諏訪のハーモ美術館のクリスマスコンサート。
演奏者は、口笛世界一の脇山貴美子さんで、ウクレレを、ピアノを弾きながら、またアカペラで素晴らしい口笛を聞かせた。
軽食とビンゴゲームがあり、20位で花のリースがあたる。今年は縁起がよい。
もちろん、グリーンの蝶ネクタイに、グリンのタキシードで出かけた。
4.味覚 岡山の祖母の誕生祝いのチョコレートケーキ(ザッハトルテ)は私の大大好物で、とてもおいしい。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 初雪、朝起きると雪が1センチ、さらさらと雪が降っていた。午前中に止む。午後は曇り、少し晴れ間。0.8°→5.8°
3.気分 初雪で畑も山も真っ白、道路の上だけは雪が溶けて黒々としていた。
雪は仏様、神様の象徴である。その神の世界に我が道が一本続いているようである。
夜、やまびこ男声合唱の練習。
4.味覚 ミカンのおいしい時期である。毎日食べても飽きない。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 晴れ。1.6°→10.5°
3.気分 諏訪市駅前の市民会館で諏訪合唱段と高島小学校さわやかサークルと、シルクハットの合同コンサート。白のジャケットにブルーの蝶ネクタイ、ブルーのポケットチーフの正装である。
小学生は女子ばかり40人。すばらしいソプラノの子が数人、それを指導する女の先生がまたすばらしいソプラノ。
良い師の下では生徒もその能力を十分に発揮していると感じた。
諏訪合唱団(混声)とのジョイントは2曲、シルクハットの男声の重低音が加わってよくなったとほめられた。シルクハットではステージに横15人が並んで4曲歌った。久しぶりのステージは緊張した。
3グループ合同のクリスマスソングは、小学校女性とのにぎやかさ、活発さに圧倒された。
子供たちはぺちゃくちゃとすぐにしゃべりだしてとてもにぎやかであった。
4.味覚 東京の妹より、12月生まれの母と妻の誕生祝の菓子がついた。私にも雷オコシを送ってくれた。雷オコシは大好物で、おいしかった。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝から晴れ。3.1°→12.9°
3.気分 今年を表す漢字は「変」とのこと。
誠に、世間も、私も変化の多い年であった。
4.味覚 昼の日赤食堂の定食は、親子丼、ポテトサラダ、大盛り味噌汁であった。親子丼の卵が砂糖味が強すぎた。世間も甘すぎる味になっていないか。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
2.天気 朝は霧、昼間は晴れ、夜小雨。0.6°→10.3°
3.気分 妻が食堂、居間の窓ガラスを拭く。二階なので外の廂(ひさし)の上に昇って、蜘蛛の巣をとったり、がらすを拭いたりした。私は高いところは苦手でとても廂にはでられない。
夜、シルクハットの練習。
4.味覚 岡谷のHSおばさん宅に林檎のお返しにセーターを持って行くが、そのお返しに巻き寿司をいただいてくる。
★5.母の一句 6.体調 7.食事 8.読書9.ニュース は、以下をクリックしてください。
日記 |
63冊目 評価5 ★★★★★ 2006年、講談社発行。
★感想 青春の楽しさを満喫した完結編であった。
ハルの台高校の陸上部キャプテンのシンジが三年に向かっての冬合宿で体力トレーニングに打ち込む。同僚の天才ランナーのレンも負けじと練習についてくる。体力限界までの練習は高校生ならではのものである。
新入生を迎え、新勢力の春高陸上部は400メートルリレーでインターハイに挑戦。またシンジとレンは、100メートルと200メートルで競い合う。
高校生の一つのことに集中する姿はとてもすがすがしい。
何もしなくても、何かに打ち込んでも一年間は過ぎる。それならば思い切って何かに集中してこそその人物の厚さが形成されると今にして思う。
青春の汗と涙を感じた小説であった。
読書 |