ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

23冊目 評価5 ★★★★★ 2006年、講談社。
☆感想:上下巻併せて20時間余の大作であった。二日間で文字通り寝ずに読んだ。
前作の[はげたか]の鷲津政彦が、一年間の世界放浪の末に二本に戻ってくる。前作より、アランが死に、日光帝ホテルは、別のファンドに買収されるなど波乱の幕開けである。
上巻は、化粧品、紡績のカネボウの買収、下巻は見本電機をキャノンが買収を掛けると内容は実にスリリングであった。
坂口安吾の堕落論をテーマの中に取り入れ、伝統の成功企業が堕落した様、現在躍進中の企業でも経営者の独断が道を誤る事を描く。
著者のホームページで一気に書いたとあるが、読み手を引き込むスピード間があった。
あけぼの電機の課長、帝ホテルのタカコなど随所に話をふくらませる書き方は、感心する。また、終わり方も、すっきりと気分良くさせ、更に次の疑問、活躍をよかんさせる点がすごい書き手である。
スポンサーサイト
読書 |
内容は 1.健康 2.天気 3.生活 4.社会 5.読書で以下をクリックしてください。
日記 |
2.気分:晴れ、今年一番の暑さ。7.9°→26°
花、花、花で一ヶ月が終わった。
母の一句 紙の如き 日輪透かし 梅桜
3.味覚:昨日お隣からいただいた竹の子は、柔らかくておいしい。竹の子ご飯、豚肉との煮付けとおいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れ。3.2°→21.5°暑くなった。
隣のSRさんが、実家の群馬県から竹の子を掘ってきてくれた。堀立でとても太い。さっそく皮ごと茹で始めた。
母の一句 養花天(ようかてん) 十一面観音 拜せざる
3.味覚:アスパラが甘くておいしい時期である。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れ。7.2°→17°
昼の定食で「ロコモコ」を食べた。
ライスの上にハンバーグ、温泉卵、レタスなどをのせたもので、呼び名が面白かった。
母の一句 雨俄(にわ)か コヒガンザクラ 被(き)て裸像
3.味覚:日赤食堂のA定食のロコモコは、おいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
22冊目 評価3 ★★★☆☆ 2006年、新潮社。
☆感想:妻が勧めてくれた本である。中国の唐の時代、玄宗皇帝と楊貴妃の時代の話である。
怠惰に暮らしている青年の王弁が、少女の姿になった仙人に弟子入りする話で、中学生にちょうど良い話。
ほんわかとした進展で気楽に読めた。
読書 |
2.気分:晴れ、昨日と違い暖かい。7.4°18.5°
一葉桜、スモモ(ソルダム)、木香薔薇(もっこうばら)、梅花卯木(ばいかうつぎ)の苗木を買う。もう庭には、苗木を植える余地は無くなった。
林檎(2本)、ポポー(2本)の花が咲き始めた。
ドングリと朴木(ほうのき)の葉が出始めた。新緑の始まりである。
母の一句 友の安否 かたかごの杜 小暗きに
3.味覚:鰯の空揚げの南蛮漬けは、おいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
4.天気:晴れ、昨日と違い暖かい。7.4°18.5°
5.体調4.8。風呂掃除。
6.食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:モスバーガー(テリヤキバーガー、ポテト)。夕、鰯の南蛮漬け、大根葉の漬けもの。おやつ、イチゴ、林檎、さんフルーツ、デコポン、シェイク。
7.今日の読書:無し。
8.今日のニュース:特になし。
日記 |
22冊目 評価3 ★★★☆☆ 2006年、新潮社。
☆感想:妻が勧めてくれた本である。中国の唐の時代、玄宗皇帝と楊貴妃の時代の話である。
怠惰に暮らしている青年の王弁が、少女の姿になった選任に弟子入りする話で、中学生にちょうど良い話。
ほんわかとした進展で気楽に読めた。
日記 |
2.気分:曇り、午後雨。5.6°→11.5°花冷えで震えた。
長野市の北京五輪の聖火リレーは、騒がしいまま終わった。歴史に残る出来事である。
母の一句 かたくりや この奥に在(ま)す 諏訪の神
母は、親戚の法事。(嫁いだ父の姉の23回忌)。
3.味覚:コゴミのおひたしは春の味、我が家の庭にもできるのだがまだ食べられない。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れ。5.8°→13.4°
木瓜の花が真っ赤できれいなので仏壇に供えようとしたら、とげに指を刺された。
6月後半に、甲府のサクランボ狩り(日帰り)を予約した。サクランボは大好物で食べ放題が楽しみである。
母の一句 えんごさく 東(あづま)いちげや 山の興
3.味覚:日赤食堂のランチはおいしい、今日はチャーハン、ミニラーメン、杏仁豆腐、アイスコーヒーであった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:一日雨。12.2°→14.5°
楊貴妃桜と右近の桜が咲き始めた。
どちらも花の咲き始めはうすい緑色で、日が過ぎると花の中心が薄いピンクになって色っぽくなる。咲き始めは乙女である。
米原真理作の[うちのめされるようなすごい本]を読む。
19時間の大作であった。彼女は、ロシア語通訳。1950年生まれ、2006年死去。膨大な読書感想文である。読みたい本が増えた。
母の一句 かたかごや 大庭(おおば)城主の 奥津基(おくつき)に注:かたかご=かたくりの事 奥津基=墓の事 
3.味覚:新装開店のラーメン店のハルピンラーメンは、辛みが効いているが甘みもありおいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
21冊目 評価5 ★★★★★ 2006年10月、文藝春秋発行。
☆感想:19時間余の、大作であった。週刊文春に掲載の私の読書日記、および新聞などのコラムの読書紹介文が満載である。
著者は、小説宝石で、犬猫に関するコラムを通じて知っていたが、文章がスラスラと読ませるすごさがある。
この本も死去10年前からの読書記録が載っている。読みたくなる本がたくさんあった。30冊以上をリストアップした。
私と同じ年の生まれであるが惜しい人を亡くした。
晩年の癌との闘病もうかがい知ることができて、悲しみが倍加した。
読書 |
2.気分:晴れ、夕方曇り。10.4°→23°今年一番の暑さ。
周囲の庭木で鳥がとても賑やかである。
燕は、巣に入り始めたが、去年の燕と同じ燕か、我々ニンげんんには区別が付かない。
梨とプルーンの花が咲き始めた。
母の一句 かたくりや 老人ホーム 深閑と
3.味覚:秋刀魚の酢漬けは、おいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れ。5.8°→20.8°
我が家のある、富ヶ岡は、今桜その他が満開である。
6月7日(土)の市大柔道部OB会に参加のために宿泊予約した。料金で選んだ。
□宿泊施設名       :ホテルマイステイズ横浜  黄金町の近くとのこと
・宿泊施設住所      :〒231-0055 神奈川県横浜市中区末吉町4-81
・宿泊施設電話番号    :045-252-1311
母の一句 東(あづま)いちげ 咲いてミシャグヂ 御霊代(みたましろ)
姪が修学旅行で京都の八つ橋を買ってきてくれた。八つ橋は好物である。
3.味覚:今年初めてのタケノコを煮物で食べる。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れ、朝から暖かい。7.4°→20.2°最高気温が20度を超した。
サクランボの花が咲き始めた。ナポレオンとさとうにしきの二本。サクランボは、いつも鳥に食べられてしまいほとんど人間の口に入らないのだが。
イチゴの花が咲き始めた。8年前に苗を植えたものが、少しずつ増えている。イチゴも、鳥や、ナメクジに食われてしまう。しかし少しは人間の口に入る。
母の一句 紅梅の しるき一本(いともと) 山祠(やまほこら)
3.味覚:タラの芽とコシアブラの天ぷらは季節の味わいでおいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:曇り、のち晴れ。6.9°→15.8°
桜が満開の花曇り。雉が裏の畑で二声キーン、キイーんと鳴いた。
諏訪湖周辺は全面禁漁で、野鳥には太平の天国である。
ツバメもいよいよ、やってきた。
隣の山梨県までジャズボーカルのコンサートを聴きに行く。ボイストレーニングの先生のコンサートである。
2時間ほどゆったりと春の午後を楽しんだ。
母の一句 山水や あづまいちげの ただ吹かれ
母は、大阪造幣局の桜の通り抜けに八十路の友と行く。
3.味覚:初島が新装開店、スパゲッティーがおいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:曇り、午後から晴れ。8.9°→16.1°花見にはちょうど良い気温。
下諏訪の花見の名所の水月園に行く。
戦前からの桜が山一つ植わっている。ちょうど満開であった。
おでんと団子を食べ、ラムネを飲む。
おでんは、タケノコなどを味噌味で煮てあり、毎年これを食べないと花の時期は過ぎない。
山の茶店の宴会場で諏訪大社の御柱祭(おんばしら)の木遣り保存会が大きな声で木遣りを歌っていた。
丁字桜と、スモモの貴陽(きよう)の花が咲き始めた。
母の一句 春愁の 耳裂け鹿や 贄柱(にえばしら) 注:贄柱とは、諏訪大社で古代に生け贄の鹿の頭を数十頭柱に飾ったもの
3.味覚:花より水月の味噌おでん。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:朝から雨、降ったり止んだり。7.4°→12°
ネクタリンの花が咲き始めた。濃いピンクの花で、2000年に植樹した果樹では一番大きな木となった。
母の一句 春の露 神長管(じんちょうかん)の おかめ笹
3.味覚:季節の素材、蕗が出てきた。少しあくが残って苦みがあるのが良い。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:曇り、昼から雨、強く降る。11.3°→13°
諏訪湖の周辺にも桜が並木になって植わっており、湖がピンクになってきた。
諏訪湖観光に全国各地から、いろいろな色彩の観光バスがやってきてバスの彩りがきれいである。
母の一句 校庭に 子らの声満ち 花満てり 
母は、伊那の吟行句会。
3.味覚:甘夏の一種のサンフルーツは少し甘く、酸味が濃厚でおいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れのち曇り。7.2°→18.4°
暖かくなったら、朝早くから屋根の上でからすが大運動会をしている。
諏訪のお城は、高島城で、病院の近くなので花見に散歩した。
サクラは、五分から七分咲きであった。
病院のロビーでマンドリン、ギターなど10人の演奏会があった。
春の歌(琵琶湖就航の歌、北国の春、早春賦、四季の歌、信濃の国など十数曲)を演奏にあわせてみんなで歌った。
母の一句 背伸びして 父が窓越し 初ざくら
3.味覚:高島城でソフトクリームのバニラストロベリーを食べる。ソフトクリームはバニラが一番である。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
20冊目 評価5 ★★★★★ 2007年6月、幻冬舎発行。
☆感想:実話としては、とても面白かった。実在の有名人が次々と出てくる。
本日、4月13日のテレビ番組のサンデープロジェクトに出演、司会の田原総一朗と自分は無罪だと話をしていたのは奇遇であった。
苦労して学校に通う、司法試験に合格、などは感心させられた。
また、検事の世界が政治、行政の一部だという著者の説明も納得した。罪におとしめられても検察を悪く言わない著者に潔さを感じる。
それにしても国家権力の恐ろしさよ。
1971年の日比谷公園の松本楼の事件の検事をしていたとは、世代が少し違うが生きてきた時代は、良く理解ができた。
読書 |
2.気分:晴れ。3.8°→18.7°暖かくなった。
ぼけの花が咲き始めた。我が家のぼけは、50年以上前に山から叔母達が取ってきたらしい。真っ赤な花で、薄い梅や桜の桃色のなかでひときわ目立つ。
桃の花も咲き始めた。花は咲くのだが果実は、いつも虫に食われて人間が食べたことがない。今年こそは、紙の袋を掛けてみようかと思っている。
我が家の庭のメインは、5本の河津桜(かわずさくら)である。
植えてから8年、木の高さは3メーターくらいになったが、花はまだ数輪しか咲かない。
濃いピンクの花できれいな色である。その数輪が今、満開である。
母の一句 合格子(ごうかくし) 家業を助け 山のまち 注:合格子 合格した子供 の意
3.味覚:我が家でのざるそばもなかなかおいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れ。7.7°→15.6°朝が暖かかった。
お隣の家から椿を一枝いただく。八重の桃色で、バラのようである。諏訪は、寒いので椿を育てるのはなかなか難しいのである。
母の一句 名残雪 まだまだ続く 軒雫(のきしずく)
仙台在住の甥がkfnネットワークに加わった。
3.味覚:ふきのとうの天ぷらは、風味があっておいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
20冊目 評価5 ★★★★★ 2007年6月、幻冬舎発行。
☆感想:実話としては、とても面白かった。実在の有名人が次々と出てくる。
本日、4月13日のテレビ番組のサンデープロジェクトに出演、司会の田原総一朗と自分は無罪だと話をしていたのは奇遇であった。
苦労して学校に通う、司法試験に合格、などは感心させられた。
また、検事の世界が政治、行政の一部だという著者の説明も納得した。罪におとしめられても検察を悪く言わない著者に潔さを感じる。
それにしても国家権力の恐ろしさよ。
1971年の日比谷公園の松本楼の事件の検事をしていたとは、世代が少し違うが生きてきた時代は、良く理解ができた。
日記 |
2.気分:曇り、夕方から雨。5.4°→17.3°
4月中旬の日曜日の朝は、町内が総出の渠掃除、それぞれの家の周囲をきれいにするのである。我が家では、妻が参加した。
ちょうど季節も良く、桜の花が咲く頃の年中行事である。
母の一句 長閑(のどけ)しや 親亀小亀丸が泛(う)く 注:泛く 浮く の意
母は、諏訪市の吟行句会。
弟が松本の信大饅頭を持ってくる。松本の老舗の菓子店の作である。
3.味覚:生活クラブの冷凍お好み薬は、おいしい。さっぱりとして、烏賊やエビが入っている。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
2.気分:晴れのち曇り。4.5°→14.8°
我が町内の富が丘の桜も咲き始めた。眼科にピンクの塊が出現した。
ハリウッドという品種のスモモの花が、咲き始めた。濃いピンクである。
母の一句 剪定を 終へし朝(あした)の 名残(なごり)雪 注:朝 次の日の朝 の意
3.味覚:花見の時期になると、巻き寿司、いなり寿司が食べたくなる。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
19冊目 評価5 ★★★★★ 2007年8月、文藝春秋。
☆感想:宮部みゆきは、面白い。
上下巻、25時間以上の大作であったが、一気に聞いた。主題は、少しまどろっこしかったが、文章がうまいのか引き込まれるように読み進んだ。
人の頭の中が見える少年などの設定も、極悪な人間がいることも自然に描かれて読者を納得させる技量を感じた。
前作の模倣犯のルポライターが主人公なのも継続性が面白かった。
読書 |
2.気分:曇り、午後から晴れ。7.5°→14.6°
キェキョとしか鳴かなかったウグイスもだいぶ上達してきた。
石楠花(しゃくなげ)が咲き始めた。濃いめのピンクである。
諏訪地方も桜の開花宣言。花の見頃は、来週末である。
母の一句 春灯(しゅんとう)を 昼なほ灯(とも)し 遺影の間
3.味覚:日赤食堂のランチは、冷やし中華で、今年初めてである。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
日記 |
19冊目 評価5 ★★★★★ 2007年8月、文藝春秋。
☆感想:宮部みゆきは、面白い。
上下巻、25時間以上の大作であったが、一気に聞いた。主題は、少しまどろっこしかったが、文章がうまいのか引き込まれるように読み進んだ。
人の頭の中が見える少年などの設定も、極悪な人間がいることも自然に描かれて読者を納得させる技量を感じた。
前作の模倣犯のルポライターが主人公なのも継続性が面白かった。
日記 |