ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

2月1日の神渡(みわた)りや 風吹き抜けて 富士はるか から、29日の、逃げるよな 二月終えても 氷湖なり の1日一句は、以下をクリックしてください。
[2008年2月の1日一句]の続きを読む
スポンサーサイト
内容は 1.健康 2.天気 3.生活 4.社会 5.読書で以下をクリックしてください。
2.気分:晴れ。-9度→9度。だいぶ暖かくなったが、諏訪湖は依然氷湖。
一ヶ月以上全面結氷が続くのは珍しい。
今月は、俳句の集計が早くできた。
しかし母の評価は、あまりたいした句は無いとのこと。
母の一句 春浅き 工房に吊る 緋の襦袢
3.味覚:妻の手作りのバナナケーキをおいしく食べている
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-9度→3度。
寒さが和らぐと、大屋根に降り積もった雪が、一度にどっと音を立てて滑り落ちる。我が家の雪崩現象である。
母の一句 春小袖 暖簾(のれん)の模様 御所車
母は、諏訪市で句会。
3.味覚:我が家の牛丼もなかなかである。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。昨日の雪(5センチ)が凍って道路はつるつる。-3度→2度。
諏訪湖畔では、鴨たちが餌を求めてか、車道、駐車場など人の近くに遊んでいる。
母の一句 工房の 片陽に古る 一行火(あんか)
3.味覚:新潟の葬式まんじゅうはとても甘い。少しずつ食べる。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:曇り、昼から雪降り。-4度→2度。
1936年(昭和11年)今から72年前の2月26日(2.26)の雪の日に、陸軍の一部将校が高橋是清(大蔵大臣)などを襲撃暗殺し、東京を選挙した。
これ以後、日本の暗黒の戦争の時代が始まった。
雪の暗い記念日である。
母の一句 人去って 燠(おき)美しき 春暖炉  (おき=薪や炭が燃えているさま)
3.味覚:妻が手作りのバナナケーキを焼いた。なかなかの味である。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
☆15冊目 評価3 ★★★☆☆ 1999年、リブリオ出版。
☆感想:早乙女は大正15年生まれで、山本周五郎の弟子であった。
会津藩の物語など力作があるが、この本は、内容が暗く、文章も硬くあまり面白くなかった。
古い時代小説の講談調は、どうも好まない。
2.気分:晴れ。-11度→1度。まだまだ寒い。
母の一句 吊し雛 十二単(じゅうにひとえ)の 首すぼめ
3.味覚:新潟の筋子の粕漬けは風味がよく、おいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:妻の一句 神渡りの 着きたる岸辺 謡(うた)い聞く
晴れ、朝は積雪5センチであったが、昼には消えた。-8度→-0.4度。真冬日。
夜、諏訪湖岸の博物館(赤彦記念館)にて、おみわたりを題材にした謡曲を聞く。
諏訪湖は、この一ヶ月氷湖である。
赤彦館の前から御神渡りができている。
謡曲の朗々たる声の響きが、幽玄な世界につれて行ってくれた。
母の一句 浅春の 陽のひた注ぐ 甕(かめ)一つ
隣のSHさんが新潟の葬儀から帰る。新潟の鮭の粕漬けを引き出物といただく。
3.味覚:白玉ぜんざいは、つるんとした白玉が大好きである。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:曇り、雪が舞ったり、晴れ間が出たり、強風。-4→5度。
1日荒れた天気、春一番とのこと。
久しぶり(20年ぶり)に、ジーンズをはいた。何となく心躍る気分になるから不思議である。
母の一句 漁道鳴り 料峭(りょうしょう)の八岳 そそり立つ 
(注)料峭 春風が肌にうすら寒く感じられるさま。季語 春
3.味覚:杏仁豆腐の缶詰は、大好物。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。今年一番の暖かさ。-8度→11度。
妻の一句 果物も 花も黄色の 春届く
母の一句 氷上の 百の石塊(いしくれ) スワンたり
3.味覚:安曇野のわさびの粕漬けは、新鮮なものは少しでも花につんと来る、食欲が出る。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-6度→4度。暖かくなった。
母の一句 寄生木(ほや)の実を 雪にこぼして 塚の天
徳島からハッサクが届いた。
3.味覚:ハッサクは、酸味が強く、私の好物である。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ、暖かくなった。-9度→7度。
我が家で、春を告げるのは万作(まんさく)の花である。
まずはじめに咲くところから、まんさくというらしい。
黄色い花が一分咲きとなった。
母の一句 雪原の 靴跡無数 明日ありぬ
OMさんの四十九日が行われた。
3.味覚:我が家手作りのヨーグルト、カスピ海ヨーグルトにイチゴを入れて食べると絶品である。ヨーグルトは、我が家でもう何年も生き続けている。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
☆14冊目 評価4 ★★★★☆ 1968年(昭和43年)、新潮社発行。
☆感想:昨年、吉川英治の新書太閤記を読んだのでそれと比較してしまう。
この本も24時間余と大作で有るが、吉川本は、120時間と超大作であった。従って、細かな事件の描写は、吉川本に劣ってしまう。
太閤秀吉の物語としては、ダイジェスト的で充分おもしろかった。
信長、秀吉、家康の三人が次々に作ってゆくこの時代の話は、何度読んでもおもしろい。
特に秀吉の、明るさ、人の気持ちを読む気配り、運の良さ、女性好き、物惜しみしないなどが印象に残った。
2.気分:晴れ。-10度→2度。
司馬遼太郎の新史太閤記を読了する。
吉川英治の新書太閤記の超大作よりページ数は少ないが、読み応えがあった。
信長、秀吉、家康の織りなす話は、とにかくおもしろい。
母の一句 雪積むや 御神渡り跡 ふっくりと
3.味覚:イチゴの紅ほっぺは、甘くて果実がしっかりしていておいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-12度→2度。温泉の打たせ湯が凍る。
今年は、寒さが続く。
諏訪地方の特産の寒天づくりは、寒くなければ寒天は、作れない。
しかし、てん草を煮込んでどろどろにして、それを凍らせて露天で解氷と凍結を繰り返して、水分を飛ばして乾燥させるので、寒すぎると解氷できなくて困るのである。
隣の、SHさんの新潟の母親(92歳)が亡くなってSHさん一かは、新潟へ行った。
母の一句 寒明けや 越中富山の 薬売り
3.味覚:モスバーガーの豚しょうがライスバーガーは、肉が柔らかくておいしい。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-7度→-1度。真冬日。
NHKの朝のドラマのチリトテチンを毎日見ている。
主人公の落語の師匠が亡くなり、話は盛り上がりであるが、主人公の前途はこれからである。
残り1ヶ月半でどのように展開するか、楽しみである。
母の一句 満中陰の 出席も出し 寒明けぬ
3.味覚:缶詰のナタデココとアロエは、さっぱりしていて、大好きなデザートである。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-10度→1度。連日の寒さ。
諏訪湖は、依然として全面結氷。
母の一句 負いし児に 抱かせ焼き芋 温泉の帰り
3.味覚:我が家で焼いたマフィンは、上品な味でなかなかのでき。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:もう一句 演奏者 声麗(うるわ)しく 寒明けぬ
晴れ。-10度→3度。
諏訪湖博物館にクラリネットのソロコンサートにゆく。
今年音大を卒業の女性で、今日が卒業決定の日とのこと。
クラッシック、ポップスと、演奏も良かったが、彼女の声が麗しかった。
博物館の前の諏訪湖は、依然として、全面結氷、氷の海原である。
母の一句 波形の ままに湖凍て 寒明けぬ
ダイニングの暖房機を新しく取り替える。
3.味覚:博物館のコンサートは、無料で更に、おいしいコーヒーを出してくれる。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-13度→2度。まだまだ寒い。
母の一句 ほろほろと 無意に過ごして 寒明けぬ
3.味覚:久しぶりに回転寿司にゆく。速く、そこそこの味で、腹一杯食べられた。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れ。-9度→-2度。真冬日。
焼き芋売りの車は、「くりよりうまい十三里半」といって車を流している。
くりよりとは、栗よりおいしいを、9里と四里を掛詞にしていて、九里+四里=十三里で、それよりすこしおおいという意味で十三里半といった、しゃれの売り言葉です。
ボイストレーニング講座の懇親会に行ってきた。女性ばかり10人、賑やかであった。
母の一句 葉がくれも 開き五輪の水仙花
3.味覚:イタリアンのレストラン、ピザとパスタを色々食べたが、味はよくわからなかった。緊張して。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:朝から小雪、牡丹雪、雨、午後曇り、夕方晴れ。-2度→2度。
母の一句 水仙一輪 備前の花器に 師の遙か
ダイニングのFF暖房機が警告ブザーが鳴り、異臭がする。そろそろ替え時か。
3.味覚:ハッサクもさっぱりしておいしい。デコポンが出始めた。さらに良い。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
☆13冊目 評価3 ★★★☆☆ 1970年、偕成社発行。太平洋戦史5
☆感想:少年少女向けの太平洋戦史の本である。まともに戦史の本を読んだことが無かったので参考になった。
サイパン、硫黄島陥落、東京大空襲、沖縄上陸、戦艦大和の最後が語られる。終戦に向かう、最終場面である。
大和の数度の爆撃機の来襲による撃沈の状況は、誠に悲しい場面であった。
戦争の悲惨さを思い返す本をたまに読むのは、人間の愚かさを思い返す良い機会である。
2.気分:晴れ。-11度→4度。
母の一句 口づさむ たかし句 越前水仙に
3.味覚:昼の食事をした初島はとても混んでいた。繁盛店である。味もそこそこ、ボリュームもそこそこであった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:もう一句:窓より手 降り積む雪の 深さかな
昨夜の積雪は、30センチ、朝から晴れ。-9度→3度。雪はだいぶ消えた。
岡谷市のカノラホールにテノール歌手の錦織健のコンサートにゆく。
マイクなしでホールをとどろかす音声には、驚かされた。
また、ギターを弾きながらオペラを歌ったり、会話もおもしろく、楽しいコンサートであった。
母の一句 潮しぶき 偲ぶよすがの 水仙花
母は、岡谷市イルフ童画館で句会。
3.味覚:久しぶりにミスドのドーナツを食べる。甘みが押さえられていておいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
☆12冊目 評価4 ★★★★☆ 2007年2月、日本放送出版協会。小田島則子・小田島恒志(おだじま のりこ・こうし)訳
☆感想:亡くなったはずの母が優しくしてくれる。希望を無くした男が、最後に思い返したのは母親の優しさであるとのテーマは、古今東西に共通である。親孝行をしなければとの思いに駆らせる。
わかっていても、亡霊の話は、人生の闇を覗く不思議な力がある。願望であろうか。
翻訳文がとても現代的で、読みやすかった。
米で600万部のベストセラーとなった、天国の五人も読んで見たくなった。
2.気分:曇り、午後から雪が深深と降り始めた。夕方積雪15センチ。-11度→+0度。
伊藤園のおおいお茶の俳句大賞に6句を応募した。発表は、7月7日である。
入賞すれば、お茶のボトルに俳句が載るので楽しみだ。
母の一句 夜の水仙 備前の花器に 潮の音
3.味覚:昨年葬儀の引き出物の引き替えでいただいたカレーのレトルトは、とても重宝している。味も良い。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:晴れで室内は暖かい。-12度→1度。外は寒い。
昨日、旧正月のプレゼントで贈られた帽子は、欲しかったロシア人のかぶる毛皮の帽子である。
色は黒、ウサギの毛がふさふさしていて、耳当ての部分は、通常は頭の上に上げておき、寒いときは垂らして耳から頬までを覆います。
今朝マイナス12度、病院にかぶって行ったがとても暖かかった。
アラスカのオーロラ見物にも行けそうです。
母の一句 贈られし 越前水仙 三つ開く
3.味覚:逗子からいただいた魚の開きはおいしい。今日は、金目鯛である。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:本日旧正月。晴れ。-8度→2度。
高校時代の友を訪ねる。香港に長く駐在していた彼は、中国では、旧正月を盛大に祝うんだといって、ぼた餅をくれた。また、毛皮の帽子もくれた。
母の一句 松過ぎの 葉牡丹凛と 門(かど)を守(も)る
母は、下諏訪図書館の句会。
3.味覚:ぼた餅は、久しぶりで、おいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。
2.気分:1日曇りの寒い日。-8度→1度。
ボイストレーニング講座の5回目(最終回)。
千の風になっての歌をピアノの生伴奏で歌う。気持ちが良かった。
母の一句 先(さっき)より 湖を見据ゑて 寒鴉
3.味覚:声を出したあとのモスバーガーは、おいしかった。
★4.天気、5.体調、6.食事、7.今日の読書、8.今日のニュースは、以下をクリックすると読めます。