ニットは愛と自由だ!視覚障害者・透析患者・元経営者のブログです。
毎日更新。内容は、日記(俳句、諏訪の天気、温度、句歴60年の母の俳句、etc) 読書感想文 意見です。
このブログについての説明
著者プロフィール
◎カテゴリを絞れます 《日記》 《読書》 《意見》

横浜にて旧友と
【10/13 横浜中華街にて旧友と(左から三番目が著者)】

☆今日の一句秋雨に まだなきやまぬ 蝉の声 

☆気分:肌寒く半袖の上にジャケットを着る。

☆味覚:日赤食堂で一週間ブリに食事。会計の女の子たちに、お元気でしたかと声をかけられた、だいぶ顔を覚えられた。

☆天気:雨。19度→24度。

☆体調4.7。三日ほど前に右のひじをどこかにぶつけた、朝からはれて痛い。歩数1683。透析。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:日赤食堂ランチ(ラーメン、チャーハン)。夕、さわらのこんぶ締め、ゴボウと牛肉の煮付け。おやつ、ヨーグルト、桃、プルーン。

スポンサーサイト

☆今日の一句:雨降りて スイカの夏を 惜しみけり 

☆気分:雨が降ったり止んだりで肌寒くなった。最高気温は23度迄下がった。半日ウインドウズXPのCDを聞いて勉強する。

☆味覚:暑い日に買ったスイカはこの3日ほど肌寒くおいしく感じない。スイカは夏のものである。

☆天気:曇り時々雨。20度→23度。

☆体調4.8。歩数1528。風呂掃除。散髪。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、味噌おにぎり、鯖の缶詰。夕、ロールキャベツ、しらあえ。おやつ、ヨーグルト、桃、プルーン、ワッフル、スイカ。

1.健康:まあまあ順調な月であった。背中を始めからだがかゆくて、透析中にかゆみ止めを注入する。落ち着いて来た。月末に右ひじを痛打してはれた。

2.天気:日本中が猛暑の夏となる。雨が降らずに下旬まで来たが最後は秋雨前線で順調に寒くなった。

3.生活:高校時代の旧友と話をしたり、お盆の花火を見に行ったり、博物館に音楽を聴きになど活動的な夏で有った。ウインドウズXPパソコンを購入して勉強を始めた。

4.社会:自民党の参議院選挙敗退で、安倍内閣が改造。記録的猛暑で40度9部の記録がでた。

5.読書:12冊と多かった。小説がおもしろく、ミヤギタニマサミツのカエイの丘、シドニーシェルダンのゲームの達人、真山仁のはげたかである。変わったところでは清水ヨシノリのあーしらなんだこんな世界史が歴史のおもしろさを再認識させてくれた。現代詩、エッセーなどジャンルも広く読めた。

☆今日の一句:蝉止んで 虫鳴き始め 夜会かな 

☆気分:ウインドウズXPの解説CDが日点より6巻ついた。パソコンにとりあえずバックアップした。これからが勉強だ。

☆味覚:久しぶりにステーキを食べた。ガーリック味噌でおいしかった。

☆天気:曇り、時々雨。19度→27度。

☆体調4.8。歩数1527。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:カナディアンロッキー(サーロインステーキ130グラム)。夕、鳥の空揚げ、さしみこんにゃく。おやつ、ヨーグルト、桃、ワッフル。

☆今日の一句:仏壇に 毎日上げる もくげかな 

☆気分:朝から雨降りでとても涼しくなった。連夜、新宿鮫を聞いていたので昼寝をしたら涼しくてぐっすり寝てしまった。

☆味覚:仏壇に上げておいた桃がとても熟しておいしくなった。堅かった桃が室温だと急に(4日)柔らかくなる。

☆天気:雨降ったり止んだり。22度→25度。

☆体調4.8。歩数1400。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、トースト。昼、スパゲッティーミートソース。夕、鮪のなかおち、温泉卵。おやつ、ヨーグルト、桃。

読書2007-08-28(火) 

80冊目:評価5★★★★★ 

ああ知らなんだ・こんな世界史 清水ヨシノリ 

2006年8月、毎日新聞社発行。

☆感想:

歴史がおもしろいものだと改めて知った。歴史物語に私の興味が有ることを自覚した。ギリシア、ローマには興味が有って塩野ナナミのローマ人の物語を読んで有る程度知っていた。イスラム、アラブの側からの歴史はあまり知らなかったが、紀元前2000年のエジプト王朝の話やピラミッド、イスラムのモスク等世界遺産を著者が訪ねた説明は、自分でも行きたくなるほど魅惑に満ちていた。見に行かれないことが残念で有った。

☆内容:

毎日新聞社の雑誌のエコノミストに2005年から2006年に「こぼれ落ちた世界史」で掲載されたもの。

1.トルコ(エデンの園は、トルコに有った、遺跡の多くはギリシア人のもの、とろいの遺跡、小アジアと言われるのはアジアが東方と言う意味、ヒッタイトは鉄の文明)。

2.ギリシア(古代ギリシア人と現在のギリシア人は違う、ギリシア文明は個人の名前を残した)。

3.シリア    乾いた砂漠ではなく土の乾燥地である、世界遺産の3Pのひとつパルミラはシリアのオアシス都市、ヨルダンのペトラは、発掘された都市、首都のダマスカスは5000年の歴史を持つオアシス都市で人口200万人、イスラムのモスクの中に聖ヨハネの遺跡がある、)。

4.レバノン(地中海の一番奥、ベイルートの戦争の爪痕、イスラエルとシリアの侵攻、キリスト教とイスラム教の綱引きの地)。

5.エジプト(金字塔とはピラミッドの事、紀元前2500年前がピラミッドの時代、クレオパトラはアレキサンダーの将軍のプトレマイオスの王朝、つまりギリシア人の末裔、エジプトは細長い国、十字軍と戦ったサラディン、)。

6.イラン(ペルシャ語を使うイランはアラブでは無い、イランはアーリア人を示す語でありペルシャはギリシア人からの呼称、鳥葬のゾロアスター教発祥地、3Pのペルセポリスはアレキサンダーに焼かれた都の跡だが強大なペルシャ帝国の遺産、シーア派とはムハッマドの子孫を崇拝する)。

7.ウズベキスタン(モンゴルの末裔のチムール帝国はサマルカンドが都で蒼の都、モンゴルは北京を作った以外はすべての都市を破壊略奪した)。

8.インド(イスラム教のムガール帝国の遺跡がタージマハルで1600年代に作られた、それ以後英国の支配下に)。

9.北アフリカ(チュニジアにはカルタゴの遺跡でローマを攻めたハンニバルの地、南の砂漠地帯に住むベルベル人は穴居住宅に住む、モロッコ派迷路の都市)。

10.スペイン(700年代にイスラムの後ウマイア朝、トレドは最後までイスラム教の都市、キリスト教国に戻るのは1400年代)。

☆著者略歴:

1947年、名古屋市生まれ。愛知教育大学教育学部卒。国語入試問題必勝法で吉川英治新人賞。カシワギセイジの生活ほかで直木賞候補三回。小説の他、近年は行儀よくしろなどの評論も人気。

81冊目:評価4 ★★★★☆

狼花・新宿鮫9 大沢在昌 

2006年9月、光文社発行。

☆感想:

久しぶりの新宿鮫シリーズでおもしろかった。今回がシリーズ9冊目で全部読んでいる。大沢作品は娯楽性が高くおもしろい。新宿署の鮫島刑事の事件にたいする執念、警察とはいかに有るべきかをキャリア官僚と現場の警官の視点で論じているのがおもしろい。犯罪が外国人に移って来ているのをどのようにして行くかが警察の大きな課題である事が描かれる。15時間の大作であったが一気に楽しんで聞いた。

☆内容:

警察キャリアの道をはずれた鮫島は、窃盗品の処分ルートを追っていて、元警察官のマミヤと中国女性のゴメイランが盗品市場を運営していることを突き止める。さらに関西系の巨大暴力団が関わってくる。警察官僚のコウダは、日本のヤクザに盗品市場を監督させることで外国人犯罪者を取り締まろうとヤクザに接近する。平行して麻薬の横流し事件にナイジェリア人が関わるなど現在の新宿の裏社会の模様を描いている。

☆今日の一句:内閣の 顔ぶれ変わり 秋風が 

☆気分:夏日、安倍内閣の顔ぶれが新しくなる。国際政治学者の舛添要一(マスゾエヨウイチ)が厚生労働大臣になる。お手並み拝見である。

☆味覚:モスバーガーの新製品のカレーソースチキンバーガーは食欲を刺激しておいしかった。

☆天気:晴れ。19度→30度。

☆体調4.8。歩数1318。透析。

☆食事:朝、レタスサラダ、ワッフル。昼、外食:モスバーガー(テリヤキバーガー、カレーチキンバーガー)。夕、ズッキーニとベーコンいため、ニガウリの空揚げ、カボチャとササギの煮付け。おやつ、ヨーグルト、桃、プルーン。

☆今日の一句:サックスの 八十奏に 遠花火 

☆気分:夏日、夜、諏訪湖博物館へサックスの八十奏のコンサートを聞きに行く。演奏もうまかった。まだ暖かい夜を散歩して花火を見て帰る。

☆味覚:博物館のコンサートでコーヒー(無料)を出してくれるがとてもおいしい。

☆天気:晴れ。19度→29度。

☆体調4.8。歩数2077。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、ワッフル。昼、味噌おにぎり。夕、切り干し大根の煮付け、アスパラのお浸し、ゴマ豆腐。おやつ、ヨーグルト、桃。

☆今日の一句:黒あげは 網に捕らわれ 夏終わる 

☆また暑い日が戻ってきた。シルクのシロハタよりシルクパジャマ、半袖シャツ、ランニング、トランクスがついた。インターネットで注文して二日でついた。いつもながらサービスが良い。

☆味覚:固い桃が一箱ついた。かりかりでとても嬉しい。早速冷蔵庫に保管、こうすれば20日は固く保存できる。

☆天気:晴れ。18度→30度。朝は寒い。

☆体調4.8。歩数564。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、鰻どんぶり。昼、サラダうどん。夕、ポトフ。おやつ、ヨーグルト、桃。

☆今日の一句:甥が来て 鰻を食べて 花火見て 

☆気分:真夏日、岡山の妹の息子すなわち甥が二年ブリに来た。東北大学の大学院生でだいぶ大人になった。弟とその息子が来て歓談する。

☆味覚:⑥川魚店の鰻の蒲焼きはこってりしていておいしい。

☆天気:晴れ。19度→30度。

☆体調4.8。歩数577。透析。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:モスバーガー(ナンタコス)。夕、鰻、鰻のきも、鰻の骨、ワカサギの空揚げ。おやつ、ヨーグルト、ワッサー、梨。

☆今日の一句:我が家は 蝉も優しく 鳴きにけり 

☆気分:夏日、昨晩は久しぶりの大雨、朝は寒いくらいで、秋が突然やってきた。諏訪大社の境内では蝉がとても大きく鳴いていた、しかし我が家の周りでは蝉も声が小さくなった。ハリー小林さんでウインドウズの使い方を習ってくる。1時間でとても勉強になった。☆味覚:山猫亭の手打ちそばは、やはりおいしい。

☆特記:杉村設備が水道の水漏れと温泉配管の掃除用水道直結工事に来た。明日も来る。☆天気:昨晩は大雨、朝は曇り、昼から晴れ。18度→25度。

☆体調4.8。歩数2044。風呂掃除。散髪。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:山猫亭(天麩羅ざるそば)。夕、牛丼、温泉卵、冷や奴。おやつ、ワッサー、プルーン。

父の威厳 藤原正彦 

1994年、講談社発行。

☆感想:

昨年の秋の国家の品格より10年ほど前のエッセイ集であり、藤原正彦の少年時代、父母の事、学問についてなどよくわかった。東京育ちなのに諏訪をふるさとと思い藤原家に流れる武士道に生き方の背骨を幼少より持っていた事がよくわかった。主張すべきはきちんとするという生き方を息子に示した検便事件は誠におもしろかった。次ぎには、若き数学者のアメリカをきいてみたい。

☆内容:

エッセイ集。

1.自分が子供に対して威厳が有るか?三人の小学生の男のこの親として、野球では良いところを見せられず、中学入試の算数の問題は難しいが考えさせるためには試験時間を倍にすべき。

2.父の新田二郎の事、負けず嫌いな父と銀座に飲みに行く、母には父は朝鮮に置き去りにしてきたことで頭が上がらない。

3.餃子が大好き、買い物が大好き、

4.学問について、アメリカ、イギリス、ポルトガルの比較、気質の違い、古いものを大切にするイギリス。ティータイムとコーヒーブレイク。

5.恩師小平先生、都立西高校のサッカー部の部長先生。

6.小学生の息子の修学旅行に検便が必要かで校長と対立、息子は修学旅行に行かなかった。父として筋を通すことを教えた。

☆著者略歴:

1943年(昭和18年)生まれ。作家の新田二郎と藤原ていの次男。東大理学部数学科卒。都立大助手、コロラド大助教授、お茶の水大助教授を経て現在お茶の水女子大理学部数学科教授。著書に、若き数学者のアメリカ(エッセイストクラブ賞)、数学者の言葉では、数学者の休憩時間、はるかなるケンブリッジ等。

☆今日の一句:まだ残暑 二十日ブリに 雨少し ☆気分、夏日、久しぶり(20日以上)に雨が降った。甲子園の野球で佐賀北高校が満塁ホームランで優勝した。☆味覚:生のプルーンがでた、我が家のプルーンの身は10個ほど取れただけで有った。☆天気:はれ時々雨。23度→29度。☆体調4.8。歩数891。透析。☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、おにぎり。夕、エリンギと豚肉とレンコンいため。おやつ、ヨーグルト、ワッサー、プルーン、コーヒーゼリー。

☆今日の一句:豚カツを 母はぺろりと 残暑かな 

☆気分:真夏日、お盆にサインをした銀行の書類に不備が有ったと、再度印鑑をとりにきた。銀行は少しの事もよく見ている。

☆味覚:今年はじめて梨を食べる。暑いときにみずみずしい食感はスイカとまた違ってさっぱりおいしい。いよいよ梨の季節だ。

☆天気:晴れ。20度→32度。

☆体調4.8。歩数1273。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:テンホー(かたやきそば、餃子、かつ)。夕、ゴボウと牛肉の煮付け、ニイカとオカヒジキ。おやつ、ヨーグルト、スイカ、ワッサー、梨。

78冊目:評価4★★★★☆

智恵子と生きた・高村光太郎の生涯 茨木のり子 

2007年4月、童話屋発行。

☆感想:

智恵子抄は、名前は聞いたことが有るが読んだことはなかった。この本で高村光雲、光太郎親子の生涯がよくわかり、光太郎の現代史も少し理解できた。智恵子が気がおかしくなっても光太郎は心底彼女を愛し、また自由な信念の生き方の男で会った。現代芸術の黎明期の日本の混迷が解る本であった。

☆内容:

高村光雲は、明治初期に木工職人から新制東京芸大の教授となる。その息子の光太郎は、20台にアメリカ、イギリス、フランスに三年間留学する。帰国後、従来の芸術を批判する論文を展開する。ものしずかで絵を描く智恵子と結婚するが、智恵子は気がおかしくなり50才少しで肺結核で無くなる。詩集の智恵子抄は、没後二年で出版、ベストセラーとなる。太平洋戦争では光太郎は戦意高揚の詩を発表、戦後は反省のため山形県花巻の郊外の山中に「牢屋に入った」ような七年をすごす。昭和31年、74才で東京で結核で亡くなる。光太郎は現代詩の父とも言われる。著者の茨木のり子は2006年79才で亡くなる。この本は1968年「歌の心に生きた人々」に出版され、1994年に再出版、それを光太郎の一人に絞り智恵子抄等を加筆したのが本書であり、著者の没後一年での出版となった。

77冊目:評価3★★★☆☆ 

寄りかからず 茨木のり子 

1999年、筑摩書房発行。

☆感想:

はじめて現代詩集を読んだ。短い言葉でいろいろな感情、主張を簡潔に述べていて親しみが持てた。短い言葉で表現するのは俳句、短歌とにているが定型で無いので自由に書ける。また、このようなら私が書く短文とも共通の短さが有ると感じた。短い文章は、読んですっきりする反面物足りないという両面が有る。

☆内容:

現代詩集である。詩の題名は、「木は旅が好き」「つる」「寄りかからず」「ピカソのぎょろ目」「マザーテレサの瞳」「水の星」他数編。

☆著者略歴:

1926年、大阪に生まれる。詩人。1953年、カワサキヒロシ氏と詩誌カイを創刊、1999年現在33号を数える。

 ☆今日の一句:かき氷 家族集まり にぎやかに 

☆気分:真夏日、日本点字図書館よりウインドウズXP関連のCDとテープが着いた。これからウインドウズのインターネット、メール等のソフトの勉強である。すべて自分で出来るように頑張るぞ。

☆味覚:月下美人の花の漬け物をいただく。図書館のやまびこの会の山田さんが漬けてきた。こんぶの漬け物のようにぬめりが会って珍味で有る。

☆天気:晴れ。22度→32度。

☆体調4.8。歩数1829。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、冷やしウーロン麺のサラダ。夕、カレー、さしみこんにゃく、らっきょう。おやつ、ヨーグルト、桃、ワッサー、かき氷。

76冊目:評価3 

秋の花火 篠田節子 2004年、文芸春秋発行。

☆感想:男女の恋愛など現代の人間の心情を描いているが、最近このジャンルの小説はあまり感心しない。風俗が現代になっても人間は変わらないと思う。

☆内容:中短編集である。

1.観覧車(1997年小説推理)。

2.ソリスト(2004年オール読み物)。

3.灯油のつきるとき(1999年オール読み物)。

4.戦争のかもたち(2002年オール読み物)。

5.秋の花火(2003年オール読み物セカンドを改題)。

☆著者略歴:

1955年、東京都生まれ。東京学芸大学を卒業後、八王子市役所に勤務。90年、絹の変容で小説スバル新人賞。97年、ゴサインタンで山本周五郎賞。女たちのジハードで直木賞。

☆今日の一句:厳しき 残暑豊作の 予感 

☆気分:真夏日、盆が過ぎても毎日真夏日で暑い。今年は豊作になるだろう。

☆味覚:毎日食べていた桃が終わった。冷蔵庫に保管していたので最後までおいしく食べられた。

☆天気:晴れ。20度→32度。

☆体調4.8。歩数1318。透析。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:日赤食堂定食(メンチかつ)。夕、鰯の酢漬け、カボチャとササギのにつけ、漬け物のごまあえ、オカヒジキ。おやつ、ヨーグルト、桃、スイカ、ワッサー。

☆今日の一句:猛暑日に 雨を求めて 鳴く蝉や 8月19日はバイクの日とのこと、それなら俳句の日でもある。毎日一句は頭の体操である。

☆気分:真夏日、パソコンのレッスンを始める。すぐに数時間が過ぎる。

☆味覚:シャトラーゼの団子は、一串に二つの団子でカップに四串入っていて食べやすい。このような工夫が客を呼ぶ。☆天気:晴れ、夕方雨。22度→32度。

☆体調4.8。歩数841。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、バナナホットケーキ。夕、焼き烏賊、焼きホタテ、キンピラゴボウ、しらあえ。おやつ、ヨーグルト、桃、スイカ、団子。

☆今日の一句:かき氷 家族集まり にぎやかに 

☆気分:真夏日、日本点字図書館よりウインドウズXP関連のCDとテープが着いた。これからウインドウズのインターネット、メール等のソフトの勉強である。すべて自分で出来るように頑張るぞ。

☆味覚:月下美人の花の漬け物をいただく。図書館のやまびこの会の山田さんが漬けてきた。こんぶの漬け物のようにぬめりが会って珍味で有る。

☆天気:晴れ。22度→32度。

☆体調4.8。歩数1829。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、冷やしウーロン麺のサラダ。夕、カレー、さしみこんにゃく、らっきょう。おやつ、ヨーグルト、桃、ワッサー、かき氷。

読書2007-08-18(土) 76冊目:評価3 

秋の花火 篠田節子 

2004年、文芸春秋発行。

☆感想:男女の恋愛など現代の人間の心情を描いているが、最近このジャンルの小説はあまり感心しない。風俗が現代になっても人間は変わらないと思う。

☆内容:中短編集である。

1.観覧車(1997年小説推理)。

2.ソリスト(2004年オール読み物)。

3.灯油のつきるとき(1999年オール読み物)。

4.戦争のかもたち(2002年オール読み物)。

5.秋の花火(2003年オール読み物セカンドを改題)。

☆著者略歴:

1955年、東京都生まれ。東京学芸大学を卒業後、八王子市役所に勤務。90年、絹の変容で小説スバル新人賞。97年、ゴサインタンで山本周五郎賞。女たちのジハードで直木賞。

☆今日の一句:わーわーと 泣き出す蝉の 騒がしき ☆気分:真夏日、冷蔵庫の製氷器が氷を作らなくなってしまい、ナショナルサービスが修理に来てくれた。暑いさなかに氷が無いととても耐えられないところであったが助かった。電気製品はトラブル時の迅速なサービスがお客を喜ばすと認識した。☆味覚:隣の畑の武井さんからいただいたエダマメがおいしい。☆天気:晴れ。23度→32度。☆体調4.8。歩数1521。透析。ドライウエイト+200グラム=60.0キロとした。☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:日赤食堂ランチ(チャンポン、スイカ)。夕、えぼ鯛、ゴマ豆腐、エダマメ。おやつ、ヨーグルト、桃、アンニン豆腐、スイカ。

☆今日の一句:送り盆 人より遅く 墓参り 

☆気分:真夏日、熊谷で過去最高気温40.9度を記録。暑いので昼寝。我が家の地下は、崖の一回なので風通しがよくて昼寝に最適。涼しい夕方に送り盆の墓参り、ほとんどの家が午前中に墓参りしたので墓地は閑散としていた。般若心経を上げる。

☆味覚:隣のSRさんよりイチジク、キュウリ、トマト等いただく。イチジクは大きくてこれまで食べたものの中で一番おいしかった。

☆天気:晴れ。23度→33度。

☆体調4.8。歩数1654。風呂掃除。散髪。

☆食事:朝、レタスサラダ、おはぎ。昼、巻きずし。夕、巻きずし、夕顔、キュウリの粕もみ。おやつ、ヨーグルト、スイカ、イチジク、桃。

☆今日の一句:盆花火 佐久間のドロップス 乱れ打ち 

☆気分真夏日、お盆なので弟夫婦とその子供たちが来る。ごちそうを食べ、諏訪湖畔に恒例の花火大会を見に行く。シートを広げて寝そべって見る。水上スターマイン、20号の大花火と大音響を楽しんだ。

☆味覚:花火を見ながら食べたたこ焼き、コーラがお祭り気分でおいしかった。

☆天気:晴れ。23度→33度。

☆体調4.8。歩数5325。透析。

☆食事:朝、レタスサラダ、おはぎ。昼、おにぎり。夕、寿司、鳥の空揚げ、ポテトサラダ、ササギのごまあえ、夕顔のにつけ、モロコシ。おやつ、ヨーグルト、桃、アンニン豆腐、スイカ。

☆今日の一句:涼風に 昼寝を目覚め 蝉時雨 

☆気分:真夏日、連日暑い、高台の我が家は風通しがよいので、暑い昼間は昼寝が気持ちよい。

☆味覚:暑いときはスイカとカレーがおいしい。

☆特記:銀行の借り入れのサインのために会社に行く。何も仕事はしてないがまだ私のサインが役に立つので有る。

☆天気:晴れ。21度→32度。

☆体調4.8。歩数1050。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、ソバメシ。夕、カレーライス、おはぎ。おやつ、ヨーグルト、桃、スイカ。

75冊目:評価5 ★★★★★

はげたか(上下巻) マヤマジン 2006年、講談社文庫。

☆感想:

おもしろかった。黒木亮のバルジブラケット巨大投資銀行と並んで今年一番の経済小説である。年代を追って、銀行の不良債権がはげたかファンドに処理されて行った様子がよくわかる。日本中の会社が放漫経営で不良債権を作り、自らの力ではどうしてよいか解らないのが情けないが、それを救うのがはげたかファンドであり、原因はその会社の経営者に有るのに、はげたかに食い荒らされた被害者意識を日本人が持っていたのがよくわかる。各章の冒頭に新渡戸稲造の武士道が引用されていて、まっとうな経営、真の企業再生とはを考えさせられた登場人物が同時並行的に活躍し、最後は交わる設定は読んでいて楽しめた。最後にドン伝がえしがあったが、さらにもう一幕有ればよかった。しかし大作で楽しめた。

☆内容:

原本は2004年にダイヤモンド社から出版、その文庫化したものである。主な登場人物は、米系投資ファンド会長のワシズ。日光ミカドホテルの松平タカコ、みつば銀行の専務の飯島、食品スーパーのシバノである。時は、1989年、ワシズが投資ファンドにスカウトされ、日本では彼の父親が割腹自殺する。1997年、日本では、大手銀行の不良債権をまとめてはげたかファンドに売り出すバルクセールが始まる。みつば銀行の担当が飯島とシバノである。みつば銀行のたまりにたまっていた不良債権がどっとでてきて、安く買いたたかれる。シバノは自分でも不良債権の再生を行おうと友人の食品スーパーへ転職、社長にまでなって再生する。2001年、はげたかは、日本のソウアイ銀行をも買い取り再生を手がける。さらに有力菓子メーカーをも手中に入れる。同時期日光名門ホテルミカドが経営危機で娘のタカコが経営を引き受け、シバノのアドバイスを受ける。2003年、足利銀行を政府は破綻処理する、栃木県の主力銀行の債権ははげたかに売られる。ミカドホテルも買われそうになるが最後ははげたかと握手する。2004ねん、ワシズの父の自殺の秘密、みつば銀行の個人匿名口座を飯島が握っていたこと、それをワシズが活用しようとするところで話しは、終わる続きが有りそうだ。

☆著者略歴:

1962年、大阪府生まれ。同志社大学法学部政治学科卒。読売新聞記者を経てフリーライターに。2003年、大手生保の破綻危機を描いた連鎖破綻でデビュー。主な作品に、虚像のとりで、マグマが有る。

☆今日の一句:迎え盆 日射し強くも 風涼し 

☆気分:真夏日、今日からお盆。朝、妻と母の三人で墓参り、般若心経を上げる。日射しは強いが、風はもう涼しくなりはじめている。

☆味覚:シャトラーゼでアイスキャンデーと団子を買う。山梨の生産直売の菓子店だが、なかなか良心的価格、製品で有ると感心する。

☆天気:晴れ。21度→30度。

☆体調4.8。歩数1723。透析。定期検査の結果は、心胸比61.8%、カリウム6,2、リン5.3とカリウムだけが高かった。

☆食事:朝、レタスサラダ、どんぶりご飯。昼、外食:日赤食堂定食(シュウマイ、春まき)。夕、ほっけの開き、ワカメ。おやつ、ヨーグルト、桃、ワッサー、団子。

☆今日の一句:エダマメや おや豆こまめ 孫の豆 

☆気分:真夏日、音声ソフトVDMが着いた。ハリーさんにスカイプで指導を仰ぎインストールした。これから使用法の勉強が始まる。

☆味覚:隣の畑の武井さんからエダマメをいただく。無農薬、取り立ては、おいしい。☆天気:晴れ。20度→32度。

☆体調4.8。歩数1426。風呂掃除。

☆食事:朝、レタスサラダ、鯖寿司、鱒寿司。昼、おにぎり。夕、野菜炒め、冷や奴、ワカメ、エダマメ。おやつ、桃。